カレーを語る人々

テーマ:
カレーほど好みが分かれ、それについて熱く語る人が多い料理は他にない、
私はそう信じています。

いやいや、ラーメンがあるじゃないか。
そう言う方もいるでしょうが、それは間違いです。

ラーメンはすでにそのような半可通に論評することを許さない、玄人ワールドを形成してしまい、うっかり口を挟めばてひどいお叱りを食らってしまうような、奥深い題材に出世してしまいました。

私はラーメン好きでして、などと言おうものなら、意味不明の専門用語を織り交ぜた答えに窮する質問が1ダースは飛んできます。
普通の人はそれに怯え、口を閉ざすようになってしまいました。

しかし、カレーはまだまだそのような知ったか野郎が少なく、人の話を聞くときも皆、鷹揚です。
相手の嗜好を尊重するゆとりが保たれています。

私は醤油、私はソースに生卵、いやいや仕上げに味噌ですよ、僕はあんこを少し落とします。などの食い方に関する自由度も、担保されています。 
それが分かっているので皆、楽しげに会話に参入してきます。
まれに料理の先生かぶれが事細かにレシピを語りますが、チャツネとかブーケガルニとかイメージできない小道具が出てくると、一様に感心した様を装いつつも、内心では(このカレーおたくが…)と毒づいているものです。

人々は、(あくまでカレー偏差値40から60の最大ボリューム帯の人々の話ですが)カレーを語るときの軸は二つしかないのです。
ドロドロ か サラサラか
具は何を入れるか
この二つです。

実家のカレーにノスタルジーと家庭の温かさを感じる、少し疲れた大人の大半はドロドロ派です。

都会的なスノッブな生活に憧れを感じている若くて獰猛な人ほどサラサラ派で、具もありきたりじゃないもの
小エビとアボガトとか、ほうれん草とホタテとかを言うはずです。
こういう女がいたら、絶対に要注意。金がかかること受け合いです。

もし今、アナタの近くに気になる異性がいるならばカレーの話をするのは、相手の素顔を知る絶好の機会です。
結婚なんて考えてない、今は遊び相手が欲しいだけというならば、ドロドロ派のポークとじゃが芋派にはくれぐれも気をつけるべきです。
ドロドロなエンディングは約束されたも同然ですから。
どんなに仮面をかぶるひとでも、つい無警戒になるのか、このカレー談義と、好きだった中学のときのジャニーズタレントです。
後者は年齢がばれます。

AD

祭りを創るなら

テーマ:
スペインの風物詩ともなったプニョールのトマト祭りが今年も行われた。
セビージャの春祭り、パンプローナの牛追い祭りとともに、今では世界的な知名度を誇るこの祭りも、昔はさほどメジャーではなかったはず。
今年は四万人が120トンのトマトを投げ、ぶつけあったようだが、実に楽しそう。

この参加型祭ってやつは、実はかなりの可能性をひめていそうだ。
町おこしをする際に、祭りは必須アイテムであるが、新しい祭りはさほど定着しない。
浅草サンバカーニバルとか、札幌のよさこいとか、少し強引な感じはいなめないし、
札幌ならカップルで参加してホワイトチョコをかけあい、チョコまみれになる白い恋人祭りとか、浅草なら町の至る所に造ったステージで、勝手に落語、漫才、奇術、ストリップなどを披露できる浅草芸人祭なんて方が、ずっとそれっぽくないか?

他にもぶどうを投げ付ける山梨葡萄祭、先に塗料をつけたフォークとスプーンを武器に丸一日戦い生き残り勇者を決める燕食器祭
三日三晩金魚の着ぐるみを着て、網から逃げ続ける大和郡山金魚掬い祭
金髪のかつらや、顔を黒く墨で塗り六本木の街で英語を使ってナンパする六本木偽ガイジン祭なんてのも楽しそうだ。
ナンパした偽物を見破ったら女の子は全額飲み代がただ、本物だったら女の子持ちになるとかすれば、若い娘も本物のガイジンも集まってくるにちがいない。

食物を投げる!くらいなら、硬いものでなければ宇都宮の餃子でも、長野の野沢菜おやきでも、横浜の焼売でも即可能だが、善人面した評論家たちが批判するに決まってる。


はちゃめちゃな祭りを大真面目に実行できる街があれば、私は必ず協力します。

提案は、着物姿のお姉さんの帯を引っ張り、くるくると回し放題の
『あれぇ~殿様イケマセヌ そんなゴムタイ、ガハハ良いではないかホレホレ祭』

いかがでしょうか。
AD
ふと思い出して、大合併する前の都市銀行ってどこだったかを書き出したりしてみる。

三菱    早稲田
東京    上智
三和    立命館
東海    南山

興銀    東工
一勧    一橋
富士    東京

三井    慶応
住友    関学
太陽神戸  甲南

協和    明治
埼玉    法政
大和    関西

拓銀    北大
長銀    京都
日債銀   阪大

最後の二つは都銀ではないと思うけど、(興銀も?)たぶんこんなとこだろう。
記憶から消えかけていた銀行もたくさんある。


それらが、合併を繰り返して四つになっちゃったわけだけど
その横に書いた大学名は、銀行とイメージがほぼ被る大学。
主要大学がいくつか抜けているが、まぁそれは勘弁いただいて

これらがグルーピングしていき、やがて合併を繰り返していくに違いないと私は睨んでいる。
そして、それはそう遠くない将来のできごと。


卒業した小中がなくなった人は山のようにいる。
高校名が、気付いたら変わっているのもざらだ。
大学も統廃合が始まるのは当然のこと。
現に、共立薬科は慶応になった。


さて、何が言いたいかというと、知名度のある大学に入るために涙ぐましい努力をしている受験生のみなさん、


不人気で潰れそうだけど、立地がよく、珍しい学部を持っている大学に潜り込むのは、実はなかなか面白い可能性を秘めています。
その大学で楽しく過ごして数年待つと、あら不思議、一流大の卒業生に。ってこともありえるのです。


逆に、財政破綻した一流大が、資金潤沢な外資の三流大に飲み込まれて… なんてこともありえます。


つまり、一寸先は闇ってことね。

予備校や高校で教えてくれない財務諸表の読み方を教える先生がばっこしそうな予感だ。
AD