皆さんこんばんは。

連日20度を超す気温にうんざりした母親が「もうそろそろ炬燵も除けなきゃね」と恐怖宣言をされたので、炬燵撤去のXデーに慄いている小娘です。

今日は寒かったデスヨ??


さて。

『平成お仕事広辞苑』はいよいよ「ま」行に突入します。

今回は【漫画家アシスタント】に焦点を合わせて綴っていきますので、どうぞ最後までお付き合いください。



***



漫画家アシスタント【まんがか あしすたんと】

平均月給:166,389円(関東圏)


漫画の構想から原稿作成までを一人で担当して完成させていくことは、時間的にも体力的にも難しく、そのために漫画家さんはアシスタントを雇います。彼等は漫画家が描いた下絵にペンを入れたり、背景を描いたり、色をつけたりして仕事のサポートをするほか、場合によっては炊事や洗濯などの身の回りの世話も頼まれることもあるそうです。プロの仕事を間近に見られ、出版会社とのつながりを持てることから、漫画家を目指す人の登竜門として人気が高い職業です。





読むものに偏りがあるものの、幼い頃からずっと漫画を読んでいます。

井戸端会議に集中したい母親が、うろちょろと騒がしかった私をおとなしくさせるために与えた某月刊誌。それが私の漫画デビューでした。

それからすぐに少女漫画から少年漫画に移行し、そして青年誌へ。

いまでは新規開拓することもなく、特定の漫画をコンスタントに買い続けています。


漫画に関するエピソードって何か無いかな、と考えていたのですが・・・

私は専ら読むのが専門なので描き手としての体験談や苦労話などあるわけがなく、コミケなどにも参加したことがないのでオタク故の面白話などもなく、思えばとてもつまらない漫画人生を送っていたのだな、と実感いたしました。


ただ、漫画を通してちょっとした辱めを受けたことならあります。


あれは中学生の頃。

お気に入りの漫画を友人たちに布教すべく、学校に持ち込んだことが悲劇の始まりでした。

今でもどこの学校も漫画等の書物の持込は禁止なのでしょうか。

当時の我が母校は漫画や雑誌の持込禁止を掲げ、見つけ次第没収していました。


友人たちと漫画話に夢中なっており、全く気付かなかった背後の影。

そうです。

私は現行犯であっけなく御用となってしまったのです。

友人たちの「あーあ」というヤッチャッタネ的な視線、痛かったですね。

だって、没収された漫画のタイトルは



「思春期未満お断り」



だったのですから。



そりゃ「あーあ」です。

ひたすら恥ずかしいですよ、ホント。

内容も当時としてはエロ要素が多かったので、これまた「あーあ」です。

私も、目撃した友人も、職員室でパラパラと漫画を捲って見たであろう先生も、皆一様に同じ「あーあ」を共有したのです。


その頃の私はその漫画を非常に愛していましたので、後日職員室に赴き、その漫画が私にとって如何に重要な存在であるかということを滔々と説いてしまいました。

ハー。若いってホント怖い。

盲目にも程があります。


ちなみに「思春期未満お断り」は、今ドラマで放送している「絶対彼氏」の原作者でもあります。

内容は読んだことがないので分からないですけれども、きっと甘甘でエロくさいのでしょうねェ。ふふふ。




漫画家アシスタント



『平成お仕事広辞苑』第31回【漫画家アシスタント】


― 終 ―



Writing by 小娘




AD

どうもこんにちは、小娘です。

突然ですが、『平成お仕事広辞苑』第30回【保育士】の記事は諸事情により、削除させていただくこととなりました。

【保育士】に対してコメントを寄せてくださった方々をはじめ、もしかしたら居らっしゃるかもしれない定期読者様には、予告もなく一方的に削除してしまいましたことをお詫び申し上げます。


さて、『平成お仕事広辞苑』はこれから「ま」行へと突入していきます。

共同執筆者の枝豆さんは毎週木曜UP、ワタクシ小娘は毎週日曜UPという目標を掲げておりますので、文章の滑稽さに一笑しつつも温かく見守ってくだされば、と思います。


小娘 拝





保育士【ほいくし】


平均月給:301,723円(市立保育所)

     213,950円(市立保育所)  <2002年厚生労働省調べ>

乳幼児の食事や睡眠、遊び、トイレなど、御両親に代わって保育に従事するのが保育士の仕事です。

要国家資格の職業なので、保育士養成学校、もしくは短大・大学で必要な単位を取得する必要があります。資格取得後は各都道府県で保育士登録を済ませて、それから就職先を探すという流れが一般的なようです。



保育士













AD

解説!保育士

保育園の待機児童問題は大都市各地で長きに渡る問題となっています。
予算面での措置が難しいという理由のほかに、良質な保育士の確保が難しいこともあげられます。

小娘さんの記事にもあるとおり、国家資格であるが故に、高卒時点でその職を志す若人が人材の供給源ですので、子供が好き!という子供が増えないかぎり、保育園の先生数は増えない仕組みになっています。

例え五人のわが子を育て上げた女性であっても、専門を出たばかり娘のアシスタントにしかなれないとしたら、人手不足が解消することはこれからもありえません。

そして、同じく子供好き女子高生が進む、幼稚園教諭とのバッティングも痛いところです。

厚労省管轄の保育園と、文科省管轄の幼稚園の争いに決着がつくのは、まだまだ先のようです。

さて、その両者にとって共通の敵は言わずとしれたモンスターペアレンツ。
自分のことを棚にあげ、好き勝手の我儘放題、さらにはクレーム三昧という凄い輩です。
保育料は滞納するくせにセレブ気取り、酔った顔で保育時間を過ぎて迎えにくることもしばしばです。
さぞかしその子供も問題児かと思いきや、子供は馬鹿親と過ごす時間が少ないために、まっすぐなよい子だったりします。

先生たちは馬鹿親のことを子供たちから聞かされるので、なんでも知っています。
キャリア母ヅラして、園友のパート母を見下すような視線を送り、周囲にひんしゅくを買っている枝豆子、豆子は外資系のお局秘書。自己主張こそグローバルと勘違いしたオッペケペー、旦那は企業法務弁護士で、まぁ所謂裕福な夫妻ではあります。

いつも高そうな服に身を包み、折れば子供の箸にでもなりそうなヒールで園庭に穴を空けていくKY女です

ある日のお帰り時間、園門前に母父が迎えに集い順番に子供たちが出てきます。
『お母さん、美香ちゃん今日、縄跳びができるようになったんですよ』などと、その日の出来事を報告したりします。

その時でした、やおら美香ちゃんは『ママー、今日美香ね、豆男くんに棒でぶたれた!』と爆弾発言
周囲は一瞬凍り付きます。
他の母たちは豆男の母、豆子の動きを見守ります。ザマァミロの視線を込めて。

先生が必死にフォローを入れます。
『美香ちゃんごめんなさいね、先生が目を離した時にそんなことがあったの?』
豆子は美香に謝ることをするでもなく豆男を叱り飛ばします。
『なんで叩いたりしたの!』

豆男はキョトンとしながら、美香ちゃんとは仲良しだもん!と反論します。

そして
「ママだって、仲良しのおじさんが遊びにくると、『ぶって!もっとぶって!』って言ってるじゃない!」「僕、ママがそう言ってるのお部屋から聞いてたもん」



水を打ったように静まり返った保育園、笑いを堪え切れず木の陰に隠れる母たち、豆子の全身を改めて眺める父たち。

言葉をなくした豆子は、豆男の手を乱暴に掴むと、逃げるように去っていきます。

やがて忍び笑いがあたりを包み、仲の良い母同士はこの最高のネタを共に反芻しようと、スタバに消えていきました。


さて、その頃園内では
主任以下、保育士全員が祝杯をあげていました。
ブッテブッテ豆子という尊称をもらった豆子は、翌日からお迎えに現れなくなり、元保育士というシッターさんがおくるようになりましたとさ。
メデタシメデタシ
AD

私、正直今、とてーも忙しいのです。

そうでなくても結構忙しいのに、降って沸いた仕事が雨あられのように

というよりも雪だるまのように降ってきまして


てんてこ舞ってます。

いわゆる北京マターと言うのでしょうか、

まぁ、こんなに大変な目にあうとは、正直思っていませんでした。

と言うわけで、この夏まで地獄の日々になりそうです。


でも、こんなの昔に比べれば・・・・

と、思わないでもない。


あの頃はひどかった。

人間の生活ではなかった。


ある日もそうでした。

「をい、いくぞ」と、いわれれば

「どこへ?」などと聞くことも許されないままお供しました。


着いた先は埼玉県の入間基地。

ゲートをくぐるとそのまま ずずずずず と奥へ行きます。

車を停めて「ここで何があるんですか?」と聞くと


「黙ってついて来い」


黙ってついていきましたよ。

気付いたら、輸送機の中にいました。


1時間後には福岡空港にいました。


(俺、今夜約束あったような・・・)と思いながらも黙っていました。


「来い」と言われて輸送機を下りると目の前には




へり



まぢ?今度はこれかよ!

いったいどこまで行くんだよ~~~~

と心の中で叫びました。

心の中でね。



私、高所恐怖症です。

ヘリなんて大嫌いです。

てか、おしっこちびるくらい苦手です。

それがですよ、ヘリに それも大型。


失禁しそうになりながらも乗りました。

だって仕方ないじゃないですか

財布に2千円しかないのに、福岡くんだりまで連れてこられて

ここで捨てられたら、路上生活者になるしかありません。


乗りました。


でも、軍用ヘリってやつには座席がありません。

縄で編んだハンモックみたいなものが壁沿いにつるされていて

それに入って身体をベルトで縛るんです。


怖いし、揺れるし、凄い爆音だし、それでもって暑い。


暑いですね とつい、言ってしまったのが運のつき


「そうですか」といいながら、制服組がボタンをポチっと。


ウイイイイイイィィイイイイン と音がしたと思ったら

空の上でヘリの後部が開き始めました。



うぎゃぁぁぁああああ!!!!

と私が叫んだのは無理もありません。

映画「エアフォースワン」状態ですもの。


(死ぬ 死ぬ しぬぅぅ・・・)と思いました。

次の瞬間、意識が遠のき、私は気を失ってしまいました。



ヘリコプターパイロット 

そんな職業に喜んでつく人の気が知れません。


タケコプターをつけて空を飛ぶ自分を夢想しただけで、

恐怖のあまり脱糞してしまいそうな私には

到底無理な仕事です。




気付いたら、財布の中に紙幣はなく。

どうしよう、給料日まで後12日もあるというのに。

もう金欠過ぎて残金を日数で割るという「一日の割当」を算出する気力もない、そんな小娘です。

・・・こんばんは。(ローテンション


さて、今回のお題は「へ」。

「へ」から始まる職業は色々とあったのですが、お題として書けそうだったのが【ヘリコプターパイロット】でした。

初めて飛行機に乗ったのが去年という遅咲きデビューの私が、勿論ヘリコプターに乗ったことなどあるはずもなく、既にもういっぱいいっぱいの感があるのですが必死に綴っていきますので今週も宜しくお願いいたします。






事務員として共に仕事をしていた、ある派遣社員の方のお話です。

その方は話題が豊富で、特に男性関係については沢山の逸話をお持ちでした。

有り体に言えば、そう・・・艶女(アデージョ)だった彼女。

(もう誰も使っていないNIKITA用語・・・)



30代で未婚。言い寄ってくる男も数多いると言う彼女には、自分と似たような境遇の友人も沢山いたようです。



Mさんの彼氏さんたちって、財力ありますよね。




私のこの一言から、彼女のレジェンドを引き出すことになりました。





Mさま 「私はね、そんなにたいしたことないのよ」


私   「お友達もかなりイイ思いをされたんです?」




私のズバリな質問にもニッコリ笑顔で答えてくれる彼女は、世の中の酸いも甘いも噛み分けているようです。



Mさま 「私の友達が、彼氏候補の一人とケーキを買いに行った

らしいのね」


私   「・・・・・・彼氏候補のひとり」


(引っかかるが話の腰は折らない)」


Mさま 「美味しそうなケーキが沢山あって決めかねていたら、

彼氏が『じゃあ全部買えばいいじゃない』って

ショーケースのケーキを一品ずつ全種類

買ってくれたらしくって」


私   「えー。食べきれませんよ・・・・」


Mさま 「で、その話を私も彼氏にしたの。

そしたら『君もすればいいじゃない』って

ニッコリ言われて、一緒に行ったレストランで

全品オーダーしてくれたのよ」



私   「それこそ食べきれない・・・・!」


Mさま 「もちろん無理よね。色んなものを少しずつ

食べたわ」


私   「ギャー! バングラディッシュの皆さん

ゴメンナサイ!!


Mさま 「で、私も友人に『レストランで全品オーダー

されたのよ』と勝利宣言したら、彼女は数日後

『私ね、あの棚からこの棚までのお洋服、

全部ください、ってやってもらっちゃった』と

サラリと言われたのよね~。

そこまでされたらねェ、もう私の完敗」


私   「・・・・・・・」




それ、なんか・・・・・ドラマとかで見たことあります。

それもかなりベタな。


思わず歯に衣着せずにそう言うと、Mさんは笑ってこうも仰いました。



Mさま 「ベタと言えば、こんなこともあったわよ。

     昔、クリスマスだか記念日だかにヘリに

乗って夜景をプレゼントされたの。

ドラマとかじゃ凄くロマンチックに演出

されてるじゃない? 

でも実際はバリバリとプロペラの音が煩くって、

会話がままならないのよ。

     『きれいねー』って言っても

『えー? なにー?』みたいな」


私   「カップルを乗せたパイロットの心情も気になる

ところです」


Mさま 「ふふふ。どういうわけか、要らないサービスも

されたわ」


私   「? 秘密の絶景ポイントにご案内とか? 

プロペラを止めて愛の囁きタイムを提供とか?

(落ちるわ)」


Mさま 「揺らすのよ、ワザと」


私   「はァ・・・」


Mさん 「揺れるとキャーって密着するじゃない? 

ソレ、狙い」


私   「うわァ・・・本当要らないサービスですね」


Mさん 「夜景も見れなかったしね」


私   「そのパイロットは恋に恋してますね」




Mさんはどこぞの社長さんだったり会長さんだったりが彼氏さんらしいのですが、その全てを聞き出す前に派遣の契約期限が切れて会社を去って行かれました。

うーん。まだまだネタを仕入れたかったのに惜しいッ!


殆どパイロットのネタに沿ってない『平成お仕事広辞苑』でしたが、御愛嬌ということで許してたもう。



***




ヘリコプターパイロット【へりこぷたーぱいろっと】


ヘリコプターパイロットが携わる仕事とは、空中撮影や観光フライト、農薬散布など、飛行という特性を生かしたものです。勿論、事業用操縦士の国家資格を受けねばなりません。民間航空会社だけでなく、警察庁や海上保安庁、消防庁などの官公庁もパイロットを必要としているそうです。



ヘリコプターパイロット



『平成お仕事広辞苑』第29回【ヘリコプターパイロット】


― 終 ―


Writing by 小娘