郵便局が民営化されて、窓口での横柄な態度が減った。これはたぶん事実。

国鉄がJRになったときの変化を思い出せば、そんなに不思議なことではない。

不採算サービスを切り落とす傾向は顕著だから、一時的にサービスの低下が起こるのは織り込み済み。
とりわけ大口利用者である企業や機関に対してのサービス低下は確実に起きている。
しかし民間企業として当然のことであり、よほどのアホでない限り、需要の高いサービスは必ず復活する。
これだけさまざまな伝達手段ができているのに、なおも郵便を使ってほしいとなれば、郵便局も新サービスを開発し宅配便やメール、FAXと戦う手段を用意せねばならないのは当然のこと。

しかし、実際に親書のやりとりの大半は書簡からメールに移っている。
行き過ぎたデジタル化は必ずアナログに回帰するとはいえ、普通の手紙がお洒落になるとは考えにくい。

さすれば極端なアナログに走るしかないかもしれない。
伝書鳩貸し出しによる24時間お手紙集荷サービス。
ちょっと大きな小荷物は犬ぞりを引いた太郎次郎サービス。

大切な女性へのメッセージを直接確実にお伝えする郵便執事「お嬢様、お待ちしておりました、あら、アルバートじゃない、どうしたの?枝豆様よりご伝言でございます」サービス。

にくったらしい上司の家に幼子を抱いた女性局員が現れ奥さんをじーっと睨み付け、ハラハラと涙を流す「お願い!この子を認知してください 」サービス。
など、膨大な数のスタッフを抱えるからこそできる高単価アナログサービスで生き残っていくしかない。

優秀な演技派職員は子会社の芸能事務所に配置換えとなり、劇団を作って活動。そのための郵便貯金会館は全国に配置済み。

書き物が得意な職員は小学館に出向だ。もちろん週刊ポスト編集部。

英語ができて金融の知識がある職員は、定時過ぎたら外資系金融のアルバイトで小銭を稼ぐ。JPモルガンなんかは社名に違和感がない。
職員総動員で小銭を集め生き残る。お高くとまったメガバンクにはできないような活躍を期待したい。
AD

こんばんは。小娘です。

早速ですが、ちょっと頑張りすぎじゃないですか?

シベリア気団。


毎年思うのですが、寒さを貯金できる家電製品が出来れば

いいと思います。





父:今朝はやけに冷えるなァ。通勤が辛いよ。


子:そんな時は「冷風バンク(今適当に命名)」で冷たい風を

カンタン貯金だよ! これで通勤もラックラクだねッ。


(ナレーション:貯金した冷風を夏場に開放できる

リバース機能付き)


母:ロハスな我が家にピッタリね!






・・・私はこんな家電製品を心の底から所望いたします。

そんなことよりも「冷風バンク」という安置で捻りもないネーミングに

ちょっと自分が嫌いになってしまいました。



さて。

今回は「に」から始まる職業ということで【日本郵便の郵便局員】を

テーマに綴らせていただきます。

ちょっと無理矢理じゃないかそのお題、という心無い批判は一切耳に

届かない、都合よく出来た私の万能イヤー。



日本郵政公社から日本郵便株式会社に移行してもうすぐ5カ月

経つらしいですね。

郵便局が民営化されたと言っても、私のようなライトユーザーには

関わりのないことじゃないかと思っていたのですが、

職場に於いては関わらざるを得なくなってしまいました。


とは言え、私はシガナイいち事務員。

面倒くさい事態に陥ったと言えども、たかが知れているわけです。


例えば、集荷の手続きがスムーズでなくなった、とか。


今までは集荷してもらい、数時間後に電話にて集荷料金を告げられ、

それから代金を回収しに来て頂いていたのですが、

民営化後現金の回収を拒否されるようになりました。


えッ、面倒くさい事態ってたったそれだけ? と思うなかれ。


郵便局に足を運んで代金を支払う。

この間に一体いくつの仕事を反古にしたことでしょうか。


今まで当たり前に出来たことが出来なくなる。

これは相当なストレスです。


と、言うわけで本社に掛け合い、

配達はヤマトのメール便に頼ることにしました。

許されよ、郵便事業株式会社。



以降、毎度集荷に来ていた郵便局のオジサンとフロアで擦れ違う時は

気まずいです。

最近集荷依頼ないね、と言われる度に

えぇまぁと淀みまくりの返事をし、

オジサンの特徴的な頭部を見かければ

買い出しのルート変更をしたりしてみたり。


人間関係に暗雲を立ち込めさせる民営化。




民営化になればサービスが向上するのでは、

なんて科白をよく耳にしましたが、

皆さんの最寄りの郵便局員の応対は何か変わりました?

私は先に書きました通り、プライベートでは全くと言っていいほど

利用しませんので、変化を感じることはできません。


ただ言えるのは、集荷のオジサンは感じが悪かった、と。(半笑い

民営化以前の出来事なのですが、代金支払いの際、

小銭を用意しなければ鼻で笑われていました。


「ァん? 壱万円から? あそう、はン」


こんな具合に。


即刻解雇されればいい。

そう願いながら毎度受話器を置いたものです。


郵便局からサービス向上のため無作為に送られてくるアンケートに

「集荷の方の感じが以前より良くなりました」と厭味を書いてから、

オジサンの雰囲気が柔らかくなったものです。

三流企業の小娘事務員だからと舐めてかかっていたのでしょうねェ。


うん。反撃する私も陰湿で粘着っぽいですね。





日本郵便の郵便局員【にほんゆうびんのゆうびんきょくいん】


平均月給:100,000円~150,000円(契約社員)

窓口業務の給与例なのですが、意外に低くてびっくりしました。しかし勤務時間は変動しないし、休日も暦通りで働きやすいのは確かだと思います。

業務内容は切手や印紙などの販売から、郵便物の引き受けなど。PC入力や電話応対なども行うそうです。

ちなみに「ゆうメイト」と呼ばれるアルバイト・パートタイマーなら時給は900円程(関東圏)。



日本郵便



『平成お仕事広辞苑』第22回【日本郵便の郵便局員】


― 終 ―


Writing by 小娘



AD

誰もいない洗面所で、ふと鏡を見ると
鼻毛が一本
ちょろん。
そう、ちょんちょろりん♪と出ていました。

いつもなら、くいくいと押し込んで何事もなかったかのようにしてしまう私ですが
今日は身だしなみに目覚めたのか、抜く決意をしたのです。

右手親指と人差し指で細い毛先を軽やかにつまみ
目を閉じて、
肘から先を弧を描くように美しくかつ大胆に振り下ろし
一気に引き抜く作戦でした。
こういうのは躊躇が最大の敵です。
気合いでいくしかないのです。

「いくぞ!」 と、自分に声をかけます。
「おお!思いっきり頼むぞ」
と返事したのは、たぶん上半身本部頭部鼻孔課の粘膜係長

常々、鼻穴に対する不当な差別と蔑視に不快感を表明していた課員たちは
その元凶とも云うべき鼻毛には冷淡でした。

出る杭は打つ、出る鼻毛は抜くというスタンスで課内リストラに積極的
しかし、痛いのはゴメンだということだったと思われます。
つまり、痛みを伴わない改革を要求していたわけで、このあたりは誠に日本的

えい!

渾身の力で引き抜かれた鼻毛。
二本の指によって強制退職させられた彼は
力なくうなだれていました。

しかし、よくよく見ると、彼の体は全身真っ白だったのです…

********************************

と、ここまでは2004年、いまから4年前の体験記です。

その後、

2006年のある晩、小用中に下半身の白髪を発見し、硬直してしまいました。

動けませんでした、ショックで・・・。

「老い」というものを心底感じた、忘れがたい一夜でありました。


そして、昨夜・・・


腕時計の文字盤を見ようとして、ふと目をやると

小さすぎて型番が読めない。

なんど目を凝らしても見えない。

(こういうとき、親父はどうしてたっけ? ああ、そうだ 確かメガネを外して見てたっけか)

おもむろにやってみた。

絶対にそれでも見えないことを確信しつつ、

誰に見せるわけでもない加齢なる一人パフォーマンスを演じてみたわけです。


ところが!



見える。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

見 え る・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!


新たなる「老い」に気付かされ、呆然、唖然、愕然。

言葉も出ないのに、涙がとめどなく ハラハラと流れ落ちました。



枝豆は鼻毛、耳毛&下半身に白髪を有し

ついに老眼になってしましました。


合掌



AD

解説!仲居

昔は50人の団体のお客様を10人の仲居が担当した。
んで、ビール代の10%が仲居さんにバック。
2次会の場所をお客様に紹介すれば お店から 料金の10%がバック。
女性を買いに行かれるお客様をご案内すれば20%バック。
だから1人の仲居さんは宴会の片付けはしないで お客様に付いて回って
お店の手配から車の手配。2次会、3次会を盛り上げながら お客様が旅館へお帰りになるまで
お世話をするシステムだったらしい・・・ (ブログ「旅館仲居の裏話」より)


というのはバブル期のお話。

当時は日給3万円、月収が100万を越えるのもざらだった。

今は?さぁて、月収20万~30万がいいとこなんじゃないでしょうか。


職住接近は必須で、出勤は午後2時 退勤は午後9時ごろ そして翌朝6時に出勤して朝の9時まで。

というのが標準勤務スタイルらしい。

決して割りのいい職業とは思えないが、旅館は減ったとは言え、温泉ブームは依然として継続中、

一定量の従業員は必要だ。


私が代議士秘書をしていたのはバブルが崩壊してからなので、そのような破天荒な宴会というのは知らないが

支援団体は定期的に総会やら忘年会新年会を温泉地でやっていた。

最繁忙期は一日に5件ほどの旅館を回り、本人に成り代り御礼やらお願いやらをするのが大事な業務。

週に2日か3日は箱根・湯河原・熱海・伊豆と旅館を日帰りで渡り歩いたものである。


団体が使う宿というのは宴会場が必須のため、どうしても同じ宿になることが多い。

今日も明日もあさっても、同じ旅館を訪れることになりがちだ。

当然、下足番の親父も仲居のお姉さんもすっかり顔なじみ。

特に宴会場にいる仲居さんとはこの時期、女房より長い時間を一緒に過ごすことになる。

しかも宴会料理は2日で1サイクルがほとんどなので同じものを食う羽目になる。

到着が開会に間に合うことはまれで、大抵は一人用鍋の固形燃料が尽きたころに会場入り。

会長の話を聞き損ねると、次の挨拶が困ったことになるので、ふすまの外で仲居から聞きだします。

五分ほどの御挨拶をしたら一口食べてお酌の旅に。

返杯は当然だが、飲んだら次の場所に車でいけないから、馴染みの仲居に目配せして、泡立つ麦茶を用意してもらいそれを飲むのです。

ホテルでは、これがコンパニオンに代わりますが、彼女たちが居なければ、私はとうに塀の中か石の下にいたことでしょう。


不細工でも気立てがよく、よく気付き、顔を立てながら守ってくれる仲居さんにはシーズンの終わりにたっぷりとチップをはずみました。口説けば落ちただろうけれど、幸か不幸かそれはなかった。


今でも忘れない箱根の旅館にいた仲居の女の子。

21で若いのだが、親父がこさえた借金を返済するために仲居兼お色気コンパニオンをしていた。

「親の借金を返す義務はあなたにはないはずだよ」

と聞いた瞬間に泣き崩れ、「今まで誰も教えてくれなかった!!」と絶叫しながらカラオケで悲しみ本線日本海を唄っていた。

人に言えない過去を持つ人、女手一つで子を抱えた女性、人生ドラマの坩堝とも言える仲居という職業。

いずれゆっくりと取材してみたいと考えている。






皆さんこんにちは。小娘です。

いつまでも寒いですねェ。今日もちらついています。

まったく・・・雪も雪ですよ。

どうせ降るならどんどん降って、交通網を麻痺させれば宜しい。

そして弊社の経営責任者は良識的な采配で「本日特別休暇をとらせる」

と仰れば宜しい。

・・・二十五にもなる女が、こんなことを言ってちゃ駄目ですか。

そうですか。



あのぅ、ちょっと雑談挟んでよろしいでしょうか?

先日私が勤める支社に、本社から社長がお見えになったのです。

何でも東京や名古屋の支店を巡られて、

そのついでにこちらに寄られたのだとか。



あはははは、社長ってば、もゥ、本当に、



迷  惑  で  す  か  ら  。



本当に「何となく」が寄られた動機だったようで、

事務所には私と同僚のギャル子しか居ませんでした。



私、大慌てで支店長に連絡とりましたよ。

電話口から聞こえる支店長のお声は大変弱弱しく「マジでか」と

言いたげで、危うく私も「マジですよ」と言いかけましたよ・・・。


社員を動揺させてまで足をお運びになった社長は、

何をするわけでもなく、

ただただ窓から下界を御覧になったり、

私の机の上を漁ったり(びっくりしました)、

ゆったりと過ごされてらっしゃいました。


と、それまで呑気にうろうろしていた社長が傍に来られて、

「これをどうぞ」と下賜されたお菓子。

(洒落ではないのです。念のため)


結局社長は慌てて舞い戻って来た支店長と30分程お話しされると、

さっさと本社へ戻ってしまわれました。


渡されたモロゾフのチョコ。

大変嬉しかったのですが・・・・


社長・・・


あーた・・・



私たちの為におつかいに行ってたみたいじゃないですか。



閑話休題。

雪の話から社長とチョコの話になるなんて。

・・・お天道様もびっくり。



さて、今回は「な」を頭に、

【仲居】で進めさせていただきたいと思います。



仲居【なかい】


平均月給:20万前後~

旅館やホテルにて、食事の配膳、寝床の準備、施設の案内や質問への応対などの接客サービスを全般にこなします。重い食器を持って階段を上り下りしたり、布団の上げ下ろしをしたりせねばならず、かなり体力が必要なようです。お客様と会話する場面も多く、臨機応変さと会話力が必要とされるため、サービス精神が旺盛な人に向いた職業と言えるでしょう。




全ての客が、旅慣れしているわけではありません。

また「常識」も人によって違うため、思わぬところで度肝を抜かされて

客を「教育」(もしくは説得)しなければならない仲居さんもいるのでは、と私は思うのです。


というのも、ついこの間、私自身が旅館・ホテル関係でギャル子に

度肝を抜かされたからです。



ギャル子、非常に熱心にパソコンを凝視。

キーを叩く音がせず、マウスのクリック音のみが響き渡ることから、

仕事以外の何かに熱を注いでいることが容易に知れる。


ギャル子 「・・・小娘さん、あたし今度ここに泊まるんですけど、

カナリいいですよ」


私    「へェー。どこ?」


ギャル子 「オ○エンタルホテルです。新しいから部屋も綺麗だし」


私    「(ギャル子の画面を覗いて)・・・・・確かにイイね」


ギャル子 「あッ! この部屋“Nonsmoking”です! 良かったァ」


私    「アンタ吸うじゃん。禁煙したの?」


ギャル子 「禁煙? してないですよ?」


私    「 ? Nonsmoking・・・でしょ?」


ギャル子 「ハイ・・・・そうですけど。

      小娘さん、これアレですよ。ノンスモーキングですよ?」


私    「さっきからそう言ってるんだってば」


ギャル子 「小娘さん“ノースモーキング”と勘違いしてるんじゃ

ないです?」


私    「えッ・・・・?」


ギャル子 「“ノー”じゃなくって“ノン”ですよ」


私    「えぇッ・・・?」


ギャル子 「“ノー”じゃないので大丈夫ですよ、コレ」



私、何も言えませんでした。

ノーだと否定で、ノンだと肯定、と彼女は解釈している模様。


何、その自分理論。

しかも疑いを知らないので、余計タチが悪い。


彼女のような客をあしらうことも仕事のうちかと思うと、

仲居さんの気苦労が窺い知れます。


取り敢えず、君は大変な間違いを犯している、と説いたのですが、

彼女は全くもって納得してくれませんでした。


私の説得力も皆無というとこで、

その日私たちは互いにへこんでいました。



仲居


『平成お仕事広辞苑』第21回【仲居】


― 終 ―


Writing by 小娘