正解はどちら?

テーマ:
長崎県の人は、福島県の人よりも、一年間に消費するカステラ代が10倍だそうだ。

その理由はなぜか?

という問題が、日本有数の進学校である栄光学園中学の入試で出された。

これぞ新しいタイプの入試問題の典型ではあるが、あくまでも絶対的正解というのがないのであるから、知識を活用した思考力と論述力さへ満たしていれば正答として良いのである。


某大手進学塾による模範解答は次の二点が主題になっていた。

一、名物であるから県外の人に贈答品として購入することが多いからである。

二、名物になるくらいだから、生活に溶け込んでおり、日常食として頻繁に購入している。


前者はそれなりに納得できるが、後者は???な解答に思える。


枝豆の故郷の名物は、鳩の形をした西洋煎餅だが、遠方の人にファンが多く、時折買って送ることもある。
しかし、自分で自宅用に購入することは皆無だから。

と、考えると一番のみが正解なのだろうか…?



小学生の息子にこの問題を出してみた。
いわく


長崎の人は仕事が少ないのでカステラ工場で働いている。
しかし、スイーツの多様化でカステラは売れなくなってきた。
仕方なく従業員は、給与の一部を現物支給されることが多いのでこのような結果になるのだと思う。



一見、朗々とした正解に見えるが数学的に検証すると長崎のカステラ工場は日本有数の劣悪職場と認定されずにいられない現物支給率となってしまい、理由の一部にはなりえるが主因ではないのが明白。


やっぱりオマエは馬鹿だよなぁ と嘲笑しながらも、反面、受験では点にならないゆがんだ発想のほうが社会的には、可能性を秘めている気がしてならないのである。

中途採用の面接をし、二人のうちのどちらかを明日までに選ばなければならない。
賢いけどつまらない奴と、馬鹿だけどおもしろい奴

馬鹿だけどおもしろい奴を採用したくてうずうずしてしまうのは、実に困った癖である。
AD

安倍内閣の役割は…

テーマ:
閣僚名簿が発表された。
永田町に通じた人なら一目で、(この内閣は泥船だ)とわかる布陣。


センスないな、とは思っていたが、ここまで人を見る目のない御仁とは… 国民として恥ずかしいかぎりだ。


期数やら派閥などはどうでもいいが、閣僚として相応しくないスキャンダルを抱えた人たちを大量に入閣させた罪は、やがて自分で背負うことになろう。


仕事師といわれる人物も二人ほどいるが、どうみても専門外の大臣に。
補佐官の人事のほうがよほどよくできている。


これで内閣の力は党に及ばず、長老のばっこする旧自民党に逆戻りは確実。参議院では大敗、総辞職へと進み、ポスト安倍探しが始まるのも時間の問題か。


小泉前総理の功績は、党を瀕死から救い、再生し、日本を蘇らせたことと言われることが多いが、枝豆的には違う。


公約したことを実行する政治家がいる、ということを世に示したことこそ、彼の功績なのであります。


『自民党をぶっ壊す!』この公約は生きており、今回の安倍政権という時限爆弾によって、巧妙に実現されつつあるのです。


なかなかやるな。小泉。
AD