昨夜、缶入り汁粉の将来を案じながらあのような画期的な特効薬をひねり出したわけだが、帰り掛けに自販機をチェックしてみると、汁粉の就職先はポッカだけではないことを発見した。

なんと、自販機以外では一流のカルピスからも出ていたのである。
これは大いに脈があると、枝豆は深夜の繁華街で一人小踊りした。

ポッカさんには悪いが、やはりバッタもんイメージの強い会社より、健康、愛情、清新、爽快なイメージのカルピスならば、土気色した汁粉でも清潔感溢れる好青年にイメチェン可能というもの。

名前をカルピス小豆ココアンに改名し、まずは名古屋地区から試験販売だ。
広告には松嶋を使う。勿論トモコではなく、ナナコである。ミネラル麦茶にするわけにはいかない。


朝、パジャマ姿のナナコ、朝食の用意にキッチンに立つ

カルピス小豆ココアンを開け、お気に入りのマグに移しレンジでチン

小さめのクロワッサンを出すと、マグの中のココアンに浸して食べる。

やっぱ、これ、でらうみゃーてかんわ   と名古屋弁で喜ぶナナコ

DSで遊びながら 結果のページ 脳年令28才にガッツポーズ

『小豆(こまめ)ココアンは脳の働きを高めるアスーカル配合』  注)アスーカル=砂糖
のナレーション。
音楽は松崎しげるの愛のメモリーで決まりだ。



餡トーストを食べる名古屋人にこれがウケナイわけがない!と思うのだが…
AD

昨夜、缶入り汁粉が家に訪ねてきた。

一身上の相談があるというので家に上げたのだが、心なしか顔色が悪くみえた。

赤茶色というか、褐色というか、とにかく松崎しげる色な顔をしていたのだ。


どうしたの?元気ないじゃない と尋ねると

彼はうつむき加減で、ポツン ポツンと口を開きはじめた。


僕、最近人気がなくて・・・・ そろそろリストラされるんじゃないかと思って・・・

それを考えると夜も眠れないんです・・・


あきらかに鬱が入っていた。


そんなことないよ!俺、お前のこと好きだよ と励ましたのだが


じゃあ、この冬、何回、僕のこと飲んでくれました?と詰め寄る。


ん・・・ 2回かな・・・


はちみつレモンとか買ってないですか?缶コーヒー飲んでないですか?

と畳み掛けてくる缶入り汁粉。

(確かにその通りだ。缶コーヒーは20回じゃきかない)


僕は、僕は・・・ と声を詰まらせ泣きじゃくる缶入り汁粉

そんな彼を見ていたら、無性に愛おしくみえてきて、

大丈夫だって! 俺が何とかしてやるよ と空手形を切ってしまった。



どうすればいいのだろう・・・



汁粉はかつて甘みの王様であった。

老若男女に愛され、圧倒的なシェアを持つ甘味界に君臨していたのである。

今で言えばネット界のヤフーといったところか

この栄華は戦後すぐまで続き、やがて高度成長時代になると洋物甘味に取って代わられる。


甘い!というのが売りだったのに 甘すぎる!ということで嫌われたのである。

お前を飲むと、水か茶が欲しくなる と蔑まれ

手間がかかるわりに売れ行きが伸びない と店を追われ

活路を自販機に求めた。

しかし、自販機社会はコカコーラ社の仕切りで運営されており

同じ茶色ということでコカコーラから嫌われた。

ペプシコーラからも疎まれた。

あろうことか ドクターペッパーにまで馬鹿にされる始末。

流れ流れて、ついに缶入りとなった汁粉は、ポッカ社を安住の地としたのである。

そのポッカからも・・・ 


彼は努力した。プルトップを大きくして、出やすいように衣装を改め、自分の出自を示す小豆の粒まで加えてみた。いつも隣の席にいるコーンスープの真似をしたに過ぎないのだが、自分にできる精一杯の努力であった。

ところが、これもあまり功を奏していないようである。

飲みにくいという人も多い。 粒が出てこないのでムカつくという人さえ居る。


缶は小さめなので、汁粉の癖に生意気だ と言われることもある。

かといって、HOT汁粉1.5Lペットボトルなど誰も買わないのにである。


八方塞な缶入り汁粉


枝豆は友人のために考えた。

寒い中、人を待ちながら 二本も飲みながら考えた。


そこでひらめいたのが、黒豆ココアというのが流行っているのだから





小豆ココアン   と改称してはどうだろうか ? という画期的なアイディアである。

「ココアン」は「ここ餡」を意味するから身分詐称ではない。

黒豆と小豆を読み違えるのは消費者の教養のなさだから責任はない。

素晴らしいアイディアだと思う。




ポッカから新しい健康飲料

小豆(こまめ)ココアン 新発売!   という広告を見たら

それは私の発案である。

だれか、ポッカに知り合いいませんか?



AD

堀江貴文前衆議院候補が政治とは関係のない犯罪で逮捕拘留されている事件で、直接的な利害関係人である亀井静香代議士および野党民主党が自民党総裁、幹事長の両名に対して、道義的責任を追求している。

内部にあっては加藤紘一元幹事長が武部幹事長を総務会で非難し、『加藤先生は、政治と金の問題では大変ご苦労されたから』と、自らの過去を揶揄されるという一幕もあった。
出席議員が忍び笑いで大ウケしている様が目に浮かぶ。馬鹿な加藤、相変わらずの音痴ぶり発揮。


で、亀井はともかくとして民主党である。

選挙と関係ない犯罪の渦中にいる西村真吾を公認した道義的責任はどうなる?
すべてそれも岡田くんにおっかぶせて逃げるつもりなのか?

覚醒剤常習者を公認したという責任はどこで追求されるのか?

大変興味深い。

そもそも民主党は、選挙の応援にあたっては単なる私的集合体である政党は、特捜部でも今日まで暴けなかった隠れた犯罪(かもしれない)行為を独自に捜査して支援の有無を決めろという三権分立すら無視した人権侵害行為をせよと主張しているのか?

貴重な時間と国費を投じて議論する国会はこんな低レベルなことで浪費されていいのか?

大衆ウケしそうなことをカメラの前でしゃべり、支持を得ようとする精神的な貧乏人の成り上がり根性丸出しの素行が、真の指導者、支配者を自認する勘違い権力者によって否定された構図が今回の逮捕劇の本質ならば、
政治も経済も似たり寄ったりの品格しかもたないということになるのだろう。

真の黒幕は、それぞれのパペマペに役割を割り振り、池の鯉にえさなどやりながら高笑いしていることだろう。

この事件から「分相応を心得て、あやつられるな」 というメッセージを受けとめた人と

枝豆は付き合っていきたいと思う今日この頃である。

AD

お受験界のIT革命

テーマ:

oriwntaru



日能研という、首都圏を中心に多年にわたり塾産業をリードする会社がある。

関西方面では知名度イマイチのようだが、枝豆も出身者であるくらいの老舗である。

今、その頃から残っている塾と言えば、日能研と四谷大塚くらいではないだろうか。


その日能研に昨日顔を出したのだが、

この四半世紀に飛躍的に進歩した塾業界に瞠目した。

やっていることは昔も今も変わらないが、その根底を支えるシステムが急速に進歩している。


模擬試験が行われると、たとえば7~8千人の答案なら、2日で採点、集計、発表ができるようになっているのだ。勿論、答案はマークシートではない。小学生の汚いミミズ字がのたくった答案である。

これをどのようにして2日で全て片付けるのか?


1、試験終了、答案を回収し、試験室ごとに答案を読み取り機に通す。

  読み取り後、答案は生徒に返却するので、家で自己採点が完璧にできるのだ


2、読み取った答案をデータ集約し、分割する。

  採点官は、特定の問題だけを集中的に採点する(問い一の(2)だけのように)

  何十人分かの答案の問い一の(2)だけを画面に並べることもでき、記号選択なら、確実に違うのだけを×つけることができるのだ。効率がいいし、採点ミスも少ない。


3、そのようにして再集約された答案データは、HPから入るマイページで2日後には閲覧可能。印刷もできるし、成績推移の分析も画面上でできる


ものすごい進歩ではないだろうか?

ついでに言えば、100問くらいの強烈な模試を実施して、各中学が問題番号を指定して入試を委託すると、その模試の一部がそのまま入試に代わり、合否を一方的に中学校が小学生にメールで伝えてくる、という仕組みも実現可能なのである。


勿論、仕組みそのものは入試に限らず、ありとあらゆる選別試験に使用可能。

鼻タレントのオーディションなら、顔をパーツ分割して、鼻だけ並べて画面上で決定できる。


風俗産業なら、腕、足、胸、腰、目、・・・  好みのパーツのみ100人分並べて、評価して、指名!


なんてことも可能なわけだ。

以前、部分点社会の到来 という記事を書いたが、技術面でもその様相を確認するに至った。




ぶぶんてん ぶぶんてん  ぶぶ てんてんててんててん♪

と、塾のCMにオリエンタルラジオが出演する日は近い。


枝豆、久々に興奮しています。

「ちびまるこ実写化に向けスタート」の記事にです。


主役のまるこは、枝豆が昨年から熱い視線を送り続けている森迫永依。

昨年の春ごろだったか?あるいは一昨年だったか、ドラマ「新しい風」で

吉田栄作と、ともさかりえの娘役で活躍。

この頃から、枝豆的には「要注目」の女優だったのだ。


そしてついに今回、大役をGET!

それもあの、まるちゃんである。

サザエさんの実写版に出るのはマイナス効果が大きいが、まるちゃんなら勲章になる。

成長してただのおねーさんになってしまったとしても「元まるこ」の肩書きは

生涯それで自己紹介が不要なほどのプラス効果を彼女に与えることだろう。

morisako

生年月日 1997年9月11日
サイズ 身長123cm・B53cm・W50cmH58cm・靴19.5cm
特技

バイオリン 中国語


9歳児のスリーサイズなんて、なんの役にも立たないが、なぜか入手してしまった。

そうか、しかし、中国語もできるってことは・・・・

まるちゃん実写の中国語版も頭に入れているのだろうか

第二のおしんになれるかもしれない、森迫。



そんなわけで、取り乱してしまいましたが、

同時に気になるのは・・・・・



花輪君は誰がやるんだ?

hanawa


花輪和彦(KAZUHIKO HANAWA)

8月7日生まれ 

両親は仕事のため海外在住。英語、フランス語に堪能でピアノやバイオリンも得意

夢はマハラジャのような城でボンドガールをはべらせること。

好きな女性はオードリー・ヘップバーン

苦手は書道



こんなキャラクターを演じきる小学生が果たしているのだろうか?

しかもこの髪型である





あ、いた。







一人だけ


































ebata