やっちまった・・・・。



この冷静沈着、秀麗眉目、才気煥発の私が

お受験会のゴルゴ13を目指していた枝豆が

あろうことか面接で、やらかしてしまったのだ。



時は、昨日(と、いうことにしておこう)

わざわざ休みをとって出かけた表第二志望の某小学校

面接に臨む枝豆の頭は心なしかボーっとしていた。


この学校、全国的に知られた名門だが、しつけが厳しく学力も高い。

いたずらざかりの小娘ばかりを従順な子羊に調教するのだから

当然、いかめしい面構えになるのは仕方ないが

まだ入学すらしていない我々にまで、高圧的な態度で臨むのは如何なものか


内心、どこか違和感を感じながらもこの日を迎えてしまった。



システマティックに運営された面接試験。

一部の隙もない流暢に流れるコンベアに乗せられ控え室へと送り込まれ

そこでしばし待つ。


自慢じゃないが、こういう場で緊張と言うのを私はしたことがない。

場慣れの度合いが並みの30台とは違うのだ。

数々の地獄をくぐり抜け、ひのき舞台でスポットをあびる経験もしてきた枝豆に

学校の面接室など真昼のお化けほども怖くない    はずだった・・・。



名前を呼ばれ、入室すると娘を挟んで両側に並び、机を挟んだ向こう側には

教頭・校長・主任の各氏がしかめっ面でお待ちである。


よろしくお願いします と、口火を切った。

娘にいくつかの質問が始まった。

「お名前は?」

「お兄ちゃんとは仲がいいですか?」

「何して遊びますか?」

「どんなとき喧嘩しますか?」

当たり障りのない質問が終わり、妻の番。

しかしこれも練習とは打って変わって難なくこなしている。

(やるじゃん ハニー。見直したぜ)と拍手を送る。


ちなみにこの学校では、面接前にアンケートと称した超小論文を書かされる。

ここには、勤務先と出身校を書かされる欄もある。

勤務先はまぁ判るが・・・ 親の出身校を書かせてなんの意味があるのだ?

母親が卒業生か否かを聞くのはわかるが

女子校では父が学ぶ術はないのである。


文部科学省の指導とかけ離れたナマナマシイ面接を公然と行う勇気は賞賛に値する。


で、父親の番である。


「お勤め先について教えてください」

「アフリカのサバンナで暮らすブッシュマンに、ホッカイロを売る仕事をしております」


「お嬢さんの好きなTVについて御存知ですか?」

「『大奥』ですね。ヤスコ様はアップで見ると百姓娘のようでいただけません」


「お兄さんはお嬢さんが違う学校にいくことに反対されていませんか?」

「ええ、性転換して自分も来たいと言ってます」と言おうかな?と思いつつもそれは我慢し、

「**************」ともっともらしいことを答えて最後に

この学校の宗教教育に・・・   と続けたのでございます。

しかし、


そこの宗派を間違えてしまい あろうことかライバル宗派の名前を高らかに!


一瞬、空気は凍りつき 妻は青ざめた顔で拳を握っています。

校長の「終わります」 の一言が全てを語ってくれました。



娘よ、いたらぬ父を許してくれ。

決して、あの高い学費を払いたくなくて、あんなことを言ってしまったわけではないのだよ。



まだ、妻は口をきいてくれません。






AD

我が家は決して裕福ではない。

とても貧しいわけではないが、断じてリッチではない。



小学校から私立に進むことの是非をあえてどうこう言う気はないし

そんな気力も残っていない。

この意義の薄い戦いに突入して以来、かつての考えは凍結封鎖し

勝つことのみに専念している。

勿論、合格時に払うべき金の工面についても思考停止状態である。

(なんとかなるんでねえの?)

そんな感覚で動いているのである。


必要最低限とはいえ、お教室の講座料、模擬試験代などは馬鹿にならない。

一回の授業は一こま1万円、模試は1万5千円だ。

これらはみな、ニコニコローンで払っているから、ローン残高がどうなろうが

定額の返済さへしていれば、あとは考えないで居られる。(限度額までだが)


前回の記事で表第一志望と裏第一志望と書いた。

表は本人+妻の望む私立校  裏は枝豆が切望する学費のない学校

すなわち、国立大学附属小学校である。


枝豆はそこの出身だったりするので、迷わず国立を薦めた。

内部の教育システムにとんでもない欠陥はあるが、なにしろ金がかからない。

しかし、その門は狭い。

門の幅は左右が歌舞伎町の雑居ビルとビルの隙間ほど

天地はリンボーダンスしないと入れないほどなのである。

そして門の奥行きがやたらとある。

つまり、ウナギ犬の小屋だとイメージしていただきたい。


ご存知ない方のために解説をしよう。

都内の国立の場合、3次試験まであるところが多い。

1次  抽選

2次  考査

3次  抽選    といった具合で、最終的に合格者は20人~50人ほどだが

倍率は80倍にもなるところがある。

大体、最初の抽選ってのがわからない。

そこに入るのに、1年以上準備してきて、最初の抽選でさようならでは死んでも死に切れない。

しかし、恐れを知らぬギャンブラー枝豆は、願書を出した。

日程やエリアを考慮すると枝豆の娘は3校受けられることになる。

私立が年に100万とすると、中高まで進めば12年で1200万ほど浮くのである。

そしてその宝くじは、わずか1100円で購入できる。


1100円払って、ちょろい試験と三次抽選をクリアすれば、これで中学受験と高校受験を

回避できるのである。(実際には内部進学は厳しいらしいが)

親としてはこんな素晴らしい制度が他にあるだろうか?いや、ない。


そこで、三校のうちの1校に願書を出し、一次抽選の日がやってきた。


もとより、ここは高校に上がるのがとても難しく、上がれないと人生が激変することもあると評判で

ちょっと???なのだが、安さに惹かれて願書を出したのだ。

つまり、国立の第三志望、合計でも第五か第六志望なのであるが

抽選に通ったら、第一志望に昇格させるつもりだった。


抽選の時間には間に合わなかった。校内に貼られた結果を見にいった。

タクシー飛ばして行った。

降りるとき、「おつりはいいです」と普段やらないこともした。お賽銭代わりだった。



校門を入る

人だかりができている

写メをしている人もいる


うちの番号は  下二桁○○・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ない。


















校門を静かに出た。

「桜咲かず」と妻にメールを送り、手を上げタクシーを止めた。





さっきと同じ運転手だった。

今度は、しっかりお釣りを貰った。





AD

御無沙汰してしまいました。枝豆太郎です。

このたった一週間の間に起きた様々なドラマをここに書かなければ

真のお受験評論家ブロガーにはなれない。


そう思い、意を決して、進まないキーボードを叩いております。



話は10日ほどさかのぼる。


(よしっ、つかみは完璧だ)

いよいよ面接が始まった・・・。    第二話の続きである。



そこは応接室。ソファーに腰掛けると、娘は名前を尋ねられる。

首尾よく答えると「お嬢さんは別の部屋に行っててね」と迎えに来た女性に連れて行かれる。

これからは個別質問なのである。

ここで娘と親に同じ質問をぶつけ、整合性を確かめ、親子の情報共有を試すケースもあるという。

「宝物はなんですか? 好きな絵本は?」など、一発でわかってしまう問題が多い。

ほとんど複数容疑者を別室で取り調べ、「おい、相方は全部吐いたぞ!」というのと同じ。


なにしろ表の第一志望(実は裏もある)  失敗は許されない。


緊張して立ち去る娘を見送る妻と私。


「さて・・・・     緊張なさってます?リラックスして参りましょうね」と語りかける面接官

いつもは自分が向こう側にいるのだが、なぜか被告人席に座る私。


一発目は妻にだった。

「お母様は学校に何をお望みですか?」

(学費の値下げ)と心中呟く枝豆の隣で、「***************」と

もっともらしい話をしてクリヤー


そして二の矢は枝豆に飛んできた。


「お父様になくて、お嬢さんにあるものはな~んだ?」


(おい、ナゾナゾか???)


え、えええ? こんなときでも、脳は一人遊びを始め

(子宮と卵巣って言え!)とか(三つ網のおさげ髪)などと茶々を入れる。

この間、0.001秒ほどだと思うが、脳内でギャグ、洒落、冗談の機関銃が炸裂し、

娘を愛する親心と激しい戦闘を行っていた。


「素直な心と、見たものを見たままに解釈しそれに立ち向かう正義感でしょうか」

などと自分でも拍手をしてしまうような模範解答が勝手に口から飛び出てきたのだ。


ありがとうございました。これで終わります。




拍子抜けするほどあっさりとした別れがあり、校舎を娘を連れて出た枝豆家族。


(上手く切り抜けた♪)という安堵と





(あそこでギャグを一発かましたかった)  という後悔が入り混じり

なんとも複雑な心持ちで帰宅したのだった。




次は11月のペーパー試験である。


娘よ、頑張れ! あとはお前の責任だ。

わしゃ、義務は果たしたぞ。 





AD

その日は朝から雨でした。

傘をさしながら所謂、お受験ルックに身を固めた親子三人は地下鉄で出かけたのです。

「雨すごいなぁ、タクシーで行く?」と言う夫に、

「ダメ!絶対に地下鉄!! 面接で子供が『何で来ましたか?』って聞かれるんだからぁ」

と全否定する妻。


なるほど、嘘をつかせるのは良くないし、第一、教えるのも面倒くさい。

というわけで電車で行ったのでございます。


某学校の付近まで行くと、いるわいるわ

同じような葬式ルックに身を固めた親子ばかり。

それにしても皆同じだ。娘たちの顔までそっくりに見えてくる。


駅から5分ほどの校門をくぐると長いアプローチがあり、奥に校舎があるのだが

道に落ちた銀杏を皆が踏みつけるせいか、うんこの臭いが充満している。

どこで誰が監視しているかわからない緊張感の中、

「臭いね」という娘に、「これが自然の匂いなんだよ」と訳のわからぬ肯定的な返事をする枝豆。


校舎に入るときも、濡れた傘を束ねて濡れた手を、いつもならズボンの尻で拭くが、今日はハンカチを使う周到さ。さりげなく妻に渡す気遣いも忘れない。

(おいおい、受付けに座ってる先生、ちゃんと見てておくれよ)と念力をかける。


受付で丁寧にお辞儀をし、手続きを済ますと控え室へと案内される。

同じような家族が、それぞれ緊張した面持ちで待っている。

受験マシーンのように訓練された娘たちは、おとなしく座っている。

塗り絵をしたり、折り紙をしたりが基本パターンのようだ。

その辺はまぁ、情報として押えてはあるので、うちは本を二冊持参。

はじめはその本を読んでいた娘も、30分もすると飽きたのか、本を閉じた。


ここで騒いだりしたら、一発即OUTなので、

しりとりをし、指を使った足し算ゲームをして時間を潰すのだが、これは苦肉の策。

ところが、周囲に居たほかの家族があわて始めた。

張り詰めた空気の中で(あそこになんか勉強っぽいことしてる親子アリ)の情報が

電波のようにビビビと伝播し始め、熱い視線が枝豆親子を取り囲む

そして、一斉に皆が同じようなことを始めたのには苦笑するしかなかった。


(猿真似したってだめじゃん・・・)と思いながらも、それが受験生の親の悲しい性なのか

普段、子供の勉強なんか見たこともない父親たちが、付け焼刃で始めたって

子供のモチベーションを10分以上保つのは無理。


我が家は、まったりと歴史的建造物の校舎の一角でくつろいで過ごした。

周囲の家族を観察する余裕もできた。

第一印象は・・・


みんなお金持ちっぽい!


でも、賢そうな父は4割、賢そうな母は2割。

金はあっても教養はない両親に育てられたお受験マシーンの娘たちと

金もないし、教養もない。受験対策は自己流の我が家。

どっちもどっちだね という感想である。



やがて、受験番号が呼ばれた「4126番のかたぁ~」


「お父様、お母様、お嬢様の順で一列にお並びください。」という指令である。

素直に従った。並べというなら、どんな風にだって並びます。

駅まで行進しろってなら、どこまでも歩きますとも ええ。


そして応接室に誘導された。



どうぞ。  の声で、ドアをあける。


「おはようございます。よろしくお願いしますっ」

絶対に不自然に見えない、作り笑顔で入室する枝豆。

社会人生活で培った、とびきりの笑顔である。

この顔で、開かずの扉を何枚開けてきたことか・・・。


つられて面接官も微笑む。

(よしっ、つかみは完璧だ)



いよいよ面接が始まった。

で、どんなだったかは、   また今度。




わが愛娘のことまでネタにしなければいけないブロガーの宿命、

いや、そんな義務は誰からも背負わされてはいないのだが

面白いのでリアルタイム報告をしていこうと思う。


包み隠さずお話する。

うちの娘、人生最初の模擬テストで・・・    偏差値  25

を叩き出したつわものである。

人生のスタートを底辺から走り始めたマイ・スイートハート。

いいじゃないか、立派じゃないか。

偏差値25なんて、父は見たことがない。

ここまでひどけりゃ、あとは上がるだけ。

幸せなスタートである。

それが、昨年の11月のことであった。


それから始まった親子鷹。雨の日も風の日も問題集の千本ノック。

朝の登園はしりとりをしながら

夜のお風呂は足し算をしながら

休みの日の自転車は鶴亀算を叫びながら・・・  といったありさまであった。


信じられないが、イマドキノ小学校受験には鶴亀算が出る。

こんな具合だ。

「公園に自転車が3台、三輪車が2台止まっていました。やがて、自転車が1台帰り、三輪車が2台やってきました。さて、今、公園にいる自転車と三輪車のタイヤの数はあわせていくつでしょう?」


正解は、(3-1)×2+(2+2)×3=4+12=16   である。

しかし、これを5歳児の早生まれに教える苦労は半端ではない。

チンパンジーにいけばなを教えたりする方がずっと簡単かもしれない。


しかし、ドラゴン枝豆式奇跡の教授法が、その白痴の娘を並の人間へと成長させ

右肩上がりのSS曲線だかDD曲線だったかのようなシュプールを描いて上昇した。


まぁ、自慢話を書きたいわけではない。

もし、この春、わが娘の頭上に桜の花が咲いたなら、それは私のデビューへの始まりを意味する。

奇跡の男、偏差値25からのお受験を成し遂げた男、枝豆太郎

として、本を出し、公演をし、個人授業をする予定である。

がっぽがっぽ 小銭を儲けるのである。

また、そうでもしなければとても学費は払えない(涙)


で、この週末、面接が行われたのである。

第一志望の某小学校。

準備は万端。  本人は勿論、妻の教育もばっちりである。

妻にいたっては、毎晩2時までヒィヒィ言わせ(勿論、あっちではない)

想定質問の分厚い束を手に、回答の文句はもちろん、

立ち居振る舞い、歩き方、座り方、笑みのこぼし方まで特訓に次ぐ特訓。

年がもう少し若ければ、すっちーにでもしたくなるほど作りこんだものである。


小ぬか雨ふりそぼる朝、枝豆家は意気揚々と門を出て学校へと向かったのである。


その続きはまた今度・・・・。   ではまた。