と、いうわけで本日は信州松本一人旅の道中からお送りしております、こんにちは。枝豆太郎です。

本日の折り込みチラシ、銀座松坂屋の理由(わけ)ありセール。
正に時流に乗った企画である、と思うわけです。

消費者もすっかり賢くなりました。意味もなくただ安いモノに喜びが薄くなった昨今
明確なストーリーがある安価品を購入すると、そのストーリーが許容内である限り、
自分の買い物上手ぶりが評価されたような満足感が得られる。
形が不揃いな胡瓜を生協で五十円安く購入した主婦の鼻息 の延長線上にある感覚であります。

今回の杉田かおる騒動も、多くの女性は惜しみない拍手を贈りました。
これも、お相手が岩崎・三井・住友などの三大財閥ではなく、十大まで数えてやっとの日産財閥
しかも残念ながら没落貴族風味であるということをいち早く嗅ぎつけたからに他なりません。
名家ではあるが、金はない。しかも、本当に名家かというとそれも怪しい、わけあり品であることの安心感です。

この世にはわけありの男性や女性が溢れかえっています。
しかし、片目をつぶってお付き合いをするのが得策ですし、突っ込まないのが大人のマナー
しかし、自分のわけありポイントを自覚していない女ほど、扱い憎いものはない。
その点、杉田は偉い!という評価が定着していたのもスタンディングオベーションを戴くシナリオとして完璧でした。

先日、ある女性三人と会食をいたしました。
全員未婚です。そしていつしか、いかに男たちの見る目のなさを非難する話題に。
あげく、三人はお互いに貴女はお嬢様だから~と誉めあい始めたのです。そして私に、名家の子息との出会いをセットせよと命令します。

ニヤニヤ笑って誤魔化しましたが。
少なくとも私の辞書に、国士館や拓殖を卒業されたコンビニ店員やホステスのお嬢様というのはありませんでしたが…。

AD

平日の休みは楽しい。
人が働いているのを横目に、限りなくくつろいだいでたちで
ビジネス街を闊歩する快感は一度やったらやめられない。
早い話がホームレス寸前のボサボサ頭で歩いているのだが
今のところ職務質問されたことはない。

そういえばいつだったか、
渋谷で白川勝彦(元自治大臣・国家公安委員長)が職務質問され、
そのまま連行されたという話を聞いたことがあるが
とりあえず、麻布署の前を何回か通ったが問題はなかった。

裏通りで「本家 六本木ヒルズ」を発見し、撮影。
積み上げられた廃棄物もどことなく高級そうである。
中身を検分したい気持ちをぐっと堪えた。

おそらく、半身が残った鯛や、鴨のオレンジソース、
少しひからびた各種ハーブなどが詰まっていると思われる。
一緒に入っているレシートは紀伊国屋や明治屋、ルイヴィトン
銀行のDMはフランス語で書かれたスイス銀行の残高通知
メルセデスやフェラーリからの上お得意様限定新車発表会の招待状
小笠原伯爵邸(スペイン料理)からの新春の宴ご案内などが、
封もあけずにねじ込まれているに違いない。

夜はガキからスケベ親父まで、鯨飲馬食の色情魔が集うこの町も
昼間はまともな外人と、インテリ坊ちゃんに率いられたIT若武者や
金融山賊が首から名刺大の鑑札をぶら下げて肩で風を切っている。
得意げに鑑札を他人に見えるように歩いているのは大抵テレ朝のAD

自信たっぷりに仕事をしている新興エリート君たちを横目に
近所の和菓子やで買った大福を食べながら歩く枝豆

ポケットの小銭を手の中で数え、おつな寿司のいなりが買えるかどうか
必死に脳内PCで演算を繰り返す。

イケイケの人生に、ふと疑問を感じたら
朝の六本木を歩いてみていただきたい。

さすればきっと、享楽の裏側の穏やかな日々が見えてくる。

AD

湘南と言えば江ノ島。
日本のビーチリゾート発祥の地でもある。
江戸時代から観光スポットとして愛されてきたランドマークでもある。
大山参りに泊りで出掛け、江ノ島やら金沢八景やらを巡りお江戸に帰るのが当時の代表的レジャー
今ではサザンをかけながら慢性渋滞の海岸を百足のように移動すると、
左手に江ノ島、右手にはさほどオシャレでもないラブホが立ち並び、
車列に入れてもらえないカップルが、ホテルの出口で晒し者になって焦る光景を楽しむことができる。

二十年ほど前のカップルは、電車を乗り継ぎやってきて、江ノ島神社を参拝し
食堂で浜夕定食や壺焼き定食で腹を満たした後に、○○荘や△△旅館に消えた
と、アノ!林真理子ですら独白している。


すっかり日帰りスポットと化し、旅館は寂れ、荒れ果てた島を建て直そうと島男達が立ち上がり
温泉を掘った。掘って掘って掘りまくり、ついに出たのが数年前。

で、その湯を使ったスパがオープンしたという話を聞いた枝豆はHPを探した。
なんてことない。しかも子供お断わり。値段は二千円前後。
これは早晩潰れるな と確信したのである。


私なら、以前関係者にも提言したのだが、
『江ノ島カジノ&歌舞伎町化計画』を推進したい。
島のアプローチは橋一本、橋の入り口に年令、前科の確認ゲートを設け、
入国審査さながらのチェック態勢。

島の中には夕方から営業の銀行、カジノ、風俗店、レストランを誘致。
港もあり、東京からも水中翼船での無料送迎。島の外には巨大なホテルを建設。
治安は保たれ、県と市と島民の3セクでホステス・ホストは審査済みの安全確実。
入島料壱万円で酒と飯は全てタダ!
ガキの侵入を徹底的に排除して、大人だけのワンダーランドを創るのだ。

学生や未成年は、島の外から黄金色に輝く島を眺め
大人になったら江ノ島に!
初月給は江ノ島で!と心に誓う。

大人になることのメリットが薄い世の中にしてはならない
千葉県知事選に臨む、枝豆太郎の公約である(違?

AD

少子化対策費に3兆円?

テーマ:

少子化対策費に3兆円?民主党が作る「次の内閣」
英国の「影の内閣」のパクリだが、
その「次」とやらは22世紀か23世紀のことらしい
彼らが予算案の対案として3兆円の金を要求。
中学生までの子供に毎月、一人につき1万6千円あげます
というものらしい。
我が家ならさしずめ3万2千円/月 年に40万近く。

数年前に公明党の圧力で商品券をばら撒いたことがあったが
それに似たアホな提案だ。
今子供が居る人は貰える物はウエルカムだけど

子供の居ない夫婦に作らせることと
結婚したくない女に結婚させること
この2点の解決が月に1万6千円で買えると思うところが馬鹿
誰がそれっぽっちの金で要らない子供を作るものか
と考えない議員ばかりというのが、民主党の情けなさ。

15年間くれるなら、合計600万円
一発でどかーん!とくれるなら、その方がモチベーションは
はるかに上がる。

一年後に貰える600万を当て込んで、
借金してでも女に貢ぎ、できちゃった婚を狙う男も急増する。
住宅ローンの頭金欲しさに、ついつい作ってしまう若夫婦。

ようは、チマチマ出すなよ~ ということ。
もっとピュッピュ~~ と出さないと子供はできない。

金を直接渡してくれなくても
大学までの授業料、塾も含めて全部ただ という方法もある。
一人者は1輪車、夫婦だけなら自転車、
子供1人は軽自動車、二人生んだら5ナンバー、
三人生まなきゃ外車はダメ という方法もあるだろう。

子供を生まない女性は、いくら、たらこ、キャビアは禁止
というのも捨てがたい。
すし屋で我が物顔で注文する主婦たちの姿が目に浮かぶ。

生まない自由、産めない体に配慮はないのか?
とお叱りが出そうだが、
そんなのは百も承知で、国が滅ぶとか言うから案を出しただけ

いっそうのこと、貧しい多産国家を3兆円で買収して
日本と合併するっていうのもありかな?
二人生ませて義務を果たした枝豆は
どうでもいいや って気分で今日の小さな記事を読んだ。

発明の対価

テーマ:
青色LEDの発明対価が話題だ。
200億円と言われた発明料が、最終的に8億円になり
示談が成立したらしい。
6億円でも夢のような金額だが、
そんな記事を読んでいて、ふと思った。

(俺も何か発明しよう!)


というわけで、「枝豆式物質圧縮ガン」を考案した。
ハンディタイプのピストル型。先を向けボタンを押すと
目の前の物質が1万分の1に圧縮されるというスグレモノ。

当初は、廃棄に困る自治体に、ごみ問題のリーサルウエポンとして売り込むつもりだった。
コンテナ一台分のごみがサイコロキャラメル大になるのだから
捨て放題だし、コンテナに入れて積んで置いても大丈夫
画期的な発明に違いない。

(儲かるぞ~~ウシシ)と捕らぬ狸状態。
3200ある自治体から年間1千万貰ったって320億円
ボタンひとつで320億。


しかし、考えてみると・・・
利用法はごみ問題だけではないことに気づいた。

古くなったビルの解体にも使える。
無人のビルに向かってPushすると、買い物袋に入れて持ち帰れる

食べきれないほどの満漢全席の料理も、一口で完食

さらに兵器利用することも可能なのだった。

飛んでくるミサイルもボタンひとつでマッチ棒に
走ってくる戦車もありんこに
北朝鮮もイラクも怖くないのだ。
こうなれば世界の大王になれる。

逆らう者はみんな小さくして携帯ストラップに。

大王になった自分を想像してみたが
各国の情報部が枝豆の命と発明品を狙い、
一瞬たりとも安穏としていられない状況。
そんなのは、ちと面倒くさい。

でも、美少女クラブ31を全員小さくして
風呂にある船のおもちゃに乗せて遊んだら
きっと楽しかろう・・・
そんなことを考えていたら駅に着いたので
電車から降りて、いつものつまらない職場に向かった。