このブログは半身不随というの出血の後遺症の障害を現実として正面から受け止め(受け入れるのではない)乗り越え、生き抜くために、日々自分自身に言い聞かせ、高い心のテンションを維持するために書いている自分自身のためのブログです。特に以下は僕自身への叱咤激励であり、自分自身を戒めるため、そして障害を持って生きるという苦しみから逃れ、心の安寧を得るためにいつも心の中で唱えているようにしている言葉です。

-----------------------------------僕自身の心を強く持つために-------------------------------


希望とは世界の状態ではなく心の状態である。 希望、この深く力強い感覚は、
物事がうまくいっているときの喜びや成功が明らかな企業に投資する意欲など
とはまったく異なるものだ。 むしろ、価値があるという理由で働くことのできる能力である。

希望とは体の状態でもない。どんなに苦しい状況であろうと心が破壊されない限り希望は持つことができる。希望を持つことにより人間は「意欲」が湧く。「意欲」は知恵の源泉だ!生きていくための知恵の源泉だから、この知恵の源泉である希望を心から捨てるわけにはいかない。
全人類も希望を持つことにより苦境を脱する英知が発揮できるのだ。

人類が心の中の希望を捨てるということは人類を破滅に向かわせるに等しい。


苦しくても希望をもつための私が唱えなければならない言葉

無私は敵を作らず
無欲は憎しみを作らず
無欲は甘えを知らず
無私は悲しみを作らず
無私無欲は身体的苦痛をも癒す
無私無欲こそ最大の心の平安の根源なり
無私無欲に勝るものなし
しかし無私無欲は無気力にあらず
されど無私無欲は容易ならず。
自ら選んで自ら歩んだわが人生、無念なれど一切悔いなし。



この地上に棲むあらゆる生き物のうちで
人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる
人間のみが、自分の運命を築くことができる

行動はいつも幸せをもたらすものではないが
行動なくしては幸せはない

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは、強さの証だ(M.G)

無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、
暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである(M.G)

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ 私は走れるのだ
涙があるからこそ 私は前へ進めるのだ(M.G)


人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

障害者になったからといって、他人の力を借りるしかない生き方だけはしたくない

そんな惨めな生き方だけはしたくない。


たとえ障害者であっても何でもよいから少しでも人の役に立つ人間でありたい


----------------------------------------------------------------------------------------

生死の境をさまよい、ある日突然障害者として生きていかなければならなくなって
、多くのもの(会社だけではなく健常者であれば当たり前にできることや生きる楽しみなど)
を失った絶望感の中で、人間とはな何か、なぜ生きるのか
人類とは何かなどを考えさせられ、人生観が大きく変わりました。


このブログは障害者として生きなければならなくなった自分、そしていつ再出血で死ぬかも
知れないという状況の下で、自分自身がどうやって生きたのかという記録を残しておきたいと
いう気持ちと共に、自分自身への叱咤激励のために書きはじめました。


そして不自由な身体に苦しみ、いつも痛みや痺れに苦しむ事によって
人間が生きる意味について深く考えるようになりました。

そして僕なりに人が生きる意味は、

生きている間にできるだけ多くの人とつながりを持つことだと思うようになりました。

いつかは失うものや老いたときに失うもの(財や命)に生きる意味を求めてはいけない。

人はいつか多くのものを失うのだから、、そしていつか死ぬのだから、、


よろしければ以下のブログ村ランキングボタンをどれか押してやってください。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



Shunsuke Okashita






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-16 12:19:19

屈辱

テーマ:人間について
誰しも様々な場面で屈辱を感じたりすると

その屈辱に耐え切れず、

恨みを持ったり

復讐心が沸くものだろう

でも、屈辱には耐えることが

実は大切ではないのだろうか


屈辱に対して、復讐をしたところで、

いわゆる「憎しみの連鎖」に

陥ってしまうだけで、

誰も幸せにはなれない。

僕はこんな身体になったせいなのかも

知れないけれど、

どんな屈辱にも耐える自信がある

でも耐えられないのは、

自分ではなく、親兄弟などの親族が

辱しめを受けることだ。

自分だけならどんな屈辱にも耐えてみせる


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「人間について」 の記事
2018-01-15 18:29:08

唾面自乾

テーマ:人間について
唾面自乾か、、

忍耐の徳なんて本当にあるのかな、

唾面自乾なんかしていたら
死んでしまいそう、

死んだ方がマシかも
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-13 03:34:05

わたしの未来

テーマ:独り言

まもなく、私の両親とも、

来るべきときが来る
この世でだれよりも尊敬する父が
どうやら癌が再発しているような雰囲気だ。
その結果、もう6年間前に書いた以下の記事
が起因して既に揉め始めている
 
おそらく、まもなく?遅かれ早かれ
 
私はこの年齢(55歳)で且つこの身体で
ひとり身になる
 
この先再び独身で生きていけるのだろうか?
 
どんな未来が待ってるにせよ
僕の人生全体に後悔は無い。
自分なりに精一杯生きてきたから
良い結果はついてきそうにないけれど
私は自分の人生に、満足している。
 
この先更に、
苦しい、辛いことがあったとしても
それは私に課せられた試練であり
避けることが出来ない私の人生の
「縁」のようなものなのだろう
だからたぶん残り少ないであろう
残りの人生、どんなに苦しくとも
私は元来お人好しで不器用な人間で
世渡りが下手くそだから
また挫折があるかもしれないけれど
 
それでも正面から向き合って、真っ直ぐに
生きていくつもりだ。
家族も充分には養うことはできなかったけれど
身も心も苦しいことばかりだったような
人生だったような気がすけれど、
それが私に課せられた人生なら
甘んじた受け止めようではないか。
最期まで正々堂々と生きていこうと思う
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2018-01-08 21:14:16

どうしようもないこと

テーマ:人間について

生まれつき持っている能力の高い、低いはどうしようもない。

 

努力によってある程度はカバーできるだろうけど

 

生まれ持った天才や秀才どうしても勝てないない

 

といような限界はあるものだ。

 

僕の生まれ持ってしまった遺伝病でもあるもやもや病だって

 

どうしようもない。

 

あのとき(脳出血時)血圧が高かったのに

 

すぐに病院に行って処置してもらわなかったのが悪いなんて

 

言う人もいるけれど、

 

もやもや病はいつ脳出血してもおかしくない

 

と言われる病気だ。たとえ正常血圧でもだ。

 

だから、どうしようもかったと思う。

 

原因も未だ明確には分からないし、

 

だから僕が脳出血になったこともどうしようもない

 

ことだったのだと思う

 

だからそんなことで悔やんでもどうしようもないと思うから

 

悔やむのも止めた

 

けれど

 

そんなどうしようもなかった脳出血で半身不随となってしまった

 

障害者だけど、

 

これからもこの身体でできる精一杯、力一杯、

 

そしてごまかしの無い、偽りの無い生き方をしたい

 

そうすることだけが、

 

それだけが僕の人生を(いつ死んでも)後悔なくしてくれると思う。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2018-01-02 16:32:46

人間の苦しみには2種類ある

テーマ:人間について

僕は苦しみには2種類あると思う

 
といより
 
2種類あると確信に至った。
 
ひとつは次の成長の為に必要な苦しみ
 
もう一つはただ辛いだけの無益な苦しみ
 
僕は脳出血で半身不随の障害者になってから
 
さまざまな苦しみを味わってきた
 
肉体的にも、精神的にも
 
身内からでさえ、
 
精神的な苦しみを与えられた
 
僕はこれから、
 
絶対に辛いだけの
 
無益な苦しみだけは
 
憎むし、絶対に味わない
 
苦しむなら必ず自分の成長の糧にする
 
たとえ、人に憎まれても、、
 
無益な苦しみ方だけはしない
 
苦しみには耐え
 
自分の成長のためにやるべきことはやる人間になる
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-11 09:58:57

恨みとは怖いものだ。

テーマ:人間について

週末から報道されている富岡八幡宮の


殺傷事件の報道を見ていると、

 

姉弟の怨恨とは言え、恐ろしいものだ。
 

仏教などでは怒りや恨みというものは


「猛毒」であると言っているけれど


実際本当に恐ろしいものだと

 

今回の事件で気付かされた感じがする。

 

つい最近、復讐についての記事を書いたけど

 

恨みというものは、復讐では何の解決もしないというけれど

 

(犯人は自殺してしまったけど)もし生きていたら

 

姉を殺したことで恨みは晴れただろうか?

 

などと複雑な気持ちになっている

 

話は変わるけれども、

 

野村沙知代さんが先週末に急死した

 

彼女も生前はいろんな人から恨みを買っていたのではないだろうか。
 

確かに野村監督にとっては大切な妻だった事はわかるけど

 

客観的に見て、周囲には相当迷惑をかけていた

 

自分勝手な女性だったと少なくともぼくは思う

 

そしてそれでも生前にその恨みを買っていたことに対して

 

富岡八幡宮のような事件は起こらずに

 

一人亡くなっていった。

 

よく「天罰が下る」と言うような人もいるけれど

 

自分勝手で周りに迷惑をかけていたような生き方をしても

 

「天罰が下る」などといったようなことはなく

 

最後まで自分勝手に生きて亡くなっていく人は多いと思う

 

僕の周囲にも周りに迷惑をかけ、勝手気ままに生きて

 

いわゆる天寿を全うするような人もいた。

 

今回の富岡八幡宮の殺人事件の犯人は

 

あらかじめ手紙で「死んでも(恨み続け)祟り続ける」 。
 

などと書いていたようだけれど

 

そんなことから、人間の「恨み」というものは

 

一体何なんだろう、などと

 

不思議に感じていたりする

 

人間以外の動物に「恨み」といったような感情はあるのだろうか? 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-06 10:55:33

最大の復讐とは

テーマ:人間について
自分が悔しい思いをしたことに

対する復讐というものは 

決して、悔しい思いをさせらた相手を

貶めたり、やっつけたりする事ではなく、

自分の人生を成功させることだと思う。

しかし、その成功とは

決して経済的成功ではなく、
経済的成功が自分が人生の成功だ

と考える人はそれで良いけど、

人生の成功とは、

自分が死ぬときに

満足出来た人生だったと思えたら

それは人生の成功じゃないのかな

そんな人生の成功をすることこそが

最大の復讐だと思う。

振り返って僕の人生、

決して経済的成功をしたわけじゃないけど

脳出血になんからなり、

障害者になんかなってしまったけれど

僕の人生は少なくともこれまでは

成功だったと思っている。

障害者になんかになって、

何が成功だと

言われるかもしれないけど

少なくとも僕は

今までの人生はすべて

自分で決断し、自分で選んだ道を

歩んできた。

ある人が後悔のない人生を歩みたいと

言ったときに、ある人は

後悔のない人生なんてありえない

って言ってたけど、

僕は確かに人生の一つ一つの決断に

一切後悔がないわけではないけれど

この人生、すべて自分で決断し、

自分の精一杯の力をほとんど出し切ってきた

人生だったという意味では一切後悔は無い

かつて。自分が会社興す決断をしたことで

(それが直接の原因ではないけれど)

結果として、今障害者として苦しんでるけど

経営者として、優秀だった訳じゃないけど

結局、自分は倒れ、倒産させたけど

経営者という仕事を精一杯やってきた

(一切手抜きはしなかった)という意味では

何も後悔はないし、

これまでの人生は誰にも自分の決断を任せず

すべて自分で決めてきて歩むことができた
という意味では、少なくとも今の時点では

僕の成功の人生だったと思っている

結果、

それが(身体的には)悪い結果に

(今は)なってるだけのこと

だから、これからも

同じように人生を歩めるかどうかは

分からないけれど、

もし、同じように歩む事ができたなら

僕の人生は「成功の人生」になると思う

そうなれば、

最大の復讐になるのだ。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-03 19:38:58

身勝手な人間

テーマ:人間について

人間というものは、


上手くいっているときは


失敗ばかりしているような


いわゆる不運な人間の事なんて


目に入らないものだし、


そういう人の事を馬鹿に


しやすいものだと思う。


そして自分さえ良ければ、


それで良いという感じになりがちだと思う。




だけど、自分も不運に見舞われて、


友人だと思っていた奴にも見離され


世の中からも見て捨てられ、


その日その日の生活にも


苦労をするようになって


はじめて人のことも考えるようになり、


見るもの聞くものが


身に沁みるようになるものだと思う。 


そんな状況を乗り越えたこそ、


初めて


本当に強い人間になれるのではないだろうか





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-26 23:03:25

不倫が「悪いこと」である理由

テーマ:人間について

以前、不倫は動物としての繁殖戦略という側面から考えるば、

たくさんの異性と性交渉する事は別に悪い事ではないのではないか

などという戯けた記事を書いたけれど、

よくよく考えてみたら、やはり、不倫は「悪い事」

という結論に至った。

その結論に至った理由は単純である
その理由とは「約束」を反故にした事になるからだ
なぜなら、結婚した人のほとんどは結婚する時に

(キリスト教形式だでなく、日本の形式である神前結婚式であっても)

「誓い」をするからだ。


結婚式におけるいわゆる「誓いの言葉」というものは、

キリスト教の「神様と約束する」であるわけで、本来コミットと

ほぼ等しい意味合いをもっており、お互いに配偶者に対して、

自分自身の一生、もしくは命を懸けた「誓い」であるわけです。
つまり、

いわゆる「約束」ということよりもはるかに重い約束をしたのだ。

不倫をするということは、そういう重い約束事を反故にする

ということになるわけだ。

もちろん、そんな約束をしていないのであれば、

「本能」に任せた繁殖戦略の為に不倫や配偶者以外の

異性と性交渉をしても、問題はないと思う。

しかし、人間社会派全て約束事で成り立っている。

法律がその典型的な約束事だ。

約束事である法律を守らなければ、世の中派破綻する。

人間だからこそ、

そんな「重い」約束事は人間であれば、

絶対に守らなければならない

だから、

もし、結婚したときにそんな誓いである約束を

していないのであれば

(例えば式を挙げず、婚姻届けだけで、何の約束事もしていない)

のであれば、不倫しようが配偶者以外の異性と性交渉をしようが自由だ。

しかし、ほとんどの夫婦が結婚式を挙げ、「誓い」をしている限りは

その「約束事」を守るべきなのだ。

だから、不倫をする事は約束を反故にする事なので

「悪い事」なのだ。
という結論に至った僕である。
そういう意味では、婚姻届けは

「婚姻契約書」にづべきで、

そこにはビジネス契約書のように

様々な守るべき条件と違反した際の罰則(慰謝料等)

などが記載されてしかるべきではないだろうか


嫌だとか。嫌いだとか、恨みだとか言うような

感情的な問題ではなく、

これこそが、

何かにつけ論理的な根拠が必要だ僕が

考えた不倫は「悪い事」であるという理由だ

などと、自分なりに

納得がいく講釈を垂れている僕はおかしい?(笑)
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-19 16:25:26

自動車メーカーの無資格者検査の何が悪い

テーマ:人間について

昨今、日産やスバルなどの自動の最終検査で

無資格者による検査が問題になっているようだけれど、

無資格者が検査して何が悪いのか僕にはよく分からない。

 

なぜなら、僕はかつて某大手化学メーカーで製品研究開発や

その試作品の「検査」などの仕事をしていたけれど、

 

当時、その企業の検査部門では、(試作品ではない)本生産品の

最終検査をしていたけれど、その検査部門のスタッフは

皆パートタイマーの検査の内容に関しては素人ばかりだった。

でも検査手順や検査機器の使い方などのキッチリとした手順書が

あり、その手順書通りに検査を行えば、たとえ、初めての人でも

(正しい)検査を行うことができており、製品には何も問題は

出ていなかった。

 

そのように、素人でも出できる正しい検査手順書さえあれば

何も「その道のプロ」なんて必要無いではないのか?

 

もちろん、正しい「検査手順書」通りに検査をした結果データを

「改ざん」することはいけない。

 

かつての三菱自動車のような燃費偽という燃費データの「改ざん」

はいけない。なぜならそこには、「嘘」があるからだ。

 

しかし今回の日産やスバルなどの自動の最終検査で無資格者による

検査で、何もその「素人」が「データ改ざん」をしたわけではない。

 

だったら、たとえ素人が検査をしたとしても

(素人が検査しようが、子供が検査しようが)

検査基準に適合した製品(自動車)が出荷されるのだから

何も問題はないのではないのか?

 

もちろん、神戸製鋼のようにデータ改ざんは絶対にいけない。

だから、日産やスバルの検査方法の何が悪いのか

さっぱり分からん。

 

少なくとも僕は、かつてメーカーの技術者の人間として

ものづくりで大切なことは、

誰が作っても同じ品質の製品ができる仕組み作り

こそが大切で重要なことだと思っている

それこそが現代の大量生産方式の要ではないのか?

もし、誰が検査をしても間違いのない検査ができる仕組み

を作っていたとしたら、それを無資格者がやろうが

何の問題もないのではないのか?

 

 

ただ単に、マスコミが、神戸製鋼のデータ改ざん事件と

一緒くたにして煽って、騒ぎを大きくしているだけにしか思えない。

マスコミの記者はメーカーの本当の現場を知らずに

記事を書いているようにしか思えないのは僕だけか?

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。