このブログは半身不随というの出血の後遺症の障害を現実として正面から受け止め(受け入れるのではない)乗り越え、生き抜くために、日々自分自身に言い聞かせ、高い心のテンションを維持するために書いている自分自身のためのブログです。特に以下は僕自身への叱咤激励であり、自分自身を戒めるため、そして障害を持って生きるという苦しみから逃れ、心の安寧を得るためにいつも心の中で唱えているようにしている言葉です。

-----------------------------------僕自身の心を強く持つために-------------------------------


希望とは世界の状態ではなく心の状態である。 希望、この深く力強い感覚は、
物事がうまくいっているときの喜びや成功が明らかな企業に投資する意欲など
とはまったく異なるものだ。 むしろ、価値があるという理由で働くことのできる能力である。

希望とは体の状態でもない。どんなに苦しい状況であろうと心が破壊されない限り希望は持つことができる。希望を持つことにより人間は「意欲」が湧く。「意欲」は知恵の源泉だ!生きていくための知恵の源泉だから、この知恵の源泉である希望を心から捨てるわけにはいかない。
全人類も希望を持つことにより苦境を脱する英知が発揮できるのだ。

人類が心の中の希望を捨てるということは人類を破滅に向かわせるに等しい。


苦しくても希望をもつための私が唱えなければならない言葉

無私は敵を作らず
無欲は憎しみを作らず
無欲は甘えを知らず
無私は悲しみを作らず
無私無欲は身体的苦痛をも癒す
無私無欲こそ最大の心の平安の根源なり
無私無欲に勝るものなし
しかし無私無欲は無気力にあらず
されど無私無欲は容易ならず。
自ら選んで自ら歩んだわが人生、無念なれど一切悔いなし。



この地上に棲むあらゆる生き物のうちで
人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる
人間のみが、自分の運命を築くことができる

行動はいつも幸せをもたらすものではないが
行動なくしては幸せはない

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは、強さの証だ(M.G)

無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、
暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである(M.G)

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ 私は走れるのだ
涙があるからこそ 私は前へ進めるのだ(M.G)


人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

障害者になったからといって、他人の力を借りるしかない生き方だけはしたくない

そんな惨めな生き方だけはしたくない。


たとえ障害者であっても何でもよいから少しでも人の役に立つ人間でありたい


----------------------------------------------------------------------------------------

生死の境をさまよい、ある日突然障害者として生きていかなければならなくなって
、多くのもの(会社だけではなく健常者であれば当たり前にできることや生きる楽しみなど)
を失った絶望感の中で、人間とはな何か、なぜ生きるのか
人類とは何かなどを考えさせられ、人生観が大きく変わりました。
こんな障害者でも社会の役に立つことができないかと考え、下記のような環境技術紹介サイト
を「生きている」健常な右手一本でなんとか作りました。


優秀な環境技術や省エネ技術を持つ日本のモノ作り企業の海外販路開拓をサポートするサイト
http://my-japan.jp



このブログは障害者として生きなければならなくなった自分、そしていつ再出血で死ぬかも
知れないという状況の下で、自分自身がどうやって生きたのかという記録を残しておきたいと
いう気持ちと共に、自分自身への叱咤激励のために書きはじめました。
そして今、障害者ながらエンジニアリング業界の勇士と共にNPO法人を立ち上げることができ、日本のモノ作り企業の海外販路開拓の全面支援をする活動をしています。

そのような活動を続けてきた結果、最近では以下のような脱原発のための再生可能エネルギー活用構想記事まで書くことができるようになりました。

① 2年前に書いた再生可能エネルギー活用構想(太陽光発電+大容量蓄電池+最新型風力発電技術の利用)

② ローテクで実現する脱原発と再生可能エネルギー社会(大容量蓄電池+低温度差発電技術)

③ NASバッテリーを凌ぐ高性能大容量蓄電池 

そして不自由な身体に苦しみ、いつも痛みや痺れに苦しむ事によって
人間が生きる意味について深く考えるようになりました。

そして僕なりに人が生きる意味は、

生きている間にできるだけ多くの人とつながりを持つことだと思うようになりました。

いつかは失うものや老いたときに失うもの(財や命)に生きる意味を求めてはいけない。

人はいつか多くのものを失うのだから、、そしていつか死ぬのだから、、


よろしければ以下のブログ村ランキングボタンをどれか押してやってください。
にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




太陽光発電 ブログランキングへ


私のFaceBookページはこちら



よろしければこちらからメールをください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-16 18:01:50

未だに些細なことができないことが辛い

テーマ:独り言
未だに些細なことができないことが辛いことがある

今日、キーホルダーのリングに鍵をつけようとしていたけれど

そのリングはが硬くて、何度トライしても片手では

取り付けることができなかった。

仕方がないので息子を読んでつけてもらった。

こんな時、未だに辛い気持ちになってしまう。

もう8年近く経っているのににもかかわらず・・・

こんなことすらできなくなってしまったのかという思い・・

半身不随の障害に関しては、乗り越えてきたはずなのに・・

それにしても、我ながら辛いものだと思う。

そういえばこの間、こんな記事を見つけた。

脳卒中と自殺および他の外因死との関連について

やはり、 5年以内が危ないらしい、、

そういえば僕自身も2、3年目は

死ぬことばかり考えていたように思う。

このブログにもその形跡が残っている。

僕は少なくとも「乗り越えた」ように思う。

障害とは受け入れるものではなく

乗り越えるものだとあらためて思うのだ。

やっぱり障害受容という言葉は

僕は嫌いだ。

まだまだ乗り越えるべきことがたくさんある。

受け入れている暇なんか無い!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「独り言」 の記事
2016-06-13 22:04:54

歴史を刻め?

テーマ:独り言
ラーメンで、何の歴史を刻むんだろ?

おもわず、気になって撮ってしまった
どうみても手書きの看板のラーメン屋さん
{4038BED0-0CB5-462D-8460-6400C36C43C6}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-08 23:24:40

僕の生きる姿勢

テーマ:人間について
這いつくばって・・

罵られて・・

蔑まれて・・

見下されても

それでも、目に前にある

やるべき事を

ひとつ、ひとつこなして

生きていく

そうやって

一歩、一歩

着ていくことで、

僕の場合には、

まともに歩くことができないため

ひたすら「待つ」ことによって

次のチャンスが

やっと、見えてくるのでないだろうか

と思いながら、

健常者との時とは比べ物にならないほど、

ひたすらあせらず、我慢して「待つ」ことによって

必ずチャンスが来ると、信じて待ちながら

最近は生きている。

自分勝手な「自分が正しいというような」

判断をして歩いてしまえば、こけてしまうことが目に見えている

だからひたすら「待つ」ということを身に付けることができたような気がする。


どこかの知事のように、おかしなこけ方をしてしまうことによって、

一生、自分に言い訳しながら生きなければならないような

生き方だけはしたくないと思っている。

それでも事業は成功させたい。

ひたすら待ちながら・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-05 22:58:12

女性活躍推進法?

テーマ:人間について
安倍内閣になって女性が活躍できる社会を作らなければならない

ということで

女性活躍推進法なるものができたようだ。

女性の中には、今の日本はまだまだ男性社会だから

女性が活躍できる環境ができていないなどという意見もあるようだ。

でもこれは僕なんかにしてみれば、

単に(自分の努力を怠って)

環境のせいにしているようにしか思えない。


それを言うなら、僕のような障害者のための

障害者自立支援法とか

障害者雇用促進法なんて有名無実になっていると思う。

僕なんて、障害者になってからというもの、

ハローワークの障害者雇用枠に何回足を運んだだろうか。

企業の障害者雇用枠が平成25年度から1.8%から2.0%まで増加させたという。

そのため障害者雇用の関係の転職斡旋会社が

これからは企業がもっと積極的に障害者を雇用するようになるだろうと

言っていた。

しかし実態は、障害者なんてお荷物だと考えているのだろう

「障害者=単純労働しかできない」という観念から抜け出せていないと思う。

僕の知り合いの障害者の人も

かなり大手の会社の障害者雇用枠で就職できたのだが、

入社してみると、かなりひどいパワハラに合い、

すぐに退社になったようだ。

僕にしても、もともと(零細企業だったけど)社長という

いわゆるゼネラリストだということで、

適切な職場がないというようなことも言われたこともある。

それよりも、僕の場合は年齢の問題もある

何度悔しい思いをしたことだろう・・

労働基準法では、年齢制限は違法だけれど、

その実態は年齢制限を明らかにしていると思う。

これはある障害者向け転職会社の社長から聞いた話だけれど

やはり年齢が高い人は、採用はしづらいという。

また、やはり僕のようなゼネラリストは最も採用しないタイプと言っていた。

どちらにしても年齢制限が違法という法律も

有名無実だ。

そりゃそうだ、僕は経営者でも

自分より年齢になって高い人が採用しづらいし、

採用しても使いにくいと思う。

というような状況で、これまで散々書類選考だけで何十社と落とされてきた。

だったら仕方がない

生きるために、再びこんな体でも自ら事件を起こすしかない。

身体は不自由だけど、知恵を使うしかない。

そう思って、今、新たな事業を興そうと企んでいる。

絶対に負けない。

そして環境のせいにもしない。

そのような環境になってしまうことも当たり前だとも思うし、

そんな環境(社会環境)を変えることなんてできやしない。

だったら、自分の知恵で、生き残るしかない。

つまり、自分で、自分にもできる事業を興すしかない。

ぼくはそう思っている。

それに引き換え、やっぱり女性はまだまだ環境のせいにしているように思える。

男性社会だから・・・

いくら法律を作っても実態は違うから・・

そんな事は僕にとってはもう当たり前になっている。

その状況を知恵を使って乗り切るしかないのではないのではないのだろうか

社会が悪いと文句を言っていても、何も変わりがしない。

社会のせいにするのは

(反感を買うかもしれないけれど)まだまだ「甘え」があるような気がする。

そんな逆境をなんとかするのが「知恵」ではないだろうか。

社会が悪いと文句を言っていても、何も変わりがしない。

男性社会なんかに比べれば、障害者から見る「健常者社会」の方が

はるかにハードルが高いと思うのだが、こんな考えは間違いか?

などと、

女性から反感を買うような記事を書いてしまっている僕である・・m(__)m

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-06-04 20:53:56

求める心

テーマ:人間について
人は「求める心」によって生きる苦悩に陥いる

ゆえ、我は正しい見方によって

「求める心」を捨て去れ

そして再び、求める心に執らわれてしまい、

生きる苦悩の中に舞い戻るなかれ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-26 07:08:36

テロが起こるなら大阪、兵庫かも、。

テーマ:独り言
今日から賢島でサミットだ。
賢島は厳戒態勢だから、
もし、テロリストが日本国内に潜入していても、簡単にはテロを実施することは難しいこと明白だ。
もし、僕がテロリストの立場だったら、

やはり、警戒が薄く、しかも、インパクトにある場所を選ぶだろう。
ロンドンサミットでは開催場所はスコットランドだったが、ロンドンの地下鉄が標的にテロが発生した。

今回も、賢島を攻撃するのは難しいし、
かといって、賢島に繋がる名古屋も厳戒態勢、東京はもちろん、世界中の大使館などがあるし、厳戒態勢だろう。
日本人に対して、日本でも、どこでも、テロが起こるぞ、という恐怖を植え付ける目的とすれば、ぼくならやはり、たくさんの犠牲者が出そうな場所で且つ警戒が薄い商業施設を選ぶだろう。
そんなふうに考えると、想定される場所は大阪、京都、神戸、そして、福岡が危ないのではないかと感じている。
案外、僕の自宅近くの西宮北口の阪急系の超大型商業施設である西宮ガーデンズなどという誰も予測もしない場所で起こったりして、、などと思っている。
今日、明日はガーデンズには行かないようにしよう。。(・_・;

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-24 14:08:40

僕が生きていられる理由

テーマ:人間について
僕はこんな体で生きていられることついて、いつも感謝しているつもりだ。

それは人間社会というものが存在して、

そして、人と人とのつながりがあるからだと思っている。

これは決して僕のような障害者だけのことではないとも思うのだ。

人間なんて生きていると言うだけで、

見知らぬ誰かの恩恵をこうむっているものだと感じる。

見知らぬ他人が作った家に住み、

見知らぬ誰かが作った米を食べ、

見知らぬ誰かが作った服を着る

日々の生活に欠かせないありとあらゆるものが

見知らぬ誰かが丹精込めて作ったものではないのだろうか?

通常、人から物を借りれば、

いつかはお礼をつけて返さなければならないものだ。

もしそれが自分では返せないようなものならば、

それに代わるだけの何らかのことをするのが

人間の義理というものであろう。

この世の中に生きていて

自分の目には見えないたくさんの人たちからには

たとえこんな体であっても、世の中に対して、

何かを返さなければならないのだろう。

そんなことを思いながら

今、僕は世の中に何かを返そうと、

水の事業を始めようとしている。

こんな体でも世の中の誰かに役に立つのだろうか。。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-18 16:45:29

強欲な携帯電話会社

テーマ:独り言
今日、をYahoo!オークションで落札した simフリーのiPhoneを

格安simでセットアップしようとしたが、

「simが不正です」というエラーが出てセットアップができなかった

このiPhone 、 simフリーではないじゃないかと思ったので

出品者にクレームのメッセージを入れたところ

すぐにメッセージの返答が来て、すぐに電話をすると書いてきた

出品者は北海道にいるらしい

落札してからの経緯を見る限り、

どうも悪意があるわけではないような気がしていた。

それで電話を取ってみたら、北海道にいる女子学生だった(たぶん大学生)

よくよく聞いてみるとsimフリーと白ロムの違いがわかっていなかったようだ。

つまりsimカードを抜いたものがsimフリーと勘違いしていたらしい。

そしてすぐに返金するという。

僕は、それだったら、ソフトバンクショップに行って

simロックを解除してもらうように提案してみたところ

このiPhoneの契約者である父親が、どうやら居ないらしい

母子家庭の学生の女性のようだった。

IPhoneをオークションに出したのは、生活のためだったのかもしれない

それにしても、今の携帯電話(特にスマホの) simフリーとか、 simロックとか 白ロムだの

赤ロムだの、つけちキャリアが違うとダメとか、とてもややこしい状態だ。

確確かに素人では理解がしづらい状態だと思う。

僕が思うに、このような状態にしたのは携帯電話3社が

解約を阻止しようとして、

こんなややこしいことになっているのではないかと感じている。

いったい、どれだけ儲ければ、気が済むのだろう。

ちょっと前、政府から実質0円も廃止するように決まった。

その時、ソフトバンクの孫正義はこんな苦言を呈した。

「iPhoneは定価では高いから、僕は(実質0円は)いいんじゃないかなという気がする。でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」

僕には詭弁だとしか思えない。

さらに

「実質0円での提供は経営的には負担の方が大きかったが、その負担が軽減されるという意味ではポジティブに捉えている」

などと言っている。

僕にすれば実質0円なんて詐欺的商法だと思っている。

「本当に0円ではなく実質0円」と捉えた場合、ソフトバンクはしっかりともうけるべきところはもうけている、と言っているような気がしてならない。

そしてsimフリーが義務となったときには、 simフリー化するための手続きを

ひどくややこしい状態にした。

ソフトバンクはsimロックを解除する条件として、解約から90日以内と条件をつけている。
しかも、契約者本人のみでないと解除はできないという。

これでは先に書いたような契約者である親がいない(離婚などで)ような場合には

解除はできなくなり、格安simを使うことはできない。

世界的にはsimフリーは常識だ。だったらそんな条件を付ける必要がないではないのか?

要するに、simロック解除の手続きを難しくすることによって

契約解除させずに儲けたい

というだけではないのか?

特に孫正義、いったいいくら資産を持てば気が済むのだろう。

もう昔の貧乏な孫正義ではなく、

強欲が強欲を生んでいるような人間になってしまっているような気がしてならない。

などと感じるのは僕だけだろうか

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-16 23:13:17

人はなぜ生きることに執着するのだろうか

テーマ:人間について
今日、オスカーを受賞したという映画レヴェナントを観に行った。

ネット上には映画のなどでは、様々な評価はあったけれど、

その中で気になった評価を書いている人がいた。

それは

この映画で「何が言いたいのかわからない」

という意見だった。

そんな意見も気になってレヴェナント観てきた。

確かに長い映画だったし、

レオナルドディカプリオの演技も大したものだと思った。

映像も確かに綺麗だった

かなり目を背けたくなるような場面もあったけど

この映画を見て僕が感じた事は、

この映画に何か大きな大義名分のような明確な訴えるようなモノ

2があるのではなくて、

もっと人間の本質とは何かということを考えさせる映画だと

少なくとも僕は感じた

何が言いたいのかわからない

という意見もわかるような気もするけれど、


僕がこの映画を見て感じたもっとも大きな事は

人はなぜそれほどまでに生きることに執着するのか

というようなことを考えさせられた。

あれほどの苦痛を味わいながら

なぜ彼は這いつくばってでも生きようとしたのか?

ストーリー的には殺された息子も復讐のため・・

とか

仇討ちをするため・・

というような

風に捉えることができるけど

僕の感じ方は明らかに違った・・


僕は少なくとも、脳出血によって半身不随になってからというもの

その苦しみから、

正直言って、何度も死にたいと思った。

死こそが、僕にとって最高のこの「苦」から逃れる術だ

とまで思うようになってきていた。

釈迦が言った「一切皆苦」という言葉通り、

生きる事は苦であり、苦しみの連続である

ということに100%同感だと感じていた。

だからこそ、

死こそが生きる「苦」から逃れる術だとも思っていた。

そのため、脳出血後もこの7年間の間に、

どうすれば自死できるかまで

本当に真剣に考え続けていたように思う。

その結果、最高の自死できる術も分かっているつもりだ。

それでも僕は脳出血から7年経った今でも生きている。。

それも実は自分自身でも不思議なのだ。

今回レヴェナントという映画を見て、

その不思議さを再度感じた。

あれほどの苦痛に見舞われてまで

なぜ生きようとするのか、

という点だった。

少なくとも僕は、

人間が自死できるためには

精神状態がおかしくならなければできないとある意味確信している。

どんなに(肉体的に)苦痛があっても

心の精神状態がおかしくならない限り、

人間は自死などできず、

なんとしてでも生きようとすると感じている。

その不思議さを、今回の映画で改めて感じた。

あれほどまでに苦痛を味わいながら、

死ねばその苦痛は無となって

いわゆる「楽」を得られるだろうに

なぜそこまでして「苦」を味わわなければならない「生」

に執着するのだろうか。。

そんなことを感じた映画だった。

そんなことで僕にはひとつの生きる)目標ができたような気がする。

それは、この体で徹底的に生きてみて、

そして人はなぜ生きることに執着するのか

という問題について、自分が徹底的に、

生きられるだけ生きることによって、

追求してみたいと感じている。

その結果、僕の最期の日には

僕自身はどう感じるのだろうか

それでも生きたいと思っているのだろうか

あるいは障害者の体の上に

老いてしまった自分に苦痛を味わい

疲れ果ててしまい。

「やっと、死ぬことができる」

と思うのだろうか?

それを「試してみたい」などと

考えさせられた映画だった。

この映画を観て

こんなことを感じているのは、

多分、世界の中でも多分僕だけなんだろうなぁ。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-09 19:31:55

7年後に上場だ!

テーマ:独り言
7年後に上場だ!

今考えている水ビジネス・・

名付けて「水の自由化プロジェクト!」

ターゲットは上水道・下水道がほぼ完全整備されている日本市場!

知り合いの以下の会社の社長のノウハウを模倣すれば

中央電力株式会社


イケる!

今日は別のブレーンから

バングラデシュに是非導入したいというオファーがあり

そのブレーンは再来週バングラデシュに行くことに決定

ちなみにバングラデシュなんて最貧国でお金なんか無いと思っていたけど

実は富裕層は相当の大金持ちらしい・・武器商人とな・・?



いずれにしても水ビジネスが動き始めた・・

まだ誰も見向きもしないけど

僕は以下の記事を見る限り間違っていないと確信している

仮想水貿易を通じて見る水問題

世界の水資源問題


今は皆、エネルギー問題に注目しているけど、

だけど、しかし、

エネルギーはなくてもなんとか生きていけるが

水がなきゃ人間は絶対に生きていけない・・


もう今回は太陽光発電事業のときのようなヘマはしない。

あれは「儲かる」という邪心から血迷って

自分の欲も悪かったけど

FITの制度設計の本質的欠陥もあったと思う

太陽光発電事業というバブル乗ろうとして

バブルがはじけてコケけた

自業自得だ・・

虫の良い儲かるビジネスなんて世の中には存在しない。



あれから1年7ヶ月もがき続けて

やっとここまで来れた

(キレイ事を言うわけじゃないけど)

僕の目標はお金持ちになることではないはず、、

キチンとした経営をして企業の社会的責任を果たすことだ。

そう僕はここで誓う。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。