このブログは半身不随というの出血の後遺症の障害を現実として正面から受け止め(受け入れるのではない)乗り越え、生き抜くために、日々自分自身に言い聞かせ、高い心のテンションを維持するために書いている自分自身のためのブログです。特に以下は僕自身への叱咤激励であり、自分自身を戒めるため、そして障害を持って生きるという苦しみから逃れ、心の安寧を得るためにいつも心の中で唱えているようにしている言葉です。

-----------------------------------僕自身の心を強く持つために-------------------------------


希望とは世界の状態ではなく心の状態である。 希望、この深く力強い感覚は、
物事がうまくいっているときの喜びや成功が明らかな企業に投資する意欲など
とはまったく異なるものだ。 むしろ、価値があるという理由で働くことのできる能力である。

希望とは体の状態でもない。どんなに苦しい状況であろうと心が破壊されない限り希望は持つことができる。希望を持つことにより人間は「意欲」が湧く。「意欲」は知恵の源泉だ!生きていくための知恵の源泉だから、この知恵の源泉である希望を心から捨てるわけにはいかない。
全人類も希望を持つことにより苦境を脱する英知が発揮できるのだ。

人類が心の中の希望を捨てるということは人類を破滅に向かわせるに等しい。


苦しくても希望をもつための私が唱えなければならない言葉

無私は敵を作らず
無欲は憎しみを作らず
無欲は甘えを知らず
無私は悲しみを作らず
無私無欲は身体的苦痛をも癒す
無私無欲こそ最大の心の平安の根源なり
無私無欲に勝るものなし
しかし無私無欲は無気力にあらず
されど無私無欲は容易ならず。
自ら選んで自ら歩んだわが人生、無念なれど一切悔いなし。



この地上に棲むあらゆる生き物のうちで
人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる
人間のみが、自分の運命を築くことができる

行動はいつも幸せをもたらすものではないが
行動なくしては幸せはない

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは、強さの証だ(M.G)

無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、
暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである(M.G)

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ 私は走れるのだ
涙があるからこそ 私は前へ進めるのだ(M.G)


人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

障害者になったからといって、他人の力を借りるしかない生き方だけはしたくない

そんな惨めな生き方だけはしたくない。


たとえ障害者であっても何でもよいから少しでも人の役に立つ人間でありたい


----------------------------------------------------------------------------------------

生死の境をさまよい、ある日突然障害者として生きていかなければならなくなって
、多くのもの(会社だけではなく健常者であれば当たり前にできることや生きる楽しみなど)
を失った絶望感の中で、人間とはな何か、なぜ生きるのか
人類とは何かなどを考えさせられ、人生観が大きく変わりました。
こんな障害者でも社会の役に立つことができないかと考え、下記のような環境技術紹介サイト
を「生きている」健常な右手一本でなんとか作りました。


優秀な環境技術や省エネ技術を持つ日本のモノ作り企業の海外販路開拓をサポートするサイト
http://my-japan.jp



このブログは障害者として生きなければならなくなった自分、そしていつ再出血で死ぬかも
知れないという状況の下で、自分自身がどうやって生きたのかという記録を残しておきたいと
いう気持ちと共に、自分自身への叱咤激励のために書きはじめました。
そして今、障害者ながらエンジニアリング業界の勇士と共にNPO法人を立ち上げることができ、日本のモノ作り企業の海外販路開拓の全面支援をする活動をしています。

そのような活動を続けてきた結果、最近では以下のような脱原発のための再生可能エネルギー活用構想記事まで書くことができるようになりました。

① 2年前に書いた再生可能エネルギー活用構想(太陽光発電+大容量蓄電池+最新型風力発電技術の利用)

② ローテクで実現する脱原発と再生可能エネルギー社会(大容量蓄電池+低温度差発電技術)

③ NASバッテリーを凌ぐ高性能大容量蓄電池 

そして不自由な身体に苦しみ、いつも痛みや痺れに苦しむ事によって
人間が生きる意味について深く考えるようになりました。

そして僕なりに人が生きる意味は、

生きている間にできるだけ多くの人とつながりを持つことだと思うようになりました。

いつかは失うものや老いたときに失うもの(財や命)に生きる意味を求めてはいけない。

人はいつか多くのものを失うのだから、、そしていつか死ぬのだから、、


よろしければ以下のブログ村ランキングボタンをどれか押してやってください。
にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




太陽光発電 ブログランキングへ


私のFaceBookページはこちら



よろしければこちらからメールをください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-28 21:30:10

自分がいちばん大切なんて虚しい

テーマ:人間について

今日はあくまでもとても個人的な意見なのですが

とはいえ、

このブログはほとんど僕の個人的な意見ばっかりですが・・笑

 

僕は8年前に脳出血になってからというもの
今日までに何回か死の覚悟をしたことがありました。
一つは、このもやもや病の出血をしようというものの病態の事だけど
様々な情報を収集しているうちに出血発症したもやもや病の場合には
再出血をした場合には非常に重篤な状態になる。。。
つまり、今度出血したらこほとんど死んでしまうという事・・
そんなもやもや病に関する情報を知ったことによって
死の覚悟をしたことがある。
もう一つは、
脳出血の前には普通の人よりも、
体力があったと自負していたような僕が
それこそ何もできない体になってしまったことによって

自暴自棄になってしまい
もう死んでしまおうと決意して
死の覚悟をしたときが何度かある。

そんな時、そういう事(死ぬ事)を間近に控えて考えた事は
本当に人間というものは死ぬのだなあということです。

そんな事は知っている
当たり前じゃないか

そのような感覚がいかに現実味のない考えであったかということを
思い知らされました。

体の状態が通常ではなくなり、つまり障害を持ってしまい
いわゆる「通常、当たり前」ではなくなったことによって、
何も障害がないということや、
何も痛くないというようなことが
どれほど奇跡的なことなのか
いやというほど痛感したものです。
ただ、食べることが出来る事、
ただ、歩くことができる事、
そして、明日がある事
そのようなの前に思えることが
どれほど奇跡なのか・・

カッコイイ車に乗りたいとか
豪邸に住みたいとか
大金持ちになりたいとか
アレが欲しいとか

そんな事は何もなくなってしまいます
なんと意味のないものを今まで追いかけてきたのか

そのとき、僕は望んでいたことは
やっぱり生きていたいという事だったと思う
ただそれだけ・・

ほんの少し前までは普通に欲望を持っていた僕なのに
やはり生きていたい、生きていたい・・
ただそれだけ・・
それ以外に何も望まない
ただそれだけだったと思う。

死ぬことを覚悟で直前というものは・・

残す時間が少なくなったとき、
人間は何を考えると思うでしょうか

このような言い方は良くないかもしれない
僕はどう思ったかという話ですから・・

脳出血によって
僕には叶えることができなかった夢がありました。
道半ばで諦めさせられて、、
そう思いながら
このまま死んでも良いのかな?
やらなくて後悔はしてないのかな?

などと・・

しかし、実際には死を前にしたとき
叶えることができなかった夢など些細なことだったのです。
そんな事は、人生の終わりには大して後悔するほどのことではなくなっていたのです。

思う事はただ1つ・・

子供・・・

何の変哲もないことで申し訳ないですが
子供・・
ただそれだけでした。

愛している・・

そんな陳腐な言葉では表現できないような
もっともっと本能的な感覚・・・


自分が消えてしまったあと、遺したいモノ
それは自分の魂の未来であり、魂の希望・・
死ぬことの本当の悲しみは子供の未来が見えないこと、
死ぬ覚悟が出来る事は、子供の未来を生きていけること

 

自分の自由がなくなる?
自分のお金がなくなる?
一番大切なものは自分?

僕の知り合いにもたくさんいます。
一番大切なものは自分と言って
子供を持たない人が・・

 

そんな人は
どこまでいっても、自分、自分、自分、

そんな「自分」というものが
どんなに虚しいものか気付かされます。

そして、

自分より大切なもの
それがどれほど素晴らしいものか・・
子供を自分の未来であり、自分自身でもあると・・

つくづくそう感じます。

これは正しいことではないかもしれません。
子どもを産むことが出来ない人も沢山おられます。
でも、たとえ自分の子どもでなかったとしても
子供は希望であり、未来でもある。
これまで当たり前のように受けてきた様々な恩を
返していかなければならない年齢になったのだなぁと
痛感したものです。

 

それから数年経過した今

僕は今、死んでいません。

ありがたいことです。

 

喉元過ぎればなんとやらで・・
今では、欲しい車もあります。

でも本当に大切なものとは
生きていけるだけの健康があるということが
どれほど奇跡的なことなのか
今日現在時点、明日があるということが
どれだけすごいことなのか

確かに結婚することは大変です
結婚生活を維持することも大変です。
お互いに我慢もしなければいけません。
子供をもつともっと大変です。
自分の時間をたくさん失います。
自分の自由もたくさん失います。

でも
それ以上のものが手に入るのです。

 

しかしそれは死を間近にしないと
ほとんどの人が気づかないことなのかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「人間について」 の記事
2016-09-24 19:23:04

ちっぽけな存在

テーマ:人間について

とっても面白い、個人的には、小さい頃からメチャメチャ興味があった動画を

YouTubeで見つけた。

ぼくにとっては、超掘り出し物の動画だ!

 

 

この動画を見ていると、

 

人類なんて、なんとちっぽけな存在だろう・・・と感じる

 

核兵器廃絶のなんだかんだと世界大騒ぎしているけど

 

人間なんて、

 

そして、地球なんて

 

なんとちっぽけな存在なのかと感じてしまう。

 

それでも人間は、

 

たかだか100年弱の人生を長い人生だのと言って、

 

必死で生き抜こうとしている

 

宇宙から見れば、バクテリア以下の吹けば飛ぶような人間って

 

何だろう・・

 

(人間は)そんなにスゴイのか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 19:18:22

闘い続ける勇気

テーマ:人間について

この世の中は何もかも闘いである。

 

相手を叩き伏せるが、自分が叩き伏せられるか、のどちらか一つである。

 

それは何も暴力や武器を使えというのではない。

 

実際ビジネスのの中でも、暴力や武器などは使わないけれども

 

やっていることは、競合企業を叩き伏せるか、

 

自社が叩き伏せられるかの

 

どちらか一つなのだ

 

自分を信じて、自分を強くしろ!

 

世の中のきれいごとに何かに惑わされて、

 

簡単に人を信じてしまうのは

 

それだけで敗北者になってしまうのだ! 

 

実際、自分が障害者だからといって、

 

この世の中の 70億人という人間の中の誰ひとり、

 

助けてくれる訳ではない!

 

どんなにハンディキャップがあったとしても

 

それは理由にならない

 

ハンディキャップがあっても、相手を叩き伏せるしかないのだ!

 

生き抜いていきたいのであれば、

 

そんな闘い続ける勇気を持たなければならないのだろう
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 17:29:45

恩 恵

テーマ:人間について

人間、生きているというだけで、

 

世の中の誰かの世話になり、

 

恩恵を被っているものではなのか。

 

赤の他人の作った家に住み、

 

どこの誰かも知らない人が丹精込めて作った作物や、

 

命がけで採ったかもしれない魚を食べ、

 

何年も一所懸命育てた家畜の肉を食べ、

 

そして、見知らぬ人が丁寧に一所懸命縫製してくれた服を

 

着て生きている。

 

生きる事に不可欠なあらゆるモノの、

 

ほぼすべて見知らぬ他人が丹精込めて作ったモノだ。


人間、ひとりではからモノを借りられば、

 

いつかは礼を付けて返さなければならない。

 

そしてそれが、自分では返せないならば、

 

それに代わるだけの何か役に立つことをするのが、

 

人の義理というもの。

 

この世の中に生きていて、

 

眼には見えないたくさんの人たちの恩恵を受けているからには、

 

この自分も、こんな身体だと嘆いている暇があれば、

 

世の中に何かを返さなければならないのだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 17:27:26

世の中をつくるもの

テーマ:人間について

世の中には高学歴で天才のように賢い人間と、

 

全くそうではない賢こくない、世渡り下手な人間がいる。

 

でも、賢い人間ばかりでも、世の中はうまくいかないものだと思う。

 

ビジネスにしても、失敗して損をする人がいるから、

 

儲けて得をする人がいるものなのではないだろうか。


儲かる会社ばかりでも経済ばかりでも経済ばかりでも

 

世の中は成り立たないような気がするのだが、

 

これは間違った考えなのだろうか?

 

だから、日本人全てが儲かって幸せなるなんてことは、

 

誰にもできないのではないか。

 

不幸な人間がいるから幸せな人間ができるのではないのか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 17:25:55

挫 折

テーマ:人間について

人生に躓いて、嘆き悲しんでいるような姿を見ると、

 

見ている方までが脱力感に襲われてしまうものだ。

 

これに反して、

 

躓いて転んでも、躓いて転んでも、起き上がってくる人を見ると、

 

自分まで勇気付けられる。こんなふうに感じるのは、

 

きっと、どんな状況であっても、人間は決してひとりではなく、

 

いつも人間同士が相互関係で、繋がっているということではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 17:24:36

甘やかし

テーマ:人間について

可哀想と思う心が、つい甘やかしたくなるものだ。

 

そんなことは子供への愛にはならず、

 

むしろ自分の感情に負けているに過ぎないのだ。

 

子供はそれほど、

 

自分が可哀想な境遇なんて思っていないにもかかわらず、

 

親が自分で自分を甘やかしているに過ぎないのではないのか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 09:28:35

子供を殺す・・

テーマ:人間について

子供を殺すということも、

 

親の大きな愛情の裏返しではないだろうか。

 

そんな行為が正しいかどうかは別にして、、

 

自分の子供の幸せが、絶望だと悟れば、

 

親の深い愛情だからこそ、自分の子供さえも、

 

殺すこともできるのではないだろうか・・・

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 22:44:29

スパイ(諜報活動)も地道で退屈な仕事ができる組織が勝つ?

テーマ:人間について

今日、書いた記事の中で、当たり前のことを当たり前にするという業務もできることが
事業の成功につながる、というような記事を書いたけど、ここでちょっと僕は昔、なるほどと思ったことがある。それは、スパイ小説で有名なフレデリックフォーサイス氏の「オデッサファイル」という小説を読んだ時のことだ。


その中で、当時ソ連に スパイを送り込んだ西側の国がスパイが持ち帰ってきた資料を分析するシーンがあるのだけど、この時の描写がなんとスパイというものは、こんなに地道で退屈な仕事なのかと思ったことをがあることが忘れられない。

 

一般的にスパイと言うと007のジェームスボンドのような特殊な能力があり、危機一髪的な活動をしているのかと思ってしまう人も多いだろうけど、

 

 

この小説を読んで、実はその裏で、彼らが活動する上で大切な分析結果を出すために、何十人何百人という人たちがとてつもなく地道で退屈な資料の分析作業があって初めて活動ができるのだということを認識したことを覚えている。それこそ何万ページにも渡る資料を地道にコツコツと1文字1文字チェックをしながら、分析のキーとなるものを探し出して、それから何十通り、何百通りという推測を出してから何十時間もかけて、地道に最適と思われる推測を絞り込んで行くという仕事をしてくれるようなスタッフがいるからこそスパイという仕事が成功するのだということを・・

 

そんなふうに考えると、決してジェームスボンドのようなカッコイイ仕事ではないと認識したものだ。

 

いずれにしても、ビジネスしろ、諜報活動にしろ、地道で退屈な仕事をコツコツとやりきれるスタッフがいるところが勝つなり、成功するのだろうと考えたりしている。

 

その意味では、新たなビジネスを立ち上げて成功させるためには、アイディアが素晴らしい技術力のある優秀な人間よりも、地道な事務作業をきちんとやってくれるスタッフに恵まれることの方が大切なような気がするのだ。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-22 18:58:51

税金を貪り食う議員が作る法律など守る必要はないのではないだろうか

テーマ:独り言

政務活動費の不正受給が問題になっているが、そもそも使い途が決まっていない金を完全前払いなんかで、渡すこと自体に問題があるのではないか?

民間企業なら考えられないことだ。

常識的に前払いするなら、使途を明確にして、

できる限り必要額を正確に予測してから、

仮払い申請をして、その金額が適正であると了承されて始めて

支払いを受けるのが常識だと思うのだ。

間違っているかな??

 

所詮人間なんて、余分な(使う必要のない)金を持っていると、無駄遣いしてしまう生き物。

そんな欲に勝つという事は相当自制することができる人間でないと難しいものだ。

政務活動費の使い方を正しくすべきと言いながら、誰も完全前払い制の廃止には言及しない。

やはり完全前払い制を取りやめにしたくは無いのだ!

使い道が分からなくても、とにかくお金が欲しいのだ。

こんな欲の塊の税金を貪り食う餓鬼のような議員たちの言うことを聞く必要があるのだろうか?

 

我欲の塊のような彼らが作る法律など無視しても良いような気がする。

そして、無駄遣いされてしまうような税金も払う必要がないような気がするのは僕だけだろうか

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。