このブログは半身不随というの出血の後遺症の障害を現実として正面から受け止め(受け入れるのではない)乗り越え、生き抜くために、日々自分自身に言い聞かせ、高い心のテンションを維持するために書いている自分自身のためのブログです。特に以下は僕自身への叱咤激励であり、自分自身を戒めるため、そして障害を持って生きるという苦しみから逃れ、心の安寧を得るためにいつも心の中で唱えているようにしている言葉です。

-----------------------------------僕自身の心を強く持つために-------------------------------


希望とは世界の状態ではなく心の状態である。 希望、この深く力強い感覚は、
物事がうまくいっているときの喜びや成功が明らかな企業に投資する意欲など
とはまったく異なるものだ。 むしろ、価値があるという理由で働くことのできる能力である。

希望とは体の状態でもない。どんなに苦しい状況であろうと心が破壊されない限り希望は持つことができる。希望を持つことにより人間は「意欲」が湧く。「意欲」は知恵の源泉だ!生きていくための知恵の源泉だから、この知恵の源泉である希望を心から捨てるわけにはいかない。
全人類も希望を持つことにより苦境を脱する英知が発揮できるのだ。

人類が心の中の希望を捨てるということは人類を破滅に向かわせるに等しい。


苦しくても希望をもつための私が唱えなければならない言葉

無私は敵を作らず
無欲は憎しみを作らず
無欲は甘えを知らず
無私は悲しみを作らず
無私無欲は身体的苦痛をも癒す
無私無欲こそ最大の心の平安の根源なり
無私無欲に勝るものなし
しかし無私無欲は無気力にあらず
されど無私無欲は容易ならず。
自ら選んで自ら歩んだわが人生、無念なれど一切悔いなし。



この地上に棲むあらゆる生き物のうちで
人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる
人間のみが、自分の運命を築くことができる

行動はいつも幸せをもたらすものではないが
行動なくしては幸せはない

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは、強さの証だ(M.G)

無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、
暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである(M.G)

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ 私は走れるのだ
涙があるからこそ 私は前へ進めるのだ(M.G)


人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

障害者になったからといって、他人の力を借りるしかない生き方だけはしたくない

そんな惨めな生き方だけはしたくない。


たとえ障害者であっても何でもよいから少しでも人の役に立つ人間でありたい


----------------------------------------------------------------------------------------

生死の境をさまよい、ある日突然障害者として生きていかなければならなくなって
、多くのもの(会社だけではなく健常者であれば当たり前にできることや生きる楽しみなど)
を失った絶望感の中で、人間とはな何か、なぜ生きるのか
人類とは何かなどを考えさせられ、人生観が大きく変わりました。


このブログは障害者として生きなければならなくなった自分、そしていつ再出血で死ぬかも
知れないという状況の下で、自分自身がどうやって生きたのかという記録を残しておきたいと
いう気持ちと共に、自分自身への叱咤激励のために書きはじめました。


そして不自由な身体に苦しみ、いつも痛みや痺れに苦しむ事によって
人間が生きる意味について深く考えるようになりました。

そして僕なりに人が生きる意味は、

生きている間にできるだけ多くの人とつながりを持つことだと思うようになりました。

いつかは失うものや老いたときに失うもの(財や命)に生きる意味を求めてはいけない。

人はいつか多くのものを失うのだから、、そしていつか死ぬのだから、、


よろしければ以下のブログ村ランキングボタンをどれか押してやってください。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



Shunsuke Okashita






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-19 16:25:26

自動車メーカーの無資格者検査の何が悪い

テーマ:人間について

昨今、日産やスバルなどの自動の最終検査で

無資格者による検査が問題になっているようだけれど、

無資格者が検査して何が悪いのか僕にはよく分からない。

 

なぜなら、僕はかつて某大手化学メーカーで製品研究開発や

その試作品の「検査」などの仕事をしていたけれど、

 

当時、その企業の検査部門では、(試作品ではない)本生産品の

最終検査をしていたけれど、その検査部門のスタッフは

皆パートタイマーの検査の内容に関しては素人ばかりだった。

でも検査手順や検査機器の使い方などのキッチリとした手順書が

あり、その手順書通りに検査を行えば、たとえ、初めての人でも

(正しい)検査を行うことができており、製品には何も問題は

出ていなかった。

 

そのように、素人でも出できる正しい検査手順書さえあれば

何も「その道のプロ」なんて必要無いではないのか?

 

もちろん、正しい「検査手順書」通りに検査をした結果データを

「改ざん」することはいけない。

 

かつての三菱自動車のような燃費偽という燃費データの「改ざん」

はいけない。なぜならそこには、「嘘」があるからだ。

 

しかし今回の日産やスバルなどの自動の最終検査で無資格者による

検査で、何もその「素人」が「データ改ざん」をしたわけではない。

 

だったら、たとえ素人が検査をしたとしても

(素人が検査しようが、子供が検査しようが)

検査基準に適合した製品(自動車)が出荷されるのだから

何も問題はないのではないのか?

 

もちろん、神戸製鋼のようにデータ改ざんは絶対にいけない。

だから、日産やスバルの検査方法の何が悪いのか

さっぱり分からん。

 

少なくとも僕は、かつてメーカーの技術者の人間として

ものづくりで大切なことは、

誰が作っても同じ品質の製品ができる仕組み作り

こそが大切で重要なことだと思っている

それこそが現代の大量生産方式の要ではないのか?

もし、誰が検査をしても間違いのない検査ができる仕組み

を作っていたとしたら、それを無資格者がやろうが

何の問題もないのではないのか?

 

 

ただ単に、マスコミが、神戸製鋼のデータ改ざん事件と

一緒くたにして煽って、騒ぎを大きくしているだけにしか思えない。

マスコミの記者はメーカーの本当の現場を知らずに

記事を書いているようにしか思えないのは僕だけか?

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「人間について」 の記事
2017-11-12 23:23:12

今日よりも明日の方が良くなる?

テーマ:人間について

現代は第二次世界大戦後の

昭和の日本の時代のような、

「今日よりも明日の方が良くなる」

という「希望」を拠り所にして

生きる事が難しくなっているのではないだろうか
 

これまで当たり前だと思っていた

平和で安全な暮らしが

実は

 

ギリギリの危うい瀬戸際で

かろうじて保たれていたのだ


ということに皆が気づき始めている

と思うような世の中になってきたのではないか。

そんな中で、


もう工業や最先端技術や

最先端医療等のような

そんな文明の力に頼った価値感では

生きていくのは困難だということにも

気付き始めているのではないだろうか


そのため、みな、拠り所がなくなり、

みな、苦しんでいるような気がする

だからこそ、

人間が生きていく上で

本当に拠り所になるものは何か

何を生き甲斐にして、

生きていけば良いのか

といったような根源的な問題が

私達人間に問いかけられているの

ではないだろうか

などと、


自分自身の脳卒中の

後遺症がどんなに最先端の医療でも

やっぱりどうにもならないんだ

と気付き始めたから

そんなことを考えているのだろうか


所詮、人間なんて、

老いも病も、そして死も

どんなに最先端の医療を駆使しても

どうにもならないことを

実感として

感じ始めている僕がいる
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-11 21:33:16

机上の空論

テーマ:人間について
みんな、 

見たり、聞いたり、

勉強なんかで、知った事を

まるで自分は分かったつもり

になったりするけど

そんなものはなんの役にも立たない

人間はみんな、自分が火傷してみてから

初めて、火が熱いって事が

分かるもんなんだろう

誰も何にも知らないんだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-11 00:26:12

勇ましさ

テーマ:人間について

自らの面目や意地やプライドを守り


自らの高い志を達成する為に


敵対する相手を負かし、倒し、


そして勝つという姿は


勇ましいく感じるものだと思う。



しかし、本当の勇ましさとは


実は辛抱と堪忍のなかにあるのではなかろうか


生きているかぎり、


仕事でも、私生活の中でも


屈辱と恥辱に


耐え忍ばなけりゃいけないことばかり


のような気がする


本当に社会やそれぞれの私生活を支え、


盛り立てているのは


こんな屈辱と恥辱に耐えている


辛抱や堪忍をしている人びとでは


ないだろうか。


こういう人の目に付かず、


名もあらわれないところで


辛抱し耐え続けている人びとが


いなければ、


社会も、私生活も


成り立たないのではなかろうか


もっと言えば


こういう勇ましさとは縁のない


堪忍や辛抱という


一見、


大きなエネルギーには見えない


ような、そして、側から見たら


決して大きくは見えない


ひ弱そうな人たちの辛抱や堪忍という


力こそが


実は大きな力となり、


社会や私生活さえも


支えているエネルギーに


なっているのではなかろうか


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-07 21:51:28

能力の高い低い

テーマ:人間について

これまで、生きて来て、


身に付いた頭の能力や


身体能力の


高い低いは今更どうしようもない


けれど、


精一杯、


ごまかしのない、


うそ、偽りのない


生き方をこれからはしたい


それだけが僕が人の為に


できること。



どんなに愚かだと言われても


精一杯、


ごまかしのない、


うそ、偽りのない


生き方を


僕はしたいのだ。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-11-07 20:57:57

僕が離婚しないわけ 愛なんかよりコミットこそが大切だと思うから

テーマ:人間について

近頃は、離婚する輩が異常なほどに多くなってきた。

そういうヤツに聞きたい

結婚したときに
いわゆる「誓いの言葉」をお互いに交わさなかったのか?


「誓い」のことを欧米では(英語では?)

コミットメント(以下コミット)という


欧米でいうこの「コミット」という言葉は、識者によれば

「神様と約束する」ということに由来しているそうです。

和訳の単に「約束をする」ということ以上の重みがある言葉なのです。

そのため約束というよりは自分自身の一生、

もしくは命を懸けた「誓い」であるわけです。

例えば結婚式におけるいわゆる「誓いの言葉」というものは、

キリスト教の「神様と約束する」であるわけなので、

本来前述ようなコミットとほぼ等しい意味合いをもっており、

お互いに配偶者に対して、

自分自身の一生、もしくは命を懸けた「誓い」であるわけです。


僕も家内に対してこのコミットをしたつもりである

だから

 

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、

悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、

これを敬い、これを慰め、これを助け、

その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」



という問いに対して

誓うと僕はコミットしたわけである。

だから、相手がfどんなに変容しようとも

命ある限りこの誓いを守るべきなのである

 



愛がある限り・・

などという輩も少なくないけれど

愛なんて所詮変わるものだと
 

もちろん欲望も変わる


僕は思っている

愛なんて所詮は、諸行無常なもの


だって人間の移り変わりの激しい心のことだから・・

欲望だって、すぐに変わる

 

欲望は満たされるとすぐに違う欲望に変わると思っている

 

僕はこんな人間の性質を

 

「飽きる性質」だと考えている

 

どんなに美味しいたべものでも

 

人間というものは必ず「飽きる」ものだからだ。

 

どんなに美人でも

 

どんなに美男子でも

 

人間はその美男・美女に「飽きる」ものだ。

だから、

 

永遠の愛などと偽りを言うから

「飽きて」離婚になるのだと思う

愛なんて所詮、諸行無常なモノで

コロコロ移り変わるものだから・・

だから僕は愛なんかよりも

はるかにコミット(約束)することの方が

大切だと思う

だってコミットさえしていれば、

たとえ愛がなくなってしまったととしても

コミット(約束)は守りゃなきゃいけないから・・

 




愛なんてすぐにコロコと変わるのは

 

仕方のなことかも知れないけれど

人間であるならば、

 

コミット(約束)を破ることは

人最低だと僕は思っている


だから、障害者になってしまった今でも

かつて、コミット(約束)したことを

守ろうと必死なのだと思う。


でなければ今頃は

とっくの昔に別れていただろう

これからもコミット(約束)だけは

守りたい
 

少なくとも自分に対しても

コミット(約束)したのだから・・

自分への約束だけは破りたくないから

永遠の愛なんて存在しないことが
 

分かっているからこそ

コミット(約束)したことだけは守りたい。

世間の離婚はバツイチとかバツ二とか

なんだか自慢げに話すヤツが知り合いにもいるけど

そんなヤツは約束を破る人間だと思うから

最低な人間だと心の中では思っている

だってこの世の中、約束事で成り立っているのだから・・

某国は「最終的かつ不可逆的に解決」したその翌年には

約束を反故にするような事を言い出しているから

どの国にも信用されないのだと思う。

そんな人間に僕はなりたくないから

何が起ころうとも

相手が変わってしまおうとも

コミット(約束)したことだけは守りたい。

そう、

約束を守りたいだけのこと・・

 


愛などというもので人類は平和にはならない

 

平和は約束事を守ることでしか


得る事はできない。

 

怒りも同じである

怒りもコロコロ変わる人間の心の有りよう

 

人間のが怒る瞬間は他愛ない事で怒りの灯火に火がつくもの

 

そして厄介なことに「

 

怒り」という人間の心は

 

増幅するという性質を持っている

 

「怒り」のことを考えれば、考えるほど

 

その「怒り」は増幅し、

 

次第に周囲まで焼き尽くす

 

そんな「怒り」に満ちあふれているときに、

 

たとえ「復讐」したとしても

 

その「怒り」の炎を消すことはできない

 

それほどに人間の心は

 

移り変わりが激しいものだと思う

 

だから、「愛」などよりも

 

はるかに「約束事」の方が大切なのだと思う。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-04 13:24:18

言葉は不要

テーマ:人間について
日本人的で世界には通じないと
言われるかも知れないけど

どんなに言葉を尽くしても
どんなに大きな声で言葉を話しても
伝わらない人には伝わらない

でも、どんなに無口でも
表情や行動の方が伝わることもある

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-04 11:44:57

所詮はあかの他人

テーマ:人間について

この間の記事で書いた事に関係する話だけど、
夫婦なんて、

 

所詮は血の繋がりも何もないあかの他人。

そんな人間同士が一つ屋根の下に過ごすのだから、

摩擦があって当たり前。

最近、不倫なんだとどこも騒がしいけれど
あかの他人で価値観もち違う人間なのだから
愛だなんて、最も信用できないモノを
頼りにしている方が悪い、

もし、そんなあかの他人同士が

一緒に何かするなら、
契約書などを巻くべきではないのか

どうしても、不倫が許せないなら
その契約書に、企業同士がパートナー契約を締結するように

ライバル企業との「取引」は禁止するといったような

ライバルの異性との不倫は禁止する、

というような条項を設けて、
もし、その条項に違反した際には、

なんらかの罰則を設ければ、

それで済む話ではないのか?

今の時代、「婚姻届」という曖昧な

暗黙の了解のようないい加減で不明確な

婚姻契約を結んで
愛などという最も信用できない、

人によって捉え方が違うものを当てにするから、
後々、そんなつもりじゃなかったと
ドラぶるのではないのか

しっかりと明確な文言で契約を結んでおけば
その契約(約束)を破った側が悪いと明確になり
罰則も明確になり、

おかしな泥沼化しなくなるのではないのだろうか

こんな考え方はおかしいと言う人に限って
平気で契約破棄つまり、約束を自己正当化して
破るものだと思うのだが、、

愛なんて、少なくとも僕は親子の愛以外には

信用することはできない。

そのような親子の愛でさえも、

最近の親子には虚像になってきていると感じるのだから、

あかの他人への愛など信用しろと言う方が無理なのではないのか。

やはり、契約を締結する事が最もわかりやすく
トラブルを減少すると思うのだが、、

もし、そうするなら結婚時の

いわゆる誓いの言葉を紙に明記して、

お互いに血判を押印すれば良いのではないのか

キリスト教の神との約束を記載してある

新約聖書や旧約聖書のように

結婚も契約書を曲けばよい

それでも約束が守れない
いい加減な人間同士なのだから

あの鳩山総理がオバマ大統領に

米軍基地の移転について
「トラスト・ミー(私を信用してくれ)」と

言ったことを全く守れなかったことをみても
「心の信頼」といものが如何にいい加減のものかが分かる

なぜなら、人間の心ほど無常なものはないからだと思う
人の心なんて無常で、ちょっとした事で刻々と変わるものだ

そんないい加減な人の心を縛ることができるのが
法律であり、契約なのではないかと思う
だからどこの国でも憲法という法律あり
それを柱に人間同士がまとまることができるのだと
少なくとも僕は思うのだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-04 07:57:56

僕も「自然死」というものをしてみたいけど、できるかな?

テーマ:人間について

それにしてもすごい「自然死」

 

以下の動画は以前もこのブログで紹介した中村仁一先生という医者が書いた著書である以下のような

「大往生したけりゃ、医療と関わるな」といった挑戦的なタイトルの本を書いた医者である。

 

 

その先生のYouTubeの動画を偶然見つけたのであらためて、以下に紹介しておきます。

 

 

この先生の書いた本を読んだときには、本当に癌になった際に

「放置」することができるのだろうか、とも考えていたし

「放置」することで本当に安らかに死ぬことができるのだろうか。
この本がベストセラーであるという事なので

この本の評価について調べてみたところ

やはり異論を持っている人はかなりいるようだ。
そうした人たちの中には、この先生はかなり高齢のお年寄りを

診ているだけなので、癌で苦しみがあったとしても

お年寄りだからわからないだけじゃないかといったような

意見もあった。ぼくも確かにそうかもしれないと思いつつも

以前このブログに紹介をしたところ
なんと次の記事を見て、実際はこの先生に家族を診てもらった人から

メッセージが来た。だから僕は前述のような疑問をぶつけてみたところ

「本当に、枯れたような状態でしたが、穏やかな最期でした」といったような

返事をもらったし、さらに癌の痛みについても、年寄りだから分からないのではないか。
といったような質問をしたところ、 「もしそうであれば、苦痛の表情くらいはあったはず、

しかしそのような表情は一切見せずに穏やかな最期だった」という返答だったので

正直びっくりしていると同時に、本当かもしれないとも思うようになっている。

 

それにしても、

もし癌を放置することの方が穏やかに死ぬことができる

といったような事を、医学的に証明できたとすれば、おそらく様々な方面から

その結果を潰しにかかられるのではないか、と感じた。

なぜなら、特に製薬メーカーは癌の治療薬(抗がん剤)は

いわゆる「製薬会社にとってのドル箱」だから・・・

最近発見(開発?)された、免疫チェックポイント阻害剤という

革新的な抗がん剤のオプシーボにしても、その薬価は

なんと、100mgあたり73万円!

1人あたり年間で3500万円かかる!

という。

 

なぜこれほどに薬価が高額なのかよく分からないけれど、

これtだけ高ければ、製薬会社にとってはまさにドル箱の薬だろう

 

前述のような治療薬(抗がん剤)を使わない方が

安らかに死を迎えることができるということであれば

売れなくなってしまうことは明らかだとも思う

そのようなことからも、このような製薬会社の方面からも

そのような証明

(治療せず放置した方が苦しまず安らかに死ぬことができるという証明)

は潰しにかかられる事は目に見えてると僕は思う。

 

もし、そのようなことが本当であったとしても

なかなかその事を認め実践できる人は少ないだろうと思う

ここまでこの先生は言っていることの「裏付け」は取れたのだけれど

現実に、もし自分が癌と診断された際に

放置してくれと言えるだろうかまたその診断をしたい者が

放置を許すだろうか。

おそらく難しいだろうなと僕は思いつつも

この先生が書かれた次のような書籍を見つけたので

今この書籍を読んでいるところだ。

 

 

を多分僕はこの先生の言っているようなことが

どうしたら実現できるのか知りたいのだろう。

なぜなら

ぼくはこの障害者という体で今を生きているのが辛いからだろう。

この先生の本を読んで、僕が強烈に印象に残った言葉・・

 

それは

 

・最先端医療といい再生医療いい、所詮「老いて死ぬ」という枠内の話です

 

・釈迦が気付いた生、老、病、死が「苦」で、このような人間の思い通りにならないものと

いうものは 少しばかり、医学が発達したからといって変わるはずもない

 

この二つの言葉が僕の心に焼き付いた言葉でした

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-11-03 22:02:15

傑作 僕のツボに嵌まったゆるキャラ 「メロン熊!」 

テーマ:戯れ言

今日、知り合いから教えてもらい

 

僕が抱腹絶倒してしまい

 

僕のツボに嵌まったゆるキャラ

 

ご存知の人多いのだろうけど 

 

僕が初めて知って、

 

思い切り受けてしまった

 

世界最高に恐ろしいゆるキャラ

 

北海道夕張市のゆるキャラ

 

その名も「メロン熊!」 

めちゃめちゃウケた(爆笑)

 

↓実に恐ろしい!

 

 

財政破綻した夕張市としては

 

とにかく目立てばそれでよかったのかもです。

 

そう考えると

 

なんとなくさみしそうな「メロン熊」

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。