そうじかよ!

テーマ:

というわけで,久々に自宅兼事務所に戻ってくればお片づけ.まぁ,今日は結局雨降ってるし.


事務所も兼ねてるから当然生活必需品以外のものが溢れているわけで,それらの収納スペースを捻出するのはすごーく大変なのである.書籍もチラ見で積読状態になってるのも多くて,まぁ,必要だからしゃーないんだけど,どうしたらいいのだと,最近呆然としてしまう時もある.


器材については趣味も兼ねてるのがあるからまったくもって捨てるに捨てられないものが多いたらなんの.

いっそ,この趣味やめるかー,なんて思っても仕事で使う必要性が高かったりするから捨てるに捨てられない.


はぁ,こんなことに時間を取られていては・・・と思いつつも片付けの日々は続いていくのかなぁ.そうなってくると自宅のすぐ側に事務所が欲しいなぁなんて思うが,収入から考えるとそれは夢のまた夢だなぁ.

AD

しゃーないなぁ

テーマ:

なんと!久しぶりに自分のブログを見て驚いた!昨年11月以降,書き込みサイトを変更してこのブログはほとんど閉鎖状態(たまーに覗いたりしてたけど)だったのだ,なんだか知らないが訪問者がいるようだ.

どんな人が訪問してるのか知らないが,まぁ,せっかくだから近々再開することにします.

AD

内業内業内業!!!

テーマ:

 あー,だるい.楽しいばかりではない現地調査であるが,確実に楽しくないのが戻ってきてからの調査票の整理,サンプル整理とかである.時間が超~あればやるんだけどな,ふん!って時間があればあったで,実はなかなかやらないのである.しかもなぜか!そーゆーのやったほうがいいぜぇって時に限って天気が良く,とても大人しく内業なんてやってらんないのである.あーもう.

 

 と,いつもはなってしまうのだが,今回はやりましたぜ!足掛け4日,労働時間としたらまぁ20時間位だったから,普通に働きに行ってる人よりは少ない.まぁ,よく考えたら,天気がよかろうが悪かろうが,普通の人は普通に働いてるんだから,その程度の我慢,頑張りで済んでしまったのだから,ちょっとすまぬすまぬという気にもなる.


 ま,そうは言ってもこちとら自転車操業っすよ!油断のならない毎日を過ごしています(笑).

AD

 電車,特に新幹線や,飛行機なんかの乗り物は座席が指定されるので,一人で行くときなんかは隣に来る人はどんな人なのか冷や冷やもんである.隣がどーゆー状態であるかで,快適度が大きく左右されるからである.


 今回,私は岡山まで新幹線で行きました.ざっと4時間弱の移動時間です.


 経費節約のため,のぞみ号ではありましたが,自由席で.某若手議員がこれみよがしに自由席に乗ったみたいな記事を読んだんですが,普通の人は自由席ですよ.グリーン車なんて通ったことしかありません.ちなみに飛行機のファーストクラスも乗ったことはありません.ファーストクラス,エコノミーのトイレがふさがってたから,それならばと入ろうとしたら,CAにダメだしされました.なんだかなぁ~.


 最近知ったんですが,のぞみ号,自由席あるんですね・・・.

まぁ,ひかり号が実質なくなりつつあるようなスケジュールで運行されているのぞみ号,それが指定のみ,なんつってたら,てめぇこのやろうで暴れる人,沢山出るだろーからなぁ.


 さて,岡山への集合時間は特に決められていなかったので,のんびり適当に行こうと,適当に空いてるのぞみ号に乗ればいいやと,昼過ぎに東京駅へ.


平日の真昼間,そんなに人はいないだろうと思ってびっくり!いるんですねぇ.ビジネスマンは昼だろうが,夜だろうが大変です.ざっと見て20人以上は一つのドアに並んでいる.う~む.


私は今回,バックパックをやめてダイビングで使うタイヤのついた器材バックにしたわけで,大変な大きさの荷物なわけです.であるからして,出来れば車両の一番後ろ,つまり荷物をすぐ近所に置いた状態で座っていたいわけなんですわぁ.

と思ったところで,だーれもわかりませんわなぁ.


 さて,いよいよ乗り込み.空いてる空いてる.まぁ,20名程度じゃあね,次から次へと人が入ってくるわけだし,早く奥へ行きなさいよとばかりに入り口手前の席は空いてるわけよ.


で,3人がけシートの通路側をゲット.よし,これで後は俺を岡山に運んでくれればいいぜぇ,とくつろぎ始めるやいなや,気のせいかな?時々,なんとも言えない変な臭いが鼻につく.


ん~?シートかなぁ,と臭いを嗅ぐも特に臭いはない.


が,時々臭ってくるのだ.


隣のシートは空いているのだが,窓際には男が座っていた.ちょっと太めで,ナニやらポロシャツに汗染みなのか,なんか妙に汚いっぽい.


あいつかぁ・・・.


まぁ,汗臭いっつーのは,まぁ,仕方ない・


しかし!そいつはなにかと俺をじーっと見てるのだ.ジュースを飲めば,じーっ.携帯メールを打てば,じーっ.席を立てばその動きに,じーっ.


・・・なんだ!ちみは!!ホモか!!


決して俺が自意識過剰なわけではない.視界の隅っこのほうで奴の視線を感じる,いや見えるのだ.


臭い攻撃に加え,更に視線攻撃かよ!!


 しかし,当日の「のぞみ号」は昼間にもかかわらず大変混んでおり,僕の隣の席は何度となく埋まり,そのたびに臭いを遮ってもらうことが出来ました.が,当然その真ん中の人は,臭い攻撃をモロに受けるわけで,まぁ,一人として一駅以上座り続ける人はおらず,駅へ停車するたびに住人は変わって行きました.

カウンタック

テーマ:

最近,ヤングジャンプという雑誌で「カウンタック」という漫画が連載されています.

先日の土曜日,用があって大月方面へと中央高速道路を走っていたら,カウンタックに遭遇した.しかも2台.1台目は石川SA辺りで発見し,随分ゆっくりと走っていたため,あっちゅーまに追い抜いてしまった.2台目は八王子インター通過の際,横から追い抜いていった.さっき見たのと同じ赤色だったので,突然300km(実際はそんなに出ないみたいですけど)で走ってきたんか!?思ったが,バンバープレートが違っていたのですぐに別ものだとわかった.


カウンタック


カウンタックそのものは年に数回見るが,2台いっぺんに見てしまうってのは初めてだ.小学生時代にスーパーカーブームを過ごしたオイラにとっては大興奮な出来事である.小学生んときだったら赤色ワーゲンなんかの比じゃなく,ヤバイぐらいラッキーなのだ!

そんなわけで,カウンタックは100km前後で流していたので,じっくり眺めようと暫く追走した.う~む,いつ見ても凄いのである.マイナーチェンジは繰り返されているが,基本デザインは1970年当時と変っていない.もう30年以上も前ですよ!が,全然古さを感じない!

今回見たとき,なんかダイビングでゆーと,


どうでもいい魚の群れに突如ナポレオンフィッシュが現れた


そんな感じがした.実に優雅な走りっぷりである.


そんな風に思いながら抜きつ抜かれつで,談合坂SAに入った.ドアが開くとこを期待したのだが,なんと見失った!と思ったら,随分前に抜いた1台目のカウンタック登場.

見ましたよ,「ぷっしゅー」とドアが開くとこ!出てきたのはホリエモンみたいな男と,その彼女.まぁ,乗ってる人には全然興味はないが,折角だから近くによって車体をじっくり見ちゃいました.すっげぇ低いっすねえ.コクピットなんてほとんど寝てるみたいなカッコだし.

 だけど,なんかプラモみたいっすねえ,ってちょっと思ったのも確かです(笑).

カウンターアソールト

テーマ:

昨日書いてた熊撃退グッヅの一つで取り上げた「カウンターアソールト」,これがどんなものかわからない人に説明するの忘れてた.


カウンターアソールト  2

上が噴射前の状態で,下のように上部にあるストッパーをはずしてスプレーを噴射する要領で目標物に向けて上の部分を親指で押し噴射する.


噴射されるのは唐辛子成分のカプサイシンを濃縮したもので,たしかにこれが目やら鼻につけば相当なもんでしょう.経験ないですか?唐辛子切ってて,手に成分がちょっと付いた状態でうっかり目を触って大変な目にあったこと.


確かにこれを持ってると,何も持って無い状態よりは精神的に安心感がある.しかし,実際やばい事態になったとき,これがうまいこと目標物に当たらないんでは・・・と,不安要素もある.


まず,射程距離.6~9mとある.突進してくる熊に対し,失禁した状態でちゃんと目標に向けることができるか?6mっちゅーたらすぐ目の前っすよ!

それと風向きにも注意しないと.うっかり風下にいたら大変!目標に飛ぶどころか自分に!うぎゃー!まぁ,のたうち回る人間見て熊がどう思うかですけど,多分面白がるんじゃないかと.


ま,一番の問題はこれが実際に発射するのか?ですね.昨日書いたけど,「てい!」と発射体勢したにも関わらず,「ぷっす~」だと,あわわわわ,ですぜ.


 そんだから,事前にテストせよと書いてあるのだが,持って行く度にテストしてたら,本番前に無くなっちゃうんじゃないかなぁ.

袋ナガサ

テーマ:

ナガサ

「ナガサ」・・・と聞いてそれがなんなのかわかる人はアウトドアライフの通である!と勝手に思う.


今年の8月,ここ数年仕事で通っている秋田の阿仁前田の鍛冶屋で作っている「ナガサ」を思い切って購入した.

秋田へ通い始めた2001年から存在は知っていた.鍛冶をしてるところも見た.しかし,結構いい値段するのと,そんなデカイナイフは自分にとってあまり実用的(包丁としても使いたい,なんて最初は考えていた)ではないのではないか?ホントに使うんですか?既にBUCK社のナイフで結構デカイの持ってるけど,自宅で肉切ってみたことしかないだろう・・・等,自分で購入に踏み切らないように理由を次々挙げては買うのを躊躇していた.


しかし,このような購入スタイル,今回に始まったわけではなく,買うまでにちょっと時間が必要ってのは僕のモノ購入スタイルでよくあることだ.何回も見に行く.別にそれを購入する金が今ないから買わないのか,ってゆーとそーゆーわけじゃーない.なんていうんですかねぇ~,ちょっと泳がす(笑)?ホントはすげー買いたいんだけど,それを見透かされるのが悔しい・・・,みたいな.アホや,書いてて意味わかんねーと思うんだから,これを読む人もだいぶ意味わかんないかもしれない(笑).


しかしそうなのだ!!だけど,この「泳がし」で購入のタイミングを逃す,つまり他の人に買われてしまって,しかももう手に入らない,ってのもたびたびあるから困る.そんなものは結構しつこくあんとき買えばよかった!っていつまでもいつまでも思ってたりするんだから,そーゆー経験をだな,ちゃんと生かして,買いたいと思ったらすぐ購入しなさい!「はい!わかりました!」と,とりあえず買ってみるって時期もあった.しかし,大概その手のものは結構いらなくなってたりするから,その気持ちがブラフなのかどうかはやっぱある程度の泳がせ期間が必要なのだ.


この「ナガサ」も,秋田の,しかも仕事じゃなかったらわざわざ行く可能性は低いところに売ってるんだから,記念にとか,そーゆーんで買っててもおかしくないはずなんだが,やはりレイの購入パターンで迫っていった.聞くと,この3代目の鍛冶屋さんは今現在跡継ぎがいないらしくて,この代で終了らしい.おー,もう手に入らないかもしれない!それも購入へ踏み切る重要なポイントだったが,まだまだ我慢の子であった.


しかし,今回なぜ購入へと踏み切ったかというと,それは今年調査で通っている北海道の現場の影響である.北海道への調査は何も今回が初めてってわけではない.それまで仕事じゃなくても何回か行ったことはある.しかし,今年調査で行っている場所はヒグマの目撃情報が多々あり,これは万が一最終的になんとかしなくてはならないときに丸腰ってのはどうにもイヤ!と思ったからなのだ.まぁ,現場に入るときは「カウンターアソールト」という,唐辛子エキス濃縮の熊スプレーというのを持っているのだが,いざ噴射!って時に「ぷっす~」で出なかったらどうするのだ!という心配が沸いてきたのだ.そうなった場合,丸腰だったらどうするのだ!男なら少しは抵抗したいではないか!!!


はぁはぁぜーぜー


という思いもあり,まぁ,一応お守りみたいな意味も込めて今年ついに購入に踏み切りました.購入した大きさは7寸.一番デカイのは9寸半もあるが,まぁ,無難なとこで.ラッキー7だし(笑)まぁ,実際,ナガサを鞘から抜くような,そんな最悪の場面に遭遇しないように努力はしますよ,努力は!!


だけど,やっぱ男はこうゆーの好きだよなぁ,買った翌日,秋田の山奥へ釣りに行ったんだけど,一応腰に下げちゃいました(笑).


 にしても,つい2週間前にこの秋に行く現場近所でヒグマに襲われて死んだ人が出たって聞いてしまったので,ホントに安全管理はしていかないとマズイと思う今日この頃です.

お風呂で練習

テーマ:

 明日からサクラマス調査.こんなブログを書いてる場合じゃなく早く寝ないとなんだけど・・・.


 調査内容は「隠れている」,と昔から言われている淵に潜って,ホントにいるんかどうかの確認らしい.


 いれば当然写真撮影・・・となる.


 最近,写真撮影といえばデジカメ全盛である.昔に比べれば格段に性能はいいし,色再現も銀塩フィルムに近づいてきた,よーな気がする.


 まぁ,調査関連では後々PCで処理しやすいこと,すぐに確認できる,などでデジカメが記録カメラとしては一般的になってきている.


 しかし,デジカメだって機械,なんらかの原因で故障する,かもしれない.


 そんなときは昔からの,今となっては頑固一徹!みたいなフィルム水中カメラであるニコノスの出番があるんじゃないかと考えた.


 が,そーいえばニコノスでフラッシュ使って暗いところ,もしくはまっくらなところで写真撮ったことないなぁと思い,しゃーない,練習するかと思った.


 だが,川まで行く時間がなかった.う~ん,と考え風呂釜でやることにした.狭いが一応何とか撮影できる.しかし,水深は取れないのでファインダーは頭を逆さにして見るしかなかったが,まぁ,見れればオッケーだ.


 なんとか試し撮りは成功し,スピード現像へ持って行く.一応,旨く撮れるようなのでいつニコノス登場!となっても大丈夫だなと安心することができた.


 しかし,頭を逆さにすると耳に水が入りやすいってのは発見だった.

ドライスーツ新調!

テーマ:

先日,秋冬調査に向けて,「川猿」はドライスーツを新調しました.ドライスーツにはシェルタイプとネオプレーンタイプとがありますが,それぞれに長所短所があり,どちらかが優れているとは一概に言えません.以前はシェルタイプを使っていたのですが,今回はネオプレーンタイプで.シェルタイプ,おいらが思った長所はやっぱ片付けるときコンパクトになるってことでしたかね.短所は意外とランニングコストがかさむ,首,袖周りのシリコンゴムが.使ってなくても2年と持たなかったですねぇ.下手すると毎年変えてたような.

ネオプレーンタイプにしたってのは単純に知り合いが安くオーダーできるツテを持ってきてくれたからです.ここだけの話ですが,お得意様価格ということでかなり安かったです.しかもフルオーダーなのに,注文してから1週間ほどで送られてきました.まぁ,仕事で使うんで早めにとはお願いしといたわけなんですが.

今回作ったやつはO式ドライです.通常は後ろに防水チャックがあって,そこから着るんですが,O式は前に入り口があり,出口はスキン素材になっていてそれをゴムで束ねて水の浸入を防ぐというものです.防水チャックじゃないので,初めて見る人は「大丈夫かなぁ~」ってのが正直な感想でしょう.しかし!これが意外と水入ってこないのですね.意外とって書いたのは,束ね方がいい加減だったりすると水が少し入ってきたりする人がいたってからです.普通,入ってきません.って,別においらはメーカーのセールスマンではありませんが(笑).

O式ドライの利点はなってったって一人で脱ぎ着が出来るって点につきます.脱ぐことに関しては後ろチャックでも工夫次第で脱げます(車のミラーに引っ掛けたりして自分もよくやりました)が,しかし,着るのは一人ではちょっと大変です.しかも仕事で皆バラバラだったりすると,いちいち誰かに頼みに行くのは大変です.そんなわけで,仕事や,単独で潜りに行く時では特に重宝するでしょう.突然のもよおしにもO式はグッドです!

で,新調したドライ,早く試したいけど下手なところでは潜りたくありません.なってったって初めて水に浸けるんですから(笑).それで,自宅からそんなに離れていないところで,イワナやヤマメがいる渓流で.あ,カジカもいて欲しいな.しかもある程度水深があって水中写真をいろいろ試せる場,って考えると,意外とない!いやないこたーないが,近くに民家があって,生活雑排水が流れている.いやいや,通常,仕事だったら全然気にせず入るような川ですよ.むしろ普段より綺麗かもって川・・・.しかし,最初なんだから~,と家を出たものの,なかなか「潜り初め」をする川が見つからない.

車を走らせること3時間,橋を渡った川は桂川,あまり綺麗ではないが,富士の湧水が流れるため,豊富なマスが生息していることで有名な川だ.ちょっと覗いてみると,なんと!40センチは超える黒い魚群が!これは!と思い,早速ドライを着込んだ.さっきまで考えてた川の汚れが・・・は消えていた.

しかし,入ってみたら透明度はやはり悪く,魚群も消えていた.グニャリとうなだれ,スバヤク退散.やはりちょっと遠いが,以前に仕事で行った岐阜の河川かなぁと遠い中央アルプスに思いを馳せるのであった.

ギギを食らうの回

テーマ:

ネコギギ調査の話でもらったコメントで,ある話を思い出した.ちょっと前に行った広島でのオオサンショウウオ調査,そこで宿泊した旅館は飲み屋を併設していて,夕飯はそこの店で出された.お疲れビールを飲んで,食事を食べたが,もうちょっとなんか食べたいなぁ~という気分になり,メニューを見せてもらった.その中には焼きとか煮る用に魚の名前が書いてあり,「ギギ」に目がいった.

「ギギ食うんすかぁー!どうやって食べるんすか?」

モノは知っているので食べる気はなかったが,どんな風に食べるのかは興味があった.ちなみにギギとはネコギギ同様ナマズの仲間で,ネコギギとギギは同じ属なので似ているが,ギギのほうが大きくなり,スマートな体型をしている.写真があればいいのだが,すぐには出てこないので,各人インターネットで検索してくれ.すまぬ.

で,ギギの話し.見せてやるって言うんで,持ってきてもらったギギは開きになっていた.これを焼いて食うという.

「そうですか,わかりましたぁ,ではトンカツとぉ・・・」と注文して,ギギはそのまま返したのだが・・・.

出てきてしまいました,焼かれたギギが!もう一人の調査員と苦笑い.注文はしてないよなぁって顔でお互い目で会話していたら,女将からそれはおごりだからと言われ,一安心.そんなに高いモノではなかったが,現地調査の予算も限られてるから,そうそういろんなモン食ってられないのである.ましてやギギだったら他に食いたいもんありましたよ!と.

食べてみたら,まぁ,すげーえ旨い!とはならなかったが,あれば食うかなぁって感じだ.酒のつまみとして.ホカホカご飯の上に乗せて食うって感じのものではない.それならアジの開きのほうがいい.カマスもいいなぁ.

で,食べてる最中に,このギギを開くのは結構手間で,それをやる人がもう一人になってしまったという話しを聞かされた.もうお爺さんなので,その人がいなくなると,もうこのギギの開きは無くなる・・・,と.なんかキューにさみしい気持ちになりましたよ,オイラは!!

場所は広島県の三次市あたりです.亀井静香の故郷らしいです(選挙のニュースで知ったのだが).メニューにあったら是非注文してやってください.