バキバキテンプレートでWebを征服しよう。

タチバナ課長からの無料プレゼント

数あるブログの中からご訪問いただき、有難うございました!
アメンバー申請される方は 読者登録をしていただけますよう、
よろしくお願いします。⇒ タチバナ課長メルマガ始めました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年02月21日(日) 14時37分33秒

めっちゃ簡単にできるインフルエンザ予防法を発見!

テーマ:日常
こんにちは、タチバナ課長です。

先月、約20年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました。
最近、病気らしい病気をしていなかったので風邪だろうと思い
舐めて病院にすぐに行かなかっので3日間ほど醜い状態でした。

もう、我慢ができなくて病院に行きました。
そしたら感染してから日にちが経っているので、
もうタミフルとか使っても効き目は期待できないので
漢方薬と熱さましだけもらって帰ってきました。

結局、具合が悪いのが10日間も続きました。
とっとと病院に行っていればと後悔してます。

そこで、いまさらですが元気になってから、
インフルエンザの予防法を調べたら、
簡単で効果的な方法を見つけたので、
シェアします。

すでに、ご存じかもしれませんが、
まだまだインフルエンザが流行っているようなので、
知らない方は今日の話は必読ですよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 めっちゃ簡単にできるインフルエンザ予防法
─────────────────────────

一般的にウィルスを予防する方法というと、

・マスクをする(ウィルスをもらわない)
・うがいをする(ウィルスを外に洗い出す)
・手洗いをする(手についたウィルスを体内に入れない)

これらの方法は、とても効果的です。
すでに、あなたも知っていると思います。

でも、マスクを用意するのを忘れてしまうこともあります。
あと、うがいや手洗いというのは、わざわざトイレや洗面所に
行く必要がありますので面倒ですよね。

なので今日は、それ以外の方法で、
しかも簡単に予防できる方法です。
それは、



こ ま め に 水 を 1 口 ず つ 飲 む 。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ほんと、たった、これだけです。
具体的に言うと15~20分で水を1口飲みます。

なぜ、15~20分なのかというと粘膜に付着したウィルスが
体内に侵入するのに要する時間が15~20分程度だからです。

もし、うがいで風邪を予防しようとしたら、あなたは、
15~20分に1回うがいをしなければなりません。

しかも実際のところ、1日3回うがいしても感染率は
20%程度しか下がらないそうです。

つまり外出から帰って、うがいしてもウィルスは、
すでに体内に侵入した後なのです。

そこで最近推奨されているのは、
お茶でもコーヒーでもいいので
15~20分ごとに1口ずつ水分を飲むこと。

要するに、こまめに口腔内や、のどを
水分で洗い流すわけです。

当然ウィルスは、胃に入ってしまいます。
しかし、ウィルスは、胃酸によって不活性化されるので
インフルエンザに感染しずらいわけです。

このように、
水分で喉を洗い流す回数が多ければ多いほど、
ウィルスに感染しないわけです。

ですから、
うがいの方法も変えた方がいいでしょう。

多くの方は、
うがいと聞くと「ガラガラ、ペッ」と
口に含んだ水を吐き出していると思います。

しかし、この方法では、喉の奥に付着した
ウィルスは、洗い落とせないのです。

なので、これから、うがいをするときは、
1口でいいので水を飲み込むようにするといいでしょう。

そして、これから人が多い場所に行くときは、
ペットボトルを携帯して15~20分に
1口飲むようにしましょう。

1時間に3回、水を1口飲む。
たったこれだけでインフルエンザの予防が
できますので、かなりオススメです。

今日のネタ元は、こちらからでした。
基本的で簡単なインフルエンザ予防法を教えて下さい。
インフルエンザにかからないようにするには、
基本どうすればいい? - Yahoo!知恵袋

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。