「未来の扉」を開けてみませんか?

テーマ:

【ハリウッドスター】と経営コンサルタントの中野博。中野博が主宰する信和義塾大學校は世界で24校あり、塾生数は約700人。塾生の中にはさまざまな方がいますが、98%が大人で、経営者や政治家などリーダークラスが85%,
今はまだ少ないですが、アーティストも5人います。芸能人は少数ですが、ハリウッドスターが2名もいます!今回、紹介する日本でも人気急上昇中のキキちゃんは、ロサンゼルス校の塾生で、ものすごく頭も良く、勉強熱心で努力家なんです!
彼女が今年、一気にハリウッドスターになり、全米が知る女優になった事は、私たちの誇りです(^з^)-☆そりゃ、私も、にやけますよね!(笑)

そうそう、ぜひ、彼女の公式サイトも見てくださいね。

https://sukezane-kiki.amebaownd.com/
AD
【6年ぶりに新作DVDリリース】
 バンコクより経営コンサルタントの中野です。
【帝王學】に出会ってから約5年半。この期間は、わたしにとって
《さなぎの時代》でした。
《さなぎの時代》とは? やごがとんぼに、芋虫が蝶に変態する前の充電期間です。
《さなぎ》は体を作り変えるエネルギーを溜め込んだ状態なんです。
 この《さなぎの時代》って人間にも必要ってご存知でしたか?
 例えば、サザンオールスターズなどのアーティストが充電期間として意図的に活動休止をしたり、充電旅行として旅に出たり、海外に留学や遊学するじゃないですか?
 経営者であれば、仏門に入って修行したりする方も少なくありません。
そんなイメージで《さなぎの時代》をとらえてみてください。

地球は新幹線の5倍以上のスピードで自転しているので、常に時は移り変わっています。そんな地球に住む人間の気持ちも常に変化し続けています。
だからこそ、人間は常に変化に対応し、変化し続ける時代に適応なければ、活躍し続けることが難しいのです。

『時を得るものは栄え、時を失うものは滅びる』と言う教えもあるように、
いかに【時を得るか?】つまり時流をつかむか?が重要なのです。

 こうした理由により、この6年間、中野はテレビ出演を控え、自社独自による映像番組も撮らずにきました。6年近くもあえて新しい映像を発表してこなかったのは未来を見極めるために世界中を取材し、日本中の生産現場や農林水産業の方や文化人らをインタビューしてきたからでもあり、多くの師匠に師事して大量にインプットしてきたためでした。
 この《さなぎの時代》に知的栄養補給した結果、ようやく、新しい時代を創るために4年半前から静かに開始してきた【帝王學】。
さらには、【帝王學】のエッセンスをベースにした《信和義塾大學校》を展開してきました。
 この活動の趣旨は何か?なぜいま、経営者らリーダーたちが教育者になる時代なのか?さらには『新しい時代をいかに創るのか?』を真剣に今回の対談番組で語っています。
 この対談番組のインタビュアーはベストセラー作家でありフォーブスジャパンの編集長に就任した谷本有香さんです。
 一流のインタビュアーである谷本さんによる対談番組が6年ぶりの新作DVDです。
このDVDを『未来の扉』というタイトルにしたのは、まさに未来を読み切ることで定評のある経営コンサルタント中野博が10年先を見越して、みなさんに多くの気づきを得ていただきたいとのおもいでつくったからです。

本日より「未来の扉」DVDシリーズ第1弾が発売開始となりました。
ぜひ、お買い上げいただき、ご覧いただければ幸いです。

あなたの「未来の扉」を開けてみませんか?
まずは、下記で30秒間ご視聴ください。
http://www.gocoo.info/
AD
【あなたの命と室内空気の深い関係】
タバコと健康の関係は誰でも知っているよね?
タバコの臭いが健康に悪いサインとわかるので、
私は飲食でタバコが吸える店には絶対に行きません。
運悪く、宴会があるときには、ウソを言って、帰ります(笑)。

 タバコの臭いはみなさん、敏感になり、室内空気問題では一番注目を
集めているのですが、実は、タバコよりも もっと危険なのが室内空気に
蔓延しているVOC(揮発性有害化学物質)の方がひどいのです!

 この点、環境ジャーナリストの中野博は22年前に問題提起開始。特に『シックハウス症候群』と『シックカー症候群』と『院内感染問題』です。さらに、火事の現場でなぜ、人は煙で死ぬのか?の問題も共通のテーマがあるんです。
 過去の私の本(1999年~2005年頃まで)で、かなり過激にあばき、次々に法律を変え、規則が変わってきました。
 その恩恵を受けた方は、かなり多いと思います。
 
 この室内空気問題をもっと多くの方々が問題意識を持ち、社会提言すれば、日本中の室内空間はもっと良くなる!と思う。しかし、難しいテーマですし、目に見えないので、ほとんどの方が無関心なのです!!(苦笑)
 その結果、室内空気問題による病気になっている方が後を絶ちませんし、
死亡理由も室内空気問題とはされずに、論点は放置されています。

 私は今でも、この室内空気問題につき、研究を重ねつつ、問題提起をして
社会にメッセージを出し続けています。
 そんな中、私の盟友であり、尊敬する経営コンサルタントの鳥内さんが
私の取り組みに興味を持ち、社会問題として、また重要な【健康問題との因果関係】として『室内空気問題」に取り組んでくれました。
 その一部が下記に予告編としての無料動画(12分)がありますので、
ぜひご覧くださいね!
 彼が行っている【元気の学校】では、毎月1,980円で役に立つ【健康情報】が得られるので、この機会に会員になってみたら、いかがでしょうか?
 今なら、入会プレゼントもあるそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=pmQDoUJkF-U

AD
【なぜ三越の屋上には神社があるのか?】
創業343年目を迎える《三越》は1673年に呉服店の「越後屋」(ゑちごや)として創業し、「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」など、当時では画期的な商法を次々と打ち出して名をはせた。当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにしたことで知られています。

ところで、
【あなたは、なぜ《三越》が343年もの「時を超えて愛され続けてきた」
理由をご存知ですか?】

 わたしたち信和義塾大學校ではこの点、塾生にしっかりと考えてもらいながら意見交換をします。
 大丈夫です!みなさん、日本人の頭脳は素晴らしいものを持っていますし、なにより【心で考えれば】察しはつくものなんですよ。
 さて、何だと思いますか?

 そうですね!
答えの1つは、《三越の愛が大きいこと!》つまり、お客様を心底大事にしてきた企業姿勢があります。だからこそ、お客様にも愛されて来たのです、これを【ご愛顧】と言います。
 参考までに、信和義塾大學校のリーダー養成クラス『THE帝王學』の教科書より、こんな素敵な話がありますので、一部を紹介しますね。
『三井財閥の基礎を築いた創業の母・三井殊法(しゅほう)さんの愛(1590~1676)を紹介します。
三井殊法(しゅほう)さんアドバイスや手伝いのレベルを超えて、大きな理念を打ち立てて自家を隆盛に導いた。彼女は子供たちに「お客様は仏様だ」と教えた。「お客様は、その徳を私たちに差し出して、飢え死にしないように養ってくださるありがたい存在なのだ」という考え方を従業員一同に徹底させて、身分制度の厳しい時代に分け隔てなく、サービスと画期的な経営に勤め三井家の商売の原点となる。
江戸の時代から求心力を持つ街には、人々を魅了し集める愛の枢軸(コア)があります。銀座と日本橋に人々の心を集めた愛の拠点が三越の屋上に鎮座しています。』
《信和義塾大學校『帝王學講座』教科書より抜粋》

いかがですか?少しは参考になりましたか?

では、今日の質問に対する回答をお伝えしましょう。

【なぜ三越の屋上には神社があるのか?】
この答えは【信仰心(しんこうしん)】です!

信仰心がない会社はたとえ、30年間程度は栄えたとしても、100年を超えて栄える事はありません。ましてや、300年間もの時を超えて栄えるには【信仰心】は当たり前なのです。
 日本では、100年以上の企業が24,000社以上あり、世界でダントツですが、その理由の1つには【信仰心】があります。(信和義塾大學校の教科書より)

飲食店は全面禁煙すべき!

【日本中の飲食店が全面禁煙!】
『2016年7月1日から日本中の飲食店が全面禁煙!』と言う噂を聞きましたが、みなさんはどう思われますか?
 かつて世界一の喫煙国・アメリカでは、1997年1月よりカリフォルニア州では室内の空気を綺麗に保つため、さらには受動喫煙を避けるため、国民の健康維持などの観点からすべての室内は禁煙となりました!
 飲食店はもちろん、JAZZ BARはじめお酒を飲む店でさえも室内である限り禁煙になりました。その数年前にはアメリカの航空会社でが飛行機の中では全面禁煙となり、2000年までには世界中の飛行機の機内は全面禁煙となりました。
今 アメリカでは、ラスベガスのカジノ以外では、全面禁煙につき、飲食店では当たり前ですが、室内では煙草を吸う場所はありません!
 『なぜ、室内では全面禁煙なのか?』
この理由はいたって簡単です!
 同じ室内空間で、たった1人が煙草を吸えば、同じ空間にいるすべての方が受動喫煙となり、『幸福追求権』(憲法13条)の人権侵害になるから!
 日本では、喫煙者に遠慮しすぎて(笑)つねに、正しいことを後回しにしてきたけれど(飛行機の中も、電車の中も、建物の中も)、そろそろ室内空気に本格的にこだわる時代に来年からなる!らしい。
 私が2001年に出版したこの本【あなたの周りの空気が危ない!】が再び脚光を浴びる時代になったのも、やはり時代の流れ、時の要請なのかもしれませんね。

【桃太郎と孫悟空と帝王學の関係とは?】

テーマ:
【桃太郎と孫悟空と帝王學の関係とは?】
ハリウッドから、脚本の勉強もしている旅人作家のヒロシです!世界中の神話や物語や学問を徹底的に研究しているハリウッド映画の一流の脚本家たちは、最近とくに東洋の學問を深く研究しているらしい。

例えば【輪廻転生(りんねてんしょう)】(インド哲学:仏教の根幹)を研究した結果、映画にした《クラウドアトラス》
例えば【六根清浄(ろっこんしょうじょう)】(仏教の根幹:中国哲学)を研究した結果、映画にした《マトリックス》

ハリウッドで聞いた噂によると、いよいよ、あの【桃太郎】と【孫悟空で有名な《西遊記》】をベースにした映画ができるらしい!(ナイショですよ)
 さて、あなたは、なぜハリウッド映画の脚本家たちが東洋の學問(インド哲学、中国哲学、仏教など)を研究しているのか、想像がつきますか?
 ここハリウッド界隈で小耳にはさんだ【桃太郎と孫悟空と帝王學の関係とは?】少しだけ、ヒントをお伝えしましょう!

 【桃太郎】が従者として連れていった三匹の動物が『猿・鳥・犬』これを十干十二支の學問で言うと、【申・酉・戌】となり、この3つを合わせて【白虎(びゃっこ)】となり、いずれも西方に位置している動物。
孫悟空で有名な《西遊記》とは、中国の高僧である玄奘三蔵(三蔵法師)がインドのナーランダ大學校に経典をいただくために万難を排して歩む物語で長年受け継がれた東洋の神秘と経典をわかりやくストーリー仕立てにしたもの。
 【玄奘三蔵】が従者として連れていった『孫悟空・沙悟浄・猪八戒』の意味は何か?
ヒントは、易経にあり!
 詳しく知りたい方は、ぜひ【帝王學】にて学んでみてください!
まずは、1度だけ無料で体験してみて、内容などをご判断くださいね。
詳細及び申込み手続きは下記にてお願いします。
http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken/
【yelp(イェルプ)】でエリートになると、世界デビューも近い! ここでは、3度目の紹介ですが、みなさん、そろそろ【yelp(イェルプ)】に登録され、活用し始めましたか?  私は今年の7月末にロサンゼルスで信和義塾大學の講義中に、ロサンゼルスの塾生である経営者のみなさんに、「アメリカで経営するなら【yelp(イェルプ)】とのつきあい方を考えないと」とか「アメリカでのサービス関連業界では【yelp(イェルプ)】での評価で栄枯盛衰まで決まる!」など、いかにこの【yelp(イェルプ)】という口コミサイトが信頼され、SNSとしても強烈なのか、を知りました。  素直な私は、その後すぐに登録して、さっそく会食の際にスタート!その翌週、日本に来て全国あちらこちらで「チェックイン」して時々「コメント」をアップ!しかし、私は旅人作家、日本全国のみならず、世界を飛び跳ねているので、どんどん「チェックイン」が世界レベルで増え続け「コメント(レビュー@評価)」も増え続け、とうとう2か月後の9月には【エリート】との称号を【yelp(イェルプ)】本部から与えられました!  この【yelp(イェルプ)】で【エリート】となると、本場アメリカではテレビ出演のオファーやお店などのイベントなどにどんどん招待されるのです。その影響力たるや、強烈!  誰がいつ評価しているのか、わからない「五つ星ホテル」とか「三ツ星レストラン」とかミシュランガイドと違って、顔が見える評価者(実名)が本気で書いているこの【yelp(イェルプ)】が全米のみならず、ヨーロッパ各国にも普及して、アジアや日本にも広がり始めています。  日本にいるみなさん! 日本では、まだ【yelp(イェルプ)】を使う人、通称【yelper(イェルパ―)】が少ないので、誰よりも早く使ってみたい《アーリーアダプター(流行に敏感な人)》はぜひ遊んでみてくださいね!
中野博のアドレス
http://hiroshi729.yelp.co.jp

諸葛孔明的な師匠から帝王學を学ぶ

テーマ:
現代の諸葛孔明に学ぶ【THE帝王學】
信和義塾大學のリーダー育成講座として、もっとも人気あるけど、
入学が難しい【帝王學】講座をあなたも体験してみませんか?

<帝王學があなたにもたらすもの>
「帝王學」とは何か。それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。実際、学ぶテーマは多岐にわたりますが、たとえば、「利益最優先主義の西洋的経営思考」から、かつての日本がそうであったように、「他者を慮る東洋的経営思考」への回帰です。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは「禅」を学んだ企業家であり、P・F・ドラッカーは「渋沢栄一」をはじめとする日本の経営者を研究し、自らの理論を組み立てました。彼らはこの日本から多くのことを学び、自らの事業や理念を創り上げたのです。
しかし、今を生きる私たち日本人は、この日本を創り上げた先人達から何を学んできたのでしょうか?

現代の経営では、エネルギーや環境問題まで含めれば、経営者にはまさに全地球的な視点が求められる時代。こんな時代にこそ、他を排し、自利を極端に追求する経営思想ではなく、他の利益をも慮る東洋的思想を併せ持つ「真の経営哲学」の実践と、「互いに繁栄する経済」が必要です。

「帝王學」は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学を学ぶ現代の寺小屋であり、学び舎です。経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken

【95万人いいね!】に感謝。

テーマ:
【95万人いいね!】に感謝。
おはようございます!
朝の瞑想&散歩から戻り、旅人作家・中野博FBページをチェックしたら、
なんと、95万人のいいね!になっていました。
いよいよ100万人いいね!が見えてきました、年内に達成か?
 100万人いいね!を超えたところで、これを記念して5年ぶりに
Facebookの実践活用術セミナーを開催しますので、お楽しみに!
100万人を目指す、旅人作家・中野博FBページ
https://www.facebook.com/nakano.hiroshi
【ダブル記念日】⇒平成30年10月19日は20周年パーティー開催予定。
平成10(1998)年10月19日に最初の会社『エコライフ研究所』を設立しました。
あれから17年。多くのお客様や仕事に恵まれました。これまでに調査研究レポートは1,000本を超え、テレビや新聞、雑誌からの取材は2,000件以上。さらに、講演会も2,000回を超えるなど、それなりの実績を積み重ねてきました。やはり、継続と着眼的は力なり!ですね。

関係者の皆さま、本当にお世話になり、有難うございました。今日から18年目になります。20周年は盛大にパーティーを開催したいと思いますので、みなさん、今からスケジュールを開けておいてくださいね。

ちなみに、2つ目の会社(㈱ゴクー)で開催している信和義塾大學での【帝王學】も同じく10月19日が開催記念日(2011年10月19日開講日)なんです。こちらの関係者の皆さま、来年は5周年パーティーを開催します。
と言うわけで、今年の今日は静かに研究に邁進します。。。

株式会社エコライフ研究所のホームページ
http://www.ecohouse.ne.jp/

株式会社ゴクー
http://www.gocoo.info/