名塚中学、職場訪問に来る

テーマ:

今年もやってきました。名塚中学1年生の職場訪問学習の日です。


毎年この日が来るのをわっぱんの皆はとても楽しみにしています。

単に女の子男の子好きっていうのもあるけれど、地域の子ども達

に、こんなに変わったおもしろいお店があるってことを、知ってもら

える良い機会だからです。


中学生が私たち店員に質問します。

Q.「どうしてこのお店に就職したんですか?」


A1.「生活するには稼がなきゃいけないんだけど、ここ以外に働か

  せてくれるところがなかったからよ。」


A2.「障がいのある人とない人が別々に働く会社や職場に矛盾や

  不自然さを感じて、一緒に働く事業をやりたいと思ったから。」


Q.「お店でやる仕事の内容を教えてください。」


A1.「ここでは、みんなそれぞれ自分のできることを仕事にしてい

  ます。手が動く人はぞうきんがけ、お話のできる人は接客、

  計算ができる人はお勘定という具合に。」


A2.「お店を運営することや商品を販売することももちろん大事だ

  けど、こうやって障がいをもった人ももっていない人も、一緒に

  助け合って仕事をする姿を地域の人たちに見てもらうことも、

  私たちの大切な役目じゃないかな。」


今は、派遣切りなど、障がいの有無にかかわらず、仕事にあり

つけない人が増え、労働に対する不安が広がっています。そんな

中、私たちわっぱんのように、誰もが排除されることなく、一緒に

いられる職場、能力や生産高では測ることのできない、思いやり

と助け合いによって成り立つ働きが、どれほど素敵で温かいもの

なのか、もっともっと周囲の人たちに知ってもらえたらと切に思い

ます。

       エコロジーハウスわっぱんへようこそ!-名塚中学生と

AD

わっぱ農園

テーマ:

エコロジーハウスわっぱんは、有機野菜を扱いながらも

ちっとも八百屋らしくありません。ふつう、八百屋といえば、

店頭にところせましと野菜が並べられていて、通りの向こう

からでも見分けられますよね。


ところがわっぱんは、野菜がお店の一番奥に並んでいて、

外からでは八百屋なのか雑貨屋なのかも分からない、知る

人ぞ知るお店なのです。


別に隠してるわけじゃないですよ。有機野菜(特に青菜や果

物)は足が早いので、日差しの強いところには置いておけない

だけなのです。


雨風にも虫たちの攻撃にも耐えすくすくと元気に育った野菜

たちが、一番おいしいベストな状態でお店に届くのだから、

その良い状態をそのままキープしてお客様にお届けしたいと

いうのが、本当の理由です。


でも街行く人には、わっぱんが八百屋であるってことをちゃん

と知ってもらいたい。そんな気持ちから、店の軒先の狭い空間

を使って、プランターに野菜を植えることにしました。


最初は紫と白のカリフラワー。でも、堆肥のやりすぎで土に

カビが生え、大きくならずに枯れてしまいました。次に、トウ

ガラシ。雨続きだったのに、水も多くやりすぎてしまい、こちら

も枯らしてしまう羽目に。プランターといえども、生き物ですから

侮れません。


結局、知多で農業をやっている友人のよっこさんにお願いして、

黒土と種とを分けてもらいました。よっこ’sファームの黒土は

さすがにふわふわで見るからに自生力あふれてて、週2回の

水やりと雑草抜き程度でも、元気にすくすく育ちました。二十日

大根(ラディッシュ)は、その名のとおり、3週間ほどでふっくら

まあるく赤く色づき、その2週間後に高菜が、さらに1週間後に

ミックスレタスがなって、昼食の一品をかざってくれました。


エコロジーハウスわっぱんへようこそ!-ちはる農園

「子どもは野菜を育てるようにするとうまく育つ」とは、同僚の

格言(?)ですが、ほんとにそうかもしれないなぁと思います。

手をかけすぎても放っておいてもダメ、ちょっと距離を置いて

見守る程度がちょうどいいのかも。でも、家庭というしっかり

した土壌があることが大前提なのだろうなぁ。。。

AD

わっぱん号

テーマ:

毎週水曜日はわっぱん号に乗って栄へいざ出動!YWCAの2Fで

わっぱ知多農場http://blog.goo.ne.jp/wappa619 の有機野菜と

無添加パン・クッキーの販売をさせていただいています。お昼休み

の時間に合わせていくので、YWCAのスタッフをはじめ、プログラム

の参加者や受講生、近隣オフィスのOLさんまで、様々なお客さんが

買いにきて下さいます。お客さんに共通しているのは、食の安全に

関心の高い方ばかりだということ。販売する側としても、お野菜や

パン一つひとつに精通していなければならないので、良い意味での

緊張感と誇りを感じます。

今週は、シュトーレンにクグロフ、サンタクロースとトナカイパン、

クリスマスオーナメントのビスケットなど、クリスマス商品をたくさん

持っていきました。材料はすべてオーガニックや低農薬のものだけ

を使い、味にもとことんこだわった、自信作ばかり。お客さんの中に

は、わっぱんのクリスマスパンとケーキを毎年楽しみにしてくださる

方も大勢いらっしゃいます。

丹精こめて手造りしたパンとケーキをお客さんが買って喜んで下さ

るのを見るのは、販売の醍醐味であり、至福の時です。「わっぱん」

の「わ」は和やかの「和」、幸せの「輪」を意味しています。わっぱん

のケーキとパンを通じて、幸せと平和の輪が広がってくれたらうれし

いな。

AD