GREEN IS SEXY !!!

グリーンイズセクシー☆
環境に優しいエコライフを目指して、日々いろんなことを考えています。
環境問題、エコロジー、ロハス、自然保護、スローライフ、オーガニック、あとgreenest etc


**eco life blog** 地球にやさしく、みんなにやさしくナチュラルライフ! **eco life blog** 地球にやさしく、みんなにやさしくナチュラルライフ! **eco life blog** 地球にやさしく、みんなにやさしくナチュラルライフ! $**eco life blog** 地球にやさしく、みんなにやさしくナチュラルライフ!





リサイクルって楽しい!そしてゴミのない世界・みんながハッピーな世界を


商品を通して実現したい!という想いを大切にしているショップです。


世界中からの手作り雑貨をフェアトレードで輸入販売しています☆


www.greenest-japan.com




インドサリー・パンジャビスーツの格安レンタルしています

レンタルページはこちらから↓↓↓

http://greenest.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2108537&csid=0












テーマ:
レオナルド・ディカプリオの「地球が壊れる前に」
 
レオ様がインドに行って、Centre for Science and Environment (CSE)の所長さんに会いに行くシーンがあるのだけれど、完璧にこてんぱんにされています。
 
アメリカは資源を使いまくって経済成長した。
今、途上国に環境負荷の少ないエネルギーを使うように要求している。
でもアメリカの電力使用量は依然大きい。というか増加し続けていて減る気配がない。生活スタイルを見直そうとする動きもない。
再生可能エネルギーへの投資を加速してコストを下げようと口では言ってるが、投資額は中国やインドのほうが大きな金額を投資している。
だれがアメリカの言うことに従えっての?
アメリカでは、気候変動賛成派と否定派がいる。
インドでは、今まさに貧困層が気候変動の影響にさらされている。農作物が豪雨や干ばつでだめになり食べ物も収入もない。弱者である貧困層が一番先に困難に直面している。気候変動がほんとかどうか、悠長に議論している暇があったら、さっさと何か行動したらどう?インドはきちんと事体を見つめて行動しているわよ。
 
We care about climate change. But the fact is that we are a country where energy access is as much challenging as climate change. WE need to make sure that every indian has access to energy.
 
What i understand there are 300 million without power here. That equivalent to the entire population of united states.
 
About 30 % house hold in india are yet to have access to energy. If you want to provide electricity to everybody, we have to ensure that our electricity is affordable. India has a vast reservoir of coal. We are probably the 3rd or 4th largest reservoir of coal in the world.
Coal is cheap weather you or I like it or not. You have to think about it from this point of view.
 
If you created the problem in the past we will create it in the future. We have 700 million households who cook using biomass today. If those households move through coral, you have that much of use of fossil fuel. Then the entire world is fried. Everyone often tells you, while the world is pushing toward solar energy, why do they have to make the mistakes that we have made? I hear this all the time from american NGOs. And Im like, wow.. I mean, if it was that easy i would have really like US to move towards solar, but you havent. Lets put on money where are mouth is.
 
We have to practice what we pledge. Absolutely.
 
Im sorry to say this, I know youre american, please dont take this wrong way, but your consumption is gonna really put a hole in the planet. And I think thats the conversation we need to have.
 
Electricity consumed by one american at home is equivalent to 34 citizens of india. WHY? Because youre building bigger, youre building more, and using much more than before. The fact is we need to put the issue of lifestyle and consumption at the ceneter of climate negotiation.
 
Theres no way i dont agree with you, how can I argue that, your absolutely correct. And I think yes, its a very difficult argument to present to americans that we need to change our lifestyle and i would also argue that ist probably not gonna happen. So we are dependent if we want to solve the climate crises. On the fact that hopefully renewables like solar and wind will become cheaper the more money we found into it more we invest into them, and ultimately we will solve that problem.
 
Who will invest? Lets be real about this, who will invest and how will you invest in it? We are doing more investment into solar today, china is doing much more investment in the solar today than the US. What is the US doing which the rest of the world can learn from? Youre a fossil addicted country, but if you are seriously disengaging, its something for us to learn from. And it will leadership that we can all hold up to our government and say, listen if the us can do it, and us is doing it, despite all the pressures and we can do it. The sad part is, its just not happening now.
 
‐ 牛ふんケーキの燃料はバイオマス燃料。その人たちが石炭を使いだしたらどうなる?
‐ 行動で示してください
‐ あなたがたの消費が地球を破滅させるのです
‐ 生活スタイルや消費の問題を中心にした議論が必要なのです
 
レオ様はこの議論でたじたじ。口だけアメリカ人の印象をぬぐいされなかったかんじ。
 
では、レオ様の師匠で気候変動活動家の神様のアルゴア氏だったらこういい議論にどう対応するか、調べてみたら、インドのテレビ番組で対談しているものを見つけました。政治家らしく、多少話をはぐらかしますが、以下のポイントで応答しています。
 
‐ 先進国と発展途上国というくくりがあり、先進国は既に経済成長を済ませているからずるい、という議論があるのは承知している。でも、現在の温室効果ガス排出量を比較してみたところ、途上国から排出されるもののほうが先進国からの量よりも多い
‐ インドは急成長している国。今に多くの国を追い越すだろう。だから途上国とか先進国とかいうくくりがあまり意味をなさなくなる
‐ 科学技術は進化している。テクノロジーの力を使えば、環境にやさしい経済成長を実現させることが可能になる

NDTV: But to my question, how the inequality debate persists, any climate change protocol, we have seen this in Peru in 2014, it may happen in Paris when the world collects to try an agree to a new consensus, how do you respond to the perception in developing countries, hey you guys have got your industrialisation, you guys are developed, now you want us to bear equal burden when the burden should be yours?
Ads by ZINC
 
Al Gore: No one is saying bear any burden, the West, or put it another way, the wealthier countries, have long since come to groups, with underlying principles of justice, and have applied to any kind of global undertaking like that to solve the climate crisis. But at the same time if you take all of the developing countries as a group, their global warming pollution is more than the wealthy countries as a group and all of the growth is in the developing countries. So having robust economic growth on a sustainable basis is the absolute right, nobody quarrels with it whatsoever, but avoiding the kinds of mistakes that were made in the past, by the countries that developed at an early historical time, is in everyone's best interest.
 
NDTV: How do you get past the rich poor dynamics in this debate? For example I read somewhere that you spoke about the damage caused by kerosene stoves in India, in terms of generating pollution, now these are really used by our poorer people, so it's very difficult for political establishments, for people to care about issues such as pollution when they are struggling to make two ends meet. So how do you get around that?
 
Al Gore: Well here again technology can help us find good solutions to that problem, Indians engineers and scientists have developed stoves that are far more efficient, cheaper for the householders to use, that generate not only less global warming pollution, but less indoor air pollution and are associated with fewer hospitalisations, fewer deaths and diseases from the air pollution that is inside the homes, you know yourself what serious problem that is in India. So in my country, as yours, old patter and traditional customs take time to change. Everyone understands that, but again if you can save money and be healthier at the same time, to give children a better opportunity to study at night time hours without the fumes going into their lungs, then over time people say of course that's better, let's do it the new way.

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フランスで、プラスチック製の使い捨て食器の販売を禁じる法案が可決された。環境保護の取り組みの一環。ピクニックやパーティーなどの場に大きな影響が出そうだ。AP通信などが13日伝えた。
 
これによりフランスでは、ワイン用のプラスチック製グラスや、チーズを切るプラスチックナイフなどが使えなくなる。またオフィスのコーヒーマシンに多用されるプラスチック製カップも禁止対象。メーカー側は2020年までに、すべての使い捨て食器を堆肥化可能な生物由来の原料のものに切り替えることが義務付けられる。
 
フランスは7月にビニールのレジ袋の禁止にも踏み切った。レジ袋については欧州の他国や米国の一部の州も同様の規制を導入しているが、プラスチック製食器を全面的に禁じるのは世界初とみられる。環境保護団体はこれを評価しているものの、食品包装材の業界団体Pack2Goはモノの自由な移動を保証した欧州連合(EU)の法律に反すると批判している。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
greenestのガーナの商品をソトコトさんに取り上げていただきました。
 
 
ソーシャル&エコマガジン月刊ソトコト2016年10月号「地元のごはん、最新ケータリングガイド」の号で、greenestのガーナの商品を取り上げていただきました。”アフリカからお届け!今月の注目商品カタログ!”のページでご覧いただけます。
 
 
ガーナは資源プラスチックをしている団体がたくさんいて、greenestとしてどこの団体と一緒に活動しようか探していたところ、偶然の出会いでつながったクマシの団体とお取引することになりました。ガーナのプラスチックリサイクルしたブレスレットを通じて女の子たちの通学率向上を支援するgreenestの商品を取り上げてくれています。
 
 
月刊 ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」
 
「ソトコト」10月号の特集―地元のごはん、最新ケータリングガイド

★掲載商品はこちらからチェック!★
ホーム>アクセサリー>ブレスレット
http://greenest.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1421163&csid=1
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リオオリンピックのメダル獲得数は2つ。どっちも女子。

 

バドミントン女子シングルスでシンドゥ・プラルラが銀メダル

 

レスリング、フリースタイル女子58kg級でサクシ・マリクが銅メダル

 

ほかにも、

 

跳馬でディパ・カルマルが4位

 

女子ゴルフのアディディ・アショクと、女子3000m障害のラリタシパジ・パパルは決勝進出。

 

男性よりも、女子のほうがインドも強いってことみたい。いろんな逆境をはねのけて結果を出すこと(変なプライドにこだわらない)に集中できるのが女子のいいところなのかもしれない。

 

インドではスポーツ振興にそんなに力をいれられていなくて、どちらかというと精神の鍛錬のほうが崇高だと思われているらしい。インド人は敏捷性、柔軟性、集中力が要求される種目(バドミントン、射的、体操など)が得意らしいのでそこを重点的に伸ばすのが良い。逆にチームでプレイする競技は弱いとのこと。

 

スポーツの映画といえば、スルタンとか、ミルカとかありますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
インドの学校は教育は基本的に州政府にゆだねられているので、州ごとに学校の制度や休みの日などばらばら。教える言語ももちろん違う。イギリスの教育システムが入っているので、裕福な家庭は全寮制のパブリックスクールで教育する、という考え方も根強い。
 
ドゥーン・スクール
ウッタルカンド州のデラドンにある。タゴールが作詞した校歌「ジャナ・ガナ・マナ」はインド独立後そのままインド国家に採用された。のでこの学校は校歌=国歌。
 
ウエルハム・ガールズ・スクール
女子校
ウッタルカンド州のデラドン
 
メイヨ・カレッジ
ラジャスタン州のアジメール
 
マハラニ・ガヤトリー・デヴィ・ガールズ・スクール
ジャイプール
 
RIMC(ロイヤル・インディア・ミリタリー・カレッジ)
 
アラハバード大学は中央政府の高官を数多く輩出する学校。
 
インド映画テレビ大学ってのもある。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。