ビウエラという楽器をご存知ですか?

 

こちらのチラシの写真にあるようなギター型の古楽器、

スペインがヨーロッパのなかでも先駆けて最も豊かな文化、

 

芸術の実りの時期を迎えていた15世紀末から、16世紀に、

 

宮廷や教会で用いられていたギターが登場する前の

 

リュート属の弦楽器です。

 

コロンブスが新大陸発見のために大航海していた時代、

 

スペイン黄金世紀と言われた時代の音楽が

 

ビウエラ音楽です。

 

そして、

 

その多くは歌と共に、奏でられていました。

 

詩の内容はとても世俗的、

 

当時も、今も人は変わらない、

 

普遍的な人類の愛の世界が歌われています。

 

日本では数少ないビウエラ奏者の水戸茂雄氏との共演で

 

ビウエラ歌曲の魅力をご紹介します。

 

現代のスペイン語とは少し違う、

 

古いカスティーリャ語で歌われます。

 

7月1日土曜日

 

昼・夜2回公演

 

会場は、

 

銀座のレトロな奥野ビル内にあるギャラリーラー

 

ご予約・詳細はこちら

AD

6月に入りましたねキラキラ

 

エコールボイスお教室前の紫陽花あじさい

 

「手鞠手鞠てまりてまり」

 

も花が咲き始めました!

 

去年は、剪定が不十分だったか?

 

一つしか咲かなかったのですが、

 

今年は、結構咲いています!ラブ

 

さて、先月は講師の都合でお休みだった

 

アロマヨガ・ボイトレ講座、

 

今月は18日、25日の2回、開講予定です。

 

18日の方は、あと1名ご参加頂けます。

 

25日はあと2名です。

 

お申し込みはこちら

 

梅雨でも爽やかに過ごす口笛爆  笑

 

アロマヨガ・ボイトレ、おすすめです!ウインク

 

7月の開講日は決まり次第、

 

HPでお知らせ致します。音譜

 

AD

音楽の贈り物☆母の日

テーマ:

昨日は母の日赤薔薇

 

エコールボイスでは午前中からいつも通り、

 

日曜日のレッスンがありました。

 

高校生の生徒の一人に、

 

「今日は母の日ね」

 

と言ったら、

 

「母の日〜、だけど何も買ってない〜!」

 

と生徒。

 

お母様は今日もお仕事だとか。

 

「何も買わなくてもいいのよ。

 

ありがとう!って感謝して、お手伝いしたりしたら」

 

「うん、そうだね」

 

などと会話して帰って行きましたが、

 

夕方過ぎて、

 

忘れ物があり、

 

お母様と一緒にピンポーンと戻って来たので、

 

ちょうど、お母様にレッスンの進路についてお話ししたいこ

 

とがあったので、少し上がっていただくことになりました。

 

生徒さん親子と少し話をした後、

 

ちょうどお母様もいらっしゃることだし?

 

と急遽、

 

母の日のプレゼレントにプレゼント

 

生徒が今レッスン中の歌などを披露することになりました。

 

モーツァルトの「アレルヤ」モテットより

 

とグノーの「アヴェ・マリア」

 

普段はレッスンに付き添わないお母様は、

 

とても喜んでくださったご様子。

 

歌やピアノを習って、

 

こうしてちょっとした機会に披露することができるのは

 

とても豊かなこと、

 

私自身、こうしてピアノで歌の伴奏もできたりするのは、

 

親がレッスンに通わせてくれたお陰と、

(子供の頃はあまり練習が好きではありませんでしたがあせる

 

今ではとても感謝しています。キラキラ

 

さて、我が家では毎日が母の日!と言っていますが、

 

昨日は、ご近所のおひとり住まいのおばあちゃまもご招待して、

ささやかな「母の日の食事会」をしましたピンク薔薇

 

懐かしい童謡、唱歌をピアノ伴奏で歌ったり、

 

音楽が日常に溶け込んだ豊かな毎日を送れたら、

 

これ以上の贅沢はないキラキラ

 

とつくづく感じているこの頃です。ニコニコ

 

 

 

AD