ヒロコグレース オフィシャルブログ 「愛され妻の習慣」ウーマン魅力学

NYで起業。約20年間1万人以上の男女のカウンセリングをしてきた恋愛・夫婦関係の専門家。ノウハウを「ウーマン魅力学®」としてメソッド化。愛し愛されること、好きな仕事、人生を豊かにするもの、全部を叶える、人生のステージアップのためのコーチングを行っている。


テーマ:
愛される女性の魅力学研究所 主宰
ヒロコ・グレースです。

私自身ね。
特に結婚した当初かな~
夫との関係を良好に維持する為に、
すご~く気をつけていたことがあるの。

それはね・・・
感情的になって余分な一言
を彼に言わない事。NG

う~~~いっぱい
「え~」「あれれ~」事例を見て来たから。

当時マリッジプロシュースに力を
入れていたのだけど、

「別れ」のきっかけになり、
結果的にうまくいかず「別れ」て
しまうカップル
ってね、

女性が常に何かあると感情的になって
余分な一言を彼に言ってしまうパターンなの。


このケース意外に多いんだよ。叫び

何のためにコミュニケーションを
とっているのか?


コミュニケーションのゴールは?
を考えようね~とは話すものの。。。

みんな頭では理解出来るものの、
腹の虫が治まらない。

女性ってね。
感情で生きているじゃない。

だから、感情を表現したい!って
なっちゃうんだよね。

ありがとう!
うれしい!
最高!
さすが!
愛している!

の感情はなかなか表現しないのに、

ネガティブな感情
怒り、不安、恐れ、嫉妬は
どんどん表現しちゃう。

ネガティブ感情をぶつけて、

最後に、余分な一言を追加。

追加で、彼が傷つく発言をしたり、
追加でおとしめるような発言をしたり、
追加、追加で、攻めたり。

そして、

私は精一杯努力しているのに~
こんなに普段から我慢しているのに~

なんて感情が込み上げて、
私って、なんてかわいそうなの~
とかわいそうな私が出来上がってしまうの。

わ~ん109

逆効果ダメ

彼に伝わらないどころか、
何の事を言っているのか~理解できない。

男性って感情で話されるが苦手。

だから、感情を伝えるのではなく、
自分の意見を伝える

これ上手くいくコツ。コツ

自分の意見を伝えようとすると、
感情的な余分な一言は出て来なくなる。

大事~大切~重要!!

私自身、子育てをしていて思うの。

日本に帰って来て・・・
えっ!?と思うことがあるんだよ・・・。
これは欧米社会とは違うなって。

それは、男の子に対しての言葉がけ。
父親も、母親も、おばあちゃん、おじいちゃんも、
近所の人も、

みんな~男の子に、
何歳だろうが、

「男の子だから泣かない」
「男の子だから我慢しない」
「男の子は、女々しくしない」
「男とは、感情的にならない」
「男は、沈黙する」

なんて言っているのを
聞いた事な~い???

こうやって育って来た男性。
感情を表現出来る様に訓練されていない。

どころか、
感情を抑えるものと教育されている。

こんな背景があるんだ~と思うと、
理解出来るかも。

男と女、違う生き物。
そして、違う風に教育をされて来ている。

だから、

コツを自分のものにした上で、

男性とのコミュニケーションの仕方と、
同性とのコミュニケーションの仕方を
変えるとうまくいくよ~。

素敵な一日をお過ごしください~。

Love, ヒロコ

LOVE愛される女性のマインド学・7週間プログラム
sei やじるし PCからのご登録はこちらから
携帯 やじるし 携帯の方はこちらから
注意注意事項
docomoなど携帯アドレスをご利用の場合、メールが跳ね返ってしまう事があります。PCからのメールを受信可能に設定していただけますと幸いです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒロコグレースさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント