『 夢は大きく 口は小さく 』 自然は我々の学び場なり

Now I am the Voice. I will lead, not follow. I will believe,not doubt.
I will create, not destroy. I am a Force for Good. I am a Leader.
Defy the odds! Set a new standard ! Set Up !
毎日が楽しくアウトスタンディング!!


テーマ:
湯殿山神社のご本尊については、「語るなかれ、聞くなかれ」といわれ、
松尾芭蕉も
「語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな」
【句意】
湯殿山の神秘は、他人に語ることができないが、(それだけに感動も並々ではなく)感涙のあまり袂をぬらしてしまうほどである。

『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり


出羽三山 湯殿山に行ってきました。311大震災から3か月のこの日『生まれかわりの場所』と言われる湯殿山でお祈りをしました。朝からずーと雨だったのにご本尊でのお祈りが終わったとたん急に空が晴れわたりました。とても晴れやかな気持ちになりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり
『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり


$『 夢は大きく 口は小さく 』  自然は我々の学び場なり

出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称であり、古くから山岳修験の山として知られている。開山は約1,400年前、第32代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が三本足の霊烏に導かれ、羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされている。皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となった

日本の山岳信仰

日本の古神道においても、水源・狩猟の場・鉱山・森林などのから得られる恵み、雄大な容姿や火山などのに対する畏怖・畏敬の念から、山や森を抱く山は、神奈備(かんなび)という神が鎮座する山とされ、神や御霊が宿る、あるいは降臨する(神降ろし)場所と信じられ、時として磐座(いわくら)・磐境(いわさか)という常世(とこよ・神の国や神域)と現世(うつしよ)の端境として、祭祀が行われてきた。また、死者の魂(祖霊)が山に帰る「山上他界」という考えもある(この他は海上他界、地中他界など)。これらの伝統は神社神道にも残り、石鎚山や諏訪大社、三輪山のように、山そのものを信仰している。農村部では水源であることと関連して、春になると山の神が里に降りて田の神となり、秋の収穫を終えると山に帰るという信仰もある。日本人ではないのだが、カールブッセの詩「山の彼方の空遠く、幸い住むと人のいう」という言葉が、日本人の山岳信仰の信仰観を表しているだろう。
また仏教でも、世界の中心には須弥山(しゅみせん)という高い山がそびえていると考えられ、空海が高野山を、最澄が比叡山を開くなど、山への畏敬の念は、より一層深まっていった。平地にあっても仏教寺院が「○○山△△寺」と号するのはそのような理由からである。
チベット仏教でも聖なる山は信仰の対象であるが、信仰は山自体に捧げられ、その山に登るのは禁忌とされる場合が多い。一方で日本では、山頂に達することが重要視されるのは注目すべきである。日本人の場合、山自体を信仰する気持ちももちろんあるのだが、そこから早朝に拝まれるご来光を非常にありがたがる傾向が強く、山頂のさらにその先(彼方)にあるもの(あの世)を信仰していることが原因であろう。日本ではアニミズムとしての太陽信仰と山岳信仰が結びついているのである。


深山で修行をする山伏
その後、密教、道教の流れをくんだ修験者や山伏たちが、俗世との関わりを絶ち、悟りを開くために山深くに入り修行を行った。これは、後に修験道や呪術的宗教などを生み出している。
山岳信仰は、もともとが自然崇拝のアニミズム的信仰から発展してきただけに、江戸末期まで神仏習合の形態を取ってきたが、神仏習合が明治以後の神仏分離令により禁止されて以後、もともと真言密教系の修験が強かった出羽三山も含め、寺と神社が分けられ、信仰の本体の多くは神社の形態を取って存続した。
山が神界として信仰の対象となっていた一方で、死者の霊の集まる他界として、イタコの口寄せをはじめとする先祖霊供養にも発展をみせた。なお、民衆の間でも信仰の顕れとして登山を行う習慣があり、現在でも、霊場といわれる山岳をはじめとして、山には多くの人々が登っている。
主な山岳信仰
出羽三山信仰
日光信仰
大山信仰(神奈川県)
立山信仰
白山信仰
御嶽信仰
富士信仰
吉野山信仰
熊野信仰
大山信仰(鳥取県)
石鎚信仰
英彦山信仰

元来自然崇拝山岳信仰の古神道から発したものである。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。