2011-01-09 09:21:30

育苗の方法について

テーマ:野菜の作り方と栽培法(第4部)

目次はこちらから--------------------------------------

[家庭菜園の野菜作り、上達のコツと菜園ライフの楽しみ方] 目次

------------------------------------------------------


いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
菜園ライフクリエータの森下です。

今日も有意義な情報をお届けしたいと思います。

-------------------------------------------------
★「まぐまぐ」を創刊配信しました。★無料購読は下記から、
内容のあるメルマガを書き続けていきますので
こちらもぜひ購読の程宜しくお願いします。
http://www.mag2.com/m/0001229512.html
-------------------------------------------------


■今日のテーマ:(4-1-2)

育苗の方法について


種は直接畑に撒く方法(直播)と
育苗して発芽させ苗にしてから畑に植える(定植)方法
と二つあります。


野菜の種類によって選択して施用します。


春の種選びから始まり、次は種を発芽さすことになります。
今日は育苗についての話です。



野菜の作り方と栽培法(第4部)
────────────────────────────────
◆ 育苗の方法について(作物編)
────────────────────────────────

●種の発芽率について


昨年度自分で採取した種又は
園芸店から良い種を購入して準備すると
次は種を発芽させます。


普通だと園芸店から苗を購入すれば良いのですが、
畑が広くなると購入苗代もばかになりませんので、
自分で種から苗を育てる方が安く経済的です。


また種から育てることによって、より愛情が湧きあがります。
数日して芽が出た時はうれしいものです。


発芽率とは
例えば100個の種を撒いて、発芽した数のことで、
80の芽が出たとすると、80%となります。
種の種類や温度、環境により違うと思いますが、
普通購入種でも70~90%ぐらいの発芽率と思います。



古い種だと発芽率が落ちますので、芽が出ない時もあります。
ガッカリしますね。こんな時はすぐ別の種を植えましょう。


古い種ほど発芽率がおちますので覚悟して使います。
購入種は一袋買っても種の数は相当ありますので、
全部使いきれません。


しかし保存状態が良ければまあまあの発芽率でいけます。
やはりその年内で使い切るのがベターといえます。

それと信頼のおける種苗メーカーの種を選ぶと良いでしょう。



●発芽をよくする


種はそのまま苗床に撒いてもよいのですが
殻の固い種等は
コップの水の中に数時間浸してから
使うことも発芽を高める方法です。


また薬剤コーティングした種は
水ですすいで薬剤を落としてから使うのも良いでしょう。


種も生き物ですから水と温度、光によって
眠りから覚め、活動を開始させるようにします。


しかし水につけない方がよい種もありますので
注意ください。(細部は後段で)



●苗床を用意する


苗床は培養土を使います。
ピートパンやさし芽の土とか培養土がありますので
園芸店にいけばいろいろありますので用意します。


培養土は肥料成分は必要ありませんので
苗床には肥料は与えません。


ペーハー調整が必要ですので
極端なアルカリ性や酸性は避けたいですから
やはり市販の培養土を購入した方が簡単です。


私は乾燥した薄いピートパンを使っています。
ピートパンが一番簡単で便利です。


作り方は簡単です。
トレーに乾燥したピートパンを入れ、水を加えれば良いだけです。
ピートパンが三倍程に膨れ上がります。

これで苗床の出来上がりです。



●育苗の時期は適切に


定植の時期を見計らって、育苗の準備に入ります。

南北に長い日本ですのでその地方の気候に合った時期に行います。

野菜の種類によって発芽の適温が違います。


トマトやナス等のナス科は温度が低いと発芽しません。
適温は18~25℃ですので、最低でも15℃、最高で30℃ぐらいで
発芽させます。寒い春先は室内で管理します。


また強い日差しの直射日光を当てると
焼けてしまいますので、注意します。
この場合は遮光して光と温度の調節を試みます。



●育苗管理


タネまきと覆土(土かけ)

まき方もそれぞれの野菜に応じてするとよいでしょう。

・割り箸で線を引くようにして溝を作ってまく溝まき、
・割り箸の先で穴を刺してつくる穴まき、
・ばらまき

等の手法でタネをまきます。

覆土(土かけ)はタネの厚みに対し、
2~3倍ほど土をかけるとよいでしょう。


水やり

表面が乾いてきたら、水やりをします。

あまり一機に水をかけないで表土を湿らす程度で
下に水を浸みこませるようにかけます。


水で発芽を促進させるようにしますが、
沢山やりすぎてトレー一杯に水を溜めないように
注意します。腐れの原因になります。



保温

夜間はどうしても温度が下がりますので
トレーの上にビニールか布切れをかけて
保温します。


-------------------------------------------------------
今日のポイント
育苗は温度と水、光の管理に気をつけます。
-------------------------------------------------------


●野菜の種類別発芽管理


温度と水が十分でも発芽ができない場合があります。

それは光の効用です。


育苗中に光を好むものと、好まないものがあります。
これを好光性種子、好暗性種子といっています。


好光性種子はレタス、ミツバ、ハクサイ、カブ、ツケナ類、
シソ、ニンジン、ゴボウ等のように光がないと発芽しない
野菜です。


好暗性種子はトマト、ナス、キュウリ等のウリ科、
ダイコン、カボチャ、ネギ、タマネギ、ニラ、トウガラシは
暗くしないと発芽しません。


ですから好光性種子は心持薄く覆土に気をくばることです。

このように野菜の種類によって、土かけの深さ、
また育苗時の場所で光の度合いを考えてあたると
うまくいきます。



またナスビの場合は常時高温だけでは育たず
温度の高低変化が必要といわれます。
夜の冷え込みと日中の高温、15~30℃ぐらいを
繰り返すような状態で発芽が促進されます。



水につけてはいけない種子

一般的に事前に水につけると発芽が促進されるわけですが、
水につけないほうが良いものもあります。

ナスやホウレンソウ、マメ類は水につけないようにします。

水につけることで水分が多すぎて腐れやすくなります。

腐れは水から雑菌をひろい繁殖しますので、
かえって発芽が悪くなったりしますので
気をつけましょう。



ショック発芽法

私がよく使う方法です。

ホウレンソウ、マメ類は別のショック発芽法で行います。

50~60℃ぐらいのお湯でホウレンソウ、マメ類の種を
さっとかけてショックを与えて、目ざませる手法です。

これを畑に直播しますと発芽がそろってよくなります。


これはよく大豆からモヤシを作る時にこうします。
これを応用したものです。


以上が私が実践している種の発芽法です。
ぜひこれを参考にして菜園ライフにあたってみてください。


【三倍増収への挑戦】----------------------------------
私が実践しているエコア有機栽培は、
家庭菜園においてエコロジーの観点から
完全無農薬有機栽培の手法を実践したもので
土作りや堆肥作り、種選びから定植、栽培法まで
独特の方法を講じて、三倍増収まで高めようと
常日頃から研究をしている栽培法です。

【Copyright(C)ECOARS (有)エコア技研All Rights Reserved.】
--------------------------------------------------------


ワンポイントレッスン
───────────────────────────────◆ 
■□「エコアップ」の使い方□■
────────────────────────────────

冬の生ゴミ堆肥作りは、寒さのせいでうまくいかないものです。
でも「エコアップ」を使えば簡単に作ることができます。

三角コーナー1杯に付、エコアップの量は大さじ一杯(約10g)
で発酵しますので冬にはかかせない資材です。

使い方はこちらを参照下さいませ。

http://www.ecoa3.com/upn/upna/fukuro.html


────────────────────────────────
◆ 終わりに★ -=☆☆
────────────────────────────────

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回のメールいかがでしたでしょうか。
少し長くて読みにくいかと思いますが
お役にたてたでしょうか。

次回は上手な野菜作りのコツの大事な所である、
「定植の方法」についてお伝えしたいと思います。


目次はこちらから-------------------

[家庭菜園の野菜作り、上達のコツと菜園ライフの楽しみ方] 目次

-------------------------------------
わからない事、ご質問等は、お気軽にコメント欄までお寄せください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

菜園ライフクリェーターの森下さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。