「建物」からはじまる、100年続くストーリー。

株式会社ディーマン(Dman)のスタッフが送る
~「自慢の建物を創る」ブログ~

成長途上企業の夢を掴むまでのストーリー。
これを読めば、建物の全てが分かるかも!?

関西全域から全国各地まで実績積み上げてます!

          ―建物創りを通じて世の中の課題解決に取り組む―



こちらは、ディーマングループのスタッフが時に穏やかに、時に深くお送りする公式ブログです。

紡がれる内容は、オフィシャルなものもあればプライベートなものもあります。また、真面目なことや楽しいことも発信しています。

ただ、全てに通じるのは「建物」に思い巡らすメンバーが情報を発信していること。



成長途上企業の夢を掴むまでのストーリー。



これを読めば、一人一人が積み重ねてきた足跡が分かります。顔が見えなくとも文章に込められた想いは読み取って戴けるはずです。


関西全域から全国各地まで、一歩ずつ丁寧に、
ご縁を大切にしながら実績を積み上げております。それも、たくさんの方のご愛顧及びご協力があればこそです。本当にありがとうございます。

引き続き精進して参りますので、今後もどうぞ変わらぬご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


NEW !
テーマ:

こんにちは、澤田です(*^_^*)

 

きのうは大勢で猪名川花火大会に行ってきました~!

 

浴衣着ていく?というやりとりが事前に行われたのですが、

蓋を開けると着てきたのは男性ふたりだけ・・・(^^;)

 

打ち上げ数は淀川花火大会の半分くらいなのですが、見たことない種類の花火がたくさんあって、一発一発を大事に打ち上げてる感じが、よかったです☆

 

芝生の斜面に座り、風もあって涼しく見物できました(*^_^*)

 

フィナーレのしだれ花火はお見事!!センスある~!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

金曜メンバーの生駒です。

 

 

さて、この前ふと思い出したことから考えさせられたことを一つお話したいなと思います。

 

皆さんは小学生の頃に「あなたの夢は何ですか?」という話があったのを覚えていませんか?

話というよりは問い掛けと言った方が正しいかも知れません。

いずれにせよ、学校の先生に夢を尋ねられるのは誰しもが経験したことだと思います。

 

その時、皆さんは何と答えられたのでしょう。

スポーツ選手でしょうか、それともケーキ屋さんでしょうか。

警察官や医者、美容師やお花屋さんだったのかも知れません。

ですが、ここで考えてみて欲しいのです。

 

上記の例は全て「目標」ではないでしょうか?

 

個人的には、夢と目標を混同させてはいけないと考えています。

本来、夢とは例えば「虹を掴みたい」「ヒーローになる」「空を飛びたい」という風に、将来実現したいとは思うものの現実的ではないとされるものを指します。

対して目標とは、あることを実現・達成する為の目印であって連続的なものです。

ですから、達成したとしても次なる目標が生まれていくもので、その動きは非常に現実的です。

 

先述の例は全て職業と言い換えることも出来ますが、夢と目標のどちらかで判断するのであればその結果は一目瞭然です。

 

では、何故小学校では「夢」を尋ねておきながら職業という名の「目標」を求めるのでしょうか?

 

大学生の頃、私は塾講師のアルバイトをしていました。

その際、受け持った生徒に対してそれとなく「夢」を尋ねてみたものです。

しかしながら、どの生徒も返ってくる答えは現実的なものばかりでした。

小学生や中学生、高校生と年齢層や人生経験に広がりがあるのにもかかわらずです。

 

その様な事態が起こる理由として、日本の教育システムが今なお就職そのものに重きを置いていることが挙げられます。

 

今でこそ少しずつ変わりつつありますが、つい最近までは圧倒的な学歴社会でした。

最難関大学出身者が大企業に勤めていく。それ以外の大学出身者は門戸すら開いて貰えない。

全く持って、非常に馬鹿げたことです。

 

勿論、勉強を頑張って難関校に進むその努力は素晴らしいものです。

しかしながら、悲しいことに社会で求められるものは数学や社会ではありません。

礼儀正しい態度、新しいことを学ぶ意欲、笑顔、気遣い。

こういったものが社会で求められるものです。

 

ですが、そういったものを教えてくれる授業は果たしてありましたか?

先ず、高校生までの段階でその様な内容の授業を受ける機会は無いでしょう。

では大学はどうかと言いますと、こちらも残念なことにその様な内容の授業は滅多に見かけません。

 

本来、学ぶことは非常に尊いものであるのですが、日本の教育システムは未だに学びを蔑ろにしているなと思います。

そのことを示す例として、一つ問い掛けさせてください。

 

子どもの頃から高い授業料を払って塾に通わせたり家庭教師を雇ったりするのはどうしてでしょうか?

 

子どもが学校の勉強についていけていないからでしょうか。

いいえ、良い学校に通わせたいからですよね。

中学生だったら良い高校、高校生だったら良い大学。

 

では、その「良い」の判断基準は何でしょうか?

 

良い会社に勤める可能性ではありませんか?

 

そこまで直接的に考えていないとしても、「良い大学に入学しておけばいくらでも道は開ける」という思いは必ずあるはずです。

そしてそれを成す為には、先ず良い大学に入らねばなりません。良い大学に入る為には良い高校に、良い高校に入る為には良い中学校に…。

 

この様に考えてしまうのは親心のなせる業で、決して非難されるものではありません。

非難されるべきは子を思う親の心を利用する現行の教育システムです

親心を分かっているからこそ、小学校の段階から夢という形で就職を意識させるのです

 

当然、子どもは職業の業種・職種を「夢」と思って成長していきますし、親も頑張る子どもの後押しをしてあげたくなります。

その時には既に、良い会社に勤めさせるというレールの上を走らされているのです。

冒頭に挙げた例の果たしてどれ程が社会人になるまで変わらず「夢」となっているのでしょうか。

小学校の頃の夢を初志貫徹する人は非常に少ないことは自明の理です。

 

大企業に勤めることは名誉なことかも知れません。

しかしながらその一方で、苛烈な出世争いや学閥という「醜い世界」に身を置くことにも繋がります。

その厳しさは中小企業の比ではありません。

そんな世界に、「良い学校」に行くことばかりをさせられてきた人たちが適応していけるものなのでしょうか。

そもそも、学歴しか見ずに人間性などを考慮しないところに自身の子どもを送り出したいものでしょうか?

 

努力することを学ばせる為に数学や理科を学ぶことは良いことでしょう。

ですが、残念なことに今の日本の教育システムは、因数分解やら細胞分裂やら、社会に出ていく上で何の価値もないものを只ひたすら子どもの頭に詰め込むことしか出来ません

 

正しい言葉遣いや礼儀作法、ポジティブな考え方、発想力や応用力などの「人間力」を教育システムに取り入れる方が余程子どもの為にもなりますし、ひいては社会の為にもなります

 

 

冒頭の話に戻ります。

子どもに夢を尋ねる時、職業を暗に求めるのはもう止めにしませんか。

別に「虹を掴みたい」という答えが返って来ても良いではありませんか。

私達は現実問題として虹を掴めないことは知っています。

ですが、子どもはその事実をまだ知らないのです。

知らないからこそ探究心が生まれていくのです

 

「空を飛びたい」と最初に考えた人はどういう扱いを受けたのでしょう。

恐らく一笑に付されたかと思います。

しかし、それでも挫けずに頑張ってきた人たちがいたからこそ、今の私達は空を飛ぶことが出来るのです。

飛行機はライト兄弟によって確立されたと言われていますが、その時ですら木造です。

今はどうですか?大きな金属の塊が数百人の人を乗せて空を飛んでいるではありませんか。

 

もしかすると「虹を掴みたい」という夢を持った子どもが将来、新たな科学の発展を促して、虹を掴む様にしているのかもしれません。

いや、今流行りのVRでは既に「虹を掴む」ことすら可能です。

仮想現実世界の確立は夢を追い求めた人々の努力の結果なのです

 

 

「あり得ない」「馬鹿げている」と言い切るのは簡単なことです。

ですが、「虹を掴む為にはどうすれば良いのだろう?」と言うことが出来る方が良いとは思いませんか?

そして、現実的ではないとされてきたことが現実となったのは歴史が証明しています。

 

歴史の担い手である私達が、新しい歴史の紡ぎ手である子どもたちからその可能性を奪うことはあってはならないことなのです。

 

 

「教育」とは「教え育む」と書きます。

生きていく上で何の価値もない物をただ詰め込むだけの暗記教育は止めにしましょう。

 

2020年より新たな教育システムが確立され、センター試験という暗記教育の最たるものを撤廃する動きがありますが、それで良いと思います。

後は、今後アクティブラーニングが何処まで人間性を高める情操教育的本質まで踏み込めるかどうかです。

 

自由な発想力や探究心、そして人として大切なことを学ばせることで、初めて子どもを「教え育む」ことが出来るのです。

そしてそれを可能にするのが「夢」の力であると、私は信じています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ディーマングループ広報担当です。

 

 

私達は毎週水曜日に、社員一同で近隣清掃を行っています。

 

掃除の際に、近隣の方々が寄せてくださる挨拶や激励のお言葉にいつもエネルギーを貰っております。

 

さて、近隣清掃に関して一つ。

 

ゴミの大半は煙草の吸殻ですが、その大体が一見すると人目に付かない場所にそっと「置かれて」います。

落ち葉や砂利などで隠そうとする手間を考えれば、吸い殻入れに捨てる方が余程楽だと思うのですが・・・

 

吸殻を一つ拾う度に、何ともやるせない気分になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさまお盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

ディーマンは今日から始動しておりますが、世間はまだお休みモードでしたね。おかげさまで、ゆっくり連休明け初日を迎えることができました。

 

この連休中は色々と考えることがありました。将来に向けてのワクワク・ドキドキする楽しいことです。今、新しいプロジェクトが動き出したので頭の中はほぼそのことに夢中です。

絶対に成功させるのです。

 

「新しき計画の成就はただ不屈不撓の一心にあり、さらばひたむきにただ思え、気高く、強く、一筋に」

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この前、久しぶりに興味が出たニュースが2って、

1つはAI(人工知能)同士が人間には理解不能な言語で会話を始めたと言う話題と、

2つ目は、某有名ハウスメーカーが地面師によって63億もの詐欺被害にあったというニュースでした。

他人の土地を自分のものと偽って、あの手この手で登記を移してしまうプロの詐欺集団がまた出てきたという話で、手口が巧妙過ぎてなかなか判別がつかないとありました。

印鑑なんかも3Dプリンターで複製してしまうらしく、まったく悪い人間ほど技術を上手く使うなと
逆に関心してしまいました。

犯人は捕まるかもしれませんが、こういうお金はほとんど戻ってはきませんし、気分のいい話でもありません。

これからも詐欺は巧妙化していくと思われますので、自分自信ももっと経験を積んで精進しなければと思った次第でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。