高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運転再開について、中川正春文部科学副大臣は22日、西川一誠福井県知事と県庁で会談し、「一日も早く了解を得て再開したい」と協力を要請した。一方、今月中の再開については会談後、記者団に「そんなにこだわらず、一つ一つ納得した形でステップを踏むことが大事」と述べた。
 1995年にナトリウム漏れ事故を起こしたもんじゅの運転再開について、国の審査は終了し、地元自治体の了承を残す段階となっている。
 副大臣は知事に「文科相、経済産業相を含めたもんじゅの関連協議会を近く開催したい」と述べ、改めて3者会談開催の意向を伝えた。 

郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」-野田財務副大臣(時事通信)
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待-東北大(時事通信)
<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否-静岡大(時事通信)
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)
AD