エコープロジェクトふわふわ日記

The School ECHO Project代表理事、山田響子のブログ。

“夢をカタチにできる子”が育つ世界を目指して、
大人の連携支援や、地域にある子どもの居場所づくりをしています。

ふわふわと、でもしっかりと、大きな夢に向かう途中で考える、小さなこと。


テーマ:
こうもりあそびば


思い通りにならないことを大事に。
“カタツムリ見習い”がいる、開放型アトリエ 「こうもりあそびば」



● 対象年齢: 特に制限なし

● 運営日時: 平日16~18時くらい
         (こうもりあそびば前の連絡版にてご確認ください)

● スタッフ:  野島智司さん

● 住 所:   福岡県糸島市
         (近所の子が安心して立ち寄れる場所であるために、
          詳しい住所は伏せさせていただきます。)


$エコープロジェクトふわふわ日記 $エコープロジェクトふわふわ日記




○ 子どもたちと “共有” している遊び場

開放型アトリエ、こうもりあそびば があるのは、

筑前前原駅からほど近い静かな住宅街。


身近な自然の素材をつかった作品づくりや

“自然から聞こえてくる声”を題材としたことばを紡ぐ執筆活動をされている、

ネイチャーライターの野島智司(のじまさとし)さんが、

アトリエのガレージを子どもたちに開放しています。


目印は、子どもたち手作りの木の看板。

ガラガラガラ

とシャッターを上げると、所狭しと並ぶ

自然の素材、子どもたちの絵、そしてなぞのオブジェたち?!


子どもたちは、描いたり、作ったり、話したり、ぼーっとしたり

好きなときにきて、好きなことをして、帰ってゆくそうです。


ルールがないと困ることはありませんか、と尋ねると、

「ぼくも含めて、みんなが落ち着いていられるかどうかが〇×のライン。

 こうもりあそびばは、ぼくの遊び場でもありますから。」

野島さんは、柔らかい風のような語り口で、そう教えてくださいました。



「そうか、ここは誰かが “運営” する場ではなく、

 地域に生きるひとりの人が

 子どもたちと “共有” している、遊び場なんだ。」




野島さん自身の遊び場でもある こうもりあそびば

その、近所のお兄ちゃんのところに遊びに行くような わくわくは

「そこに野島さんがいること」によって生まれるのかもしれない。


そう気づいたとき、わたしは、

自然そのもののような彼の魅力に、もっと迫ってみたくなったのです。




○ 目指すは“カタツムリの生き方”?!

野島さんの職業は、“ネイチャーライター” そして “カタツムリ見習い”。


カタツムリ見習い?!


どういうことかと尋ねると、返ってきたのは

「カタツムリの生き方が好きなんです」 という、意外な答えでした。



東京都で三人兄弟の末っ子として生まれた野島さんは、

まだ幼い頃に大分県の大自然のなかへ移り住みました。


小学校のはじめは学校に通っていたものの、

いつしか自然の動物や植物と遊んだり、絵を描いたり、本を作ったり、

やりたいことをしながら毎日を過ごすようになったそう。


その後も学校ではなく、

自宅や周りの自然の中で興味のあることを学んでいくうちに

野生動物についてもっと深く知りたいと思い、

大学進学のために勉強をはじめたのです。



「勉強をはじめたときは、大変だったんじゃないですか?」

おそらく誰もが思うことだと思いますが、

「無理に勉強させられたことがなかったので、

 嫌なものというイメージがなく、大変だとは思わなかったです。」


と、その答えはまたもや意外なもの。



しかし大学進学後も決して平坦な道ではなく、

深めたい分野やこれからやりたいことについて悩んだり

その結果二度も大学院に通ったりと、

悩みながら、遠回りしながら、進んできたそうです。

(詳しい経歴はホームページをご覧ください)



いまでこそ常連さんもたくさん来る こうもりあそびば も、

最初は自費で続けることが厳しかったり、理解してもらえなかったり、

たくさんの苦労がありました。



「自分のアトリエとか研究所みたいな場所が地域にあって

 そこに子どもたちが遊びに来たらおもしろいだろうなって思ってたんです。

 大変なときもあったけど、

 やりたいことをやっているうちに、自然にそうなってきた感じ。」


全ての経験をひっくるめて語る 野島さん


やっぱり、こうもりあそびば は、自然に生きる彼だからできる場所なんだろうな、

そうと思うと同時に、

自然に生きていくことを不思議と感じる 自分の心の不自然さ

にも気づきました。




○ 思い通りにならないこと、を大事にしたい

カタツムリは、目があまり良くなくて、動いているかわからないほどのろいけど

つつかれて殻に隠れたりしながらも、

ちゃんと目的の場所にたどり着くのだそうです。


人と違ったり、立ち止まって見えるかもしれない 野島さんの生き方も

なんだかカタツムリと似ている気がしませんか?


「子どもにしても、生き物にしても、思い通りにはならないんですよね。

 でも、それを大事にしたいなって、思うんです。」



自分のことも、人のことも、

思い通りにならないと誰かを責めたり、落ち込んだり。

そんな自分の心に野島さんの言葉が沁みて、

「カタツムリみたいでいいんだよ」

そう子どもたちに声をかけられる人になりたいと感じました。


ずっとここにいたい、と思わせる不思議な魅力があった こうもりあそびば

こんなふうに、小さいけれどおおらかな子どもの居場所が

いろいろな場所にできたらいいなぁと、心から思います。


 
※こうもりあそびばに興味を持たれた方は、下記よりお問い合わせください。
_________________________________

マイマイ計画 (こうもりあそびば)

● 住所: 福岡県糸島市

● 問い合わせ先: 野島智司 (のじまさとし) さん

● Eメール: info@maimaikeikaku.net

● 公式フェイスブック: https://www.facebook.com/maimaikeikaku

● ツイッター: https://twitter.com/maimaikeikaku
_________________________________
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

echokyokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。