最近、真剣に悩んでいる。
コンビニの弁当と
自分が作ったまずい料理。
どちらの方が健康にいいのかって。

発達障害の人の多くの人が苦手としている料理。
私は、全くできない。

理由は2つ。
2つ以上の違ったことを同時進行できない。
手が不器用。

まずは、同時進行できないエピソード。

「野菜を切って用意しておく。
 お味噌汁の具をきっておく。
 その後、同時進行で、
 野菜炒めとお味噌汁は作れないの?」

そう聞かれたことがある。
私だって、やってみたことがある。

「野菜炒めている間に、
 お味噌汁沸騰したらどうすればいいんですか。」

質問をしてきた支援員の方は、
ちょっとキレていたカンジだった。
だけど、私は、こういうことに何回も遭遇した。

1回火を止めて、野菜炒めが出来る頃に
温めなおし、お味噌を入れる。
→お味噌汁の具が煮すぎて、ふにゃふにゃに。

そのまま、お味噌を投入。
→お味噌汁を沸騰させてしまい、不味くなった。

事務系のことなら同時進行できるのに、
なぜ同時進行できないのか。

事務系の仕事なら、同時進行していても、
自分が作業をしていないモノは、動かない。

料理は、作業をやっている。
それに加えて、手を離している作業も
刻々と状況が変化して、頭がパニックになる。

状況が変化しているのを察知する能力が高いので、
ムダに気がついてしまうのだ。
気が付くけど、どうすればいいのかわからない。
という訳がわからない状態に。

そして、手が不器用。

何回も料理をしていて、手を切った。
ひどい時には、病院に行った時。
小さい子供が頭を打って緊急で入ってきても、
その子よりも先に診察されるほど重症になった。

数日間、生活はもちろんのこと、
仕事もパソコンが打てないので支障をきたした。

バーベキューのお手伝いをしようとして、
包丁を握り、手を切りそうになる。
(切れる包丁だったら、
 ザックリと指をきいていただろう)

もう手伝わんでいいから、
飲んどる男の人達の相手をしていて。
とか、
炭から火をおこして。
と言われる始末。

パソコンを打つのが速いのに、何故…。
理由は、パソコンは、
キーの配置を覚えているから、打つのが速いのだ。
指が器用だからとかというわけではない。

スーパーの青果で働いていた時。
白菜を1/2とか1/4とかにカットして売る時。
均等の大きさに切れなかった。

その当時の青果部の課長に手を持たれて指導を受けるも
均等にカットできる日はこなかった。

その指導を受けている時。
「課長、えっちゃんの手を握っとる。
 今までだったら、セクハラになるからと言って
 女性には、女性に指導を任せていたのに。」

もてる課長だっただけに、
変な嫉妬を受けたこともあったな。

1品づつ作る練習をしたら、作れるようになるのかな。
AD