今回は、保険の銀歯と自費(保険外)のゴールドの詰め物・被せ物の違いについて書きます。

 

実は、多くの患者さんが、保険診療と自費診療(保険外)の治療の違いを正しくご理解されていないように思います。

 

保険の銀歯は見た目が悪いので、白い自費のセラミックにしたいというのが、よくある患者さんのご要望です。

 

保険の銀歯は錆びやすくアレルギーになりやすいし、見た目も悪いので、このご要望は御もっともです。

 

しかしながら、治療結果の永続性という視点が欠けています。

 

 

歯の治療は、何回も繰り返してできるものではありません。

 

治療を繰り返すたびに、多少なりとも歯を削ることになり、歯がだんだん小さく、そして脆くなっていきます。

 

この結果、歯の神経を取ること(根管治療)になり、神経が無くなることでさらに歯が脆くなって歯根がひび割れを起こし、やがては歯茎が腫れたり痛くて噛めなくなり、抜歯に至ります。

 

 

また、保険の銀歯を作る歯科技工士と、自費のゴールドの詰め物・被せ物を作る歯科技工士は違います。

 

これは、治療予後にとって極めて重要な問題です。

 

超一流の技工士が作るものと、そうでない人が作る技工物は、当然ながら品質が全く違いますし、技工料金も異なります。

 

また、保険の銀歯は、そもそもが保険点数が低いため、技工料金も低く抑えられています。

 

このため、保険の銀歯は薄利多売をしないと歯科医院も技工所も利益が出ない、運営が立ち行かない構造になっているのです。

 

これでは、品質をどうこう言っていられなくなってしまいます。

 

現在の我が国の保険の歯科医療は、このような現状にあるため、治療のやり直しが圧倒的に多くなっているのだと思います。

 

 

目立つ銀歯と白いセラミックの歯の違いは、一目瞭然ですが、銀歯とゴールドの詰め物・被せ物は、色が違う以上に品質(適合性、噛み合わせのなじみ、イオン化傾向、持ち)が全く違います。

 

この点を十分にご考慮いただき、詰め物や被せ物を選ばれることをお勧めします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

 

 

AD