FC2に引越し

テーマ:

より良いBlog環境を求めてFC2に引越しする事にしました♪


http://eboys.blog45.fc2.com/

ここから、私の「YES and」体験を引き続き発信して行きますので、宜しくお願い致しますm(_ _)m

AD

参った、参った。

テーマ:

いや~参った、参った。


何が参ったって、お裁縫


朝、着替えていたら、袖口のボタンが取れているじゃない。


やれやれと思って、ボタンを縫い付けようと試みる。


「・・・あれ?」


よく考えてみたら、不肖私、ボタンを付けた事なんて、人生で1回か2回位しか無いじゃない!


先ず針穴に糸が通らない。


そこそこ手先は器用な方だと思っていたけど、イライラする。


眠いので余計に上手く行かない。


「キィーーー!!」(><)


更に、よく考えてみたら縫い付け方が、良く分からない。


「う~~~ん・・・」


「よしっ」「やめよう!」


以上♪



そうそう、CBSとE! Networksが携帯電話とweb向けの番組製作を計画しているようです。


まだ計画段階ですが、ジャンルはドラマ、キャリアはVerison wirelessの名前が挙がっています。


遠くない将来、電車内で「携帯電話テレビを視聴のお客様は、周りのお客様のご迷惑となりますので、イヤホンをお使いになるようお願い致します」みたいなのアナウンスが流れるのかしら(^o^;)


日本でも、2006年4月から”ワンセグ”が始まり、地下でも携帯端末でテレビ放送を視聴できるようにするらしいので、いやはや凄い時代になるものだと思います。


CBS and E! Networks plan to debut original content produced, designed, and formatted for both cell phones and the web.The rush to deliver streaming video via cell phones or the web is forcing television networks to deliver more than just archived content on these rapidly emerging entertainment platforms.


According to Variety.com, CBS is in the early stages of planning and producing a soap opera that will be seen exclusively on cell phones. The soap opera will stream five to seven episodes a week that run about three to five minutes each, rather than the hour or half-hour that is the average running time of soap episodes on TV.

AD

Blinkx: No Plans to Sell Firm

テーマ:

昨日のAOLによるTruveo社買収に関連したビデオ検索の続エントリー


A day after AOL acquired video search startup Truveo for an estimated $50 million, the other closely watched video search firm, Blinkx, said Wednesday it has no plans to put itself up for sale although it intends to receive investment from one of the larger Internet or media companies.

昨日、AOLによるビデオ検索企業Truveo社の買収($50million)が明らかとなり、そのライバル会社であるBlinkx社は、大手インターネット企業またはメディア企業から出資を受ける事はあるが、自社を売却する意思が無い事を発表した。


“We’re in the middle of talking to VCs and some of the larger companies and players investing potentially in our organization,” said Blinkx co-founder Suranga Chandratillake. “We have to juggle and figure out who can bring the most to the table.”

Blinkx社の共同創業者であるSuranga Chandratillake氏曰く

「我々は、VCや大手企業等の潜在投資家と話を進めており、我々にとっての最善策を見付けるつもりである」との事。


Analysts and experts have long regarded Truveo and Blinkx as the most impressive startups in the video search industry, and speculation over possible takeovers has consistently dogged both firms. AOL bought Truveo Tuesday (see AOL Buys Video Search Startup) for what sources familiar with the deal say was $50 million, leaving Blinkx as an obvious acquisition target.


専門家は、Truveo社とBlinkx社をビデオ検索市場に於いて最も注目すべきStart-Up企業と見ていた。

そして、買収の可能性に就いて、ずっと噂されていた。昨日のAOLによるTruveo社買収により、明らかにBlinkx 社も買収対象となった訳だ。

As an increasing amount of video content moves online, video search is fast becoming the next frontier pursued by large as well as small media, Internet, and search companies.


オンラインビデオコンテンツの増加により、ビデオ検索は、大小問わずメディア、インターネット企業にとっての次なるフロンティアである。

And these big players are also weighing the pros and cons of building their own video search products vs. buying existing offerings, say analysts.

アナリストによれば、インターネットサーチの企業にとって、ビデオ検索エンジンを自社開発するか、または買収により取得するかの損得を図る事は重要な問題との事。


There was speculation late last year that Rupert Murdoch’s News Corp. was talking to Blinkx about a possible purchase. While Mr. Chandratillake declined to comment on the talk, he reiterated that he had spoken to the prominent Internet, media, and software companies.

Rupert Murdoch’s News Corp社は、昨年にBlinkx 社と買収可能性に関して 話をしたという噂がある。

Chandratillake氏は、これに関して明言を避けているが、同氏は大手インターネット,メディア,ソフトウェア企業と繰り返し話をしている。


“As a smaller player, we have to talk to big partners,” he said.

同氏曰く

「小企業として、我々は大手パートナーと話をしなければならない」との事。


One analyst believes Yahoo could become interested in Blinkx.

アナリストは、ヤフーは、Blinkx社に興味があるだろうと見ている。



別項;

本日、米国人と中国人達と中華料理屋で新年会を開催。


原チャリ並の排気量しかない私の英語脳をレッドゾーンまで振り来て頑張ってみた。


結果、ギリギリ会話が成立するレベルを維持できたのが嬉しかった。でも疲れた(笑)

AD

AOL Buys Video Search Startup

テーマ:

Red Herring誌によると、AOLがビデオ検索エンジンのStart-Up企業Truveo社を買収した。


私も、たまにムービーをブログに貼って遊んでいるが、最近ムービーを扱うビジネスがHotだね。


AOL did not disclose the amount of the deal, which took place during December. But sources familiar with the transaction say the No. 3 web portal paid close to $50 million for Burlingame, California-based Truveo.


AOLは買収金額を公表していないが、情報筋によると今回の買収金額は$50millionとの事。

AOL was not the only search giant interested in buying Truveo, which has 12 employees. But its winning bid accelerates competition among the top search engines to control video search as an ever-growing quantity of video content migrates to the Internet.


Truveo社は、たった従業員数12名の創業2年のStart-Up企業であるが、Truveo社買収に興味を持っていたのはAOLだけではなかった。この買収劇により検索エンジン業界におけるビデオ検索競争が激化するとみられる。

Like traditional text search dominated by Google and Yahoo, much of the money in video search will come from online ads. Advertisers spent $225 million in 2005 on online video ads, according to estimates from research firm eMarketer. That figure is expected to grow to $640 million by 2007, and will likely hit the $1-billion mark in 2008.


グーグルとヤフーによって支配されている既存のテキスト検索同様に、ビデオ検索に於ける収入の多くは、オンライン広告によるものだ。リサーチ会社のeMarketer社によれば、2005年のオンライン動画広告市場は$225 millionだった。この数字は、2007年は$640 million 、2008年は$1-billionになると予想される。


Yahoo, Google, Microsoft, and IAC’s Ask Jeeves are jockeying to deliver the sort of programming once solely provided by broadcasters and cable television. AOL, with access to Time Warner’s vast library of music, television, and movies, has an edge.


ヤフー, グーグル,マイクロソフト, そしてアスクジーブスは、放送局やケーブルテレビ局により提供された番組を配信する主導権争いを演じている。この中で、AOLは、タイム・ワーナーが保有する音楽・テレビ・映画という豊富な資産により競争優位を有している。


“It’s important for the company to create a formidable offering in its video search if it’s going to intensify its broadband-friendly environment,” said Tom Forte, a consumer analyst at Geneva Investment in Chicago.

Geneva Investment社 のCustomer analystであるTom Forte氏曰く

「もしブロードバンド環境サービスを強化するつもりならば、ビデオ検索において圧倒的なサービスを作り出す事が、企業にとって重要である」


AOL said it will fold Truveo’s video search technology into the company’s own search and video products in the coming months. The purchase follows AOL’s acquisition of Singingfish during November 2003 and the company’s launch of AOL Video Search during July (see AOL Offers Customization).


AOLによるとTruveo社のビデオ検索技術を、今後数ヶ月の間にAOLの検索エンジンとビデオに組み込むという。この買収は、AOLが2003年11月に傘下に収めたSingingfish社に続くビデオ検索のための買収である。

During December, Google said it was paying $1 billion for a 5 percent stake in AOL (see How Google-AOL Alters Search). In addition to access to AOL and Time Warner’s vast content reserves, Google’s deal with AOL outflanked a competing offer from Microsoft.


Googleによると、2005年11月にAOL株5%を取得するために$1 billion を支払った。このディールは、AOLとタイム・ワーナーの豊富なコンテンツ資産を手に入れただけでなく、マイクロソフトを出し抜くこととなった。


While AOL declined to release numbers for the Truveo deal, a company spokesperson did allow that it is the largest acquisition by the company since it bought Advertising.com during June 2004. That deal was for a reported $435 million.


AOLは、Truveoの買収金額を公表していないが、スポークスマンは、2004年6月のAdvertising.com買収金額$435million以来の最高額である事を認めている。

The Truveo purchase follows a spate of AOL acquisitions of consumer Internet companies. In 2005, AOL bought Music Now, Weblogs, Xdrive, and Wildseed (see AOL Nabs Weblogs and AOL Buys Xdrive).


この買収は、AOLによって頻繁に行われている一連のコンシューマインターネット企業買収である。AOLは、2005年にMusic Now, Weblog, Xdrive, Wildseedを買収した。


Founded by Tim Tuttle and Adam Beguelin during January 2004, Truveo debuted its video search technology during September 2005. Almost instantly, it became the subject of intense takeover speculation. AOL and its competitors eyeing Truveo wanted its technology.

2004年1月にTim Tuttle氏とAdam Beguelin氏によって設立されたTruveo社は、2005年9月にビデオ検索技術を公表した。すぐさま買収の噂の的となった。Truveo社に注目していたAOLとその競合企業は、Truveo社の技術が欲しかったのだ。


Truveo boasts its “visual crawler” can identify video on the web not labeled as such by analyzing the content surrounding the web application.


Truveo社は、同社の"Visual Crawer"が、webアプリケーション周辺のコンテンツを分析する事によって、web上のビデオを視覚的に識別出来るようにした。


Jeff Clavier, an angel investor in Truveo, and a venture capital consultant, said it makes sense for AOL to buy Truveo’s technology now. “It is cheaper and it is easier to integrate,” Mr. Clavier said.


Truveo社のエンジェル投資家であるJeff Clavier氏曰く
「今、AOLがTruveo社の技術を買う事は正しい。何故ならば、安価且つインテグレーションが容易だからだ」


しかし、2年で$50millionかぁ。。。