2005-03-17

エニックス 『ドラゴンクエスト1・2』

テーマ:ゲーム
---
ニンテンドーDSにて「スライムもりもりドラゴンクエスト2(仮)」の発売が決定

スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエスト」シリーズとしては初のニンテンドーDS専用ソフト「 スライムもりもりドラゴンクエスト2(仮) 」の発売を決定したことを明らかにした。
---

ずっと昔、我が家の小豆色と白色のファミコン本体が壊れたとき、私は『ドラクエ2』において、水門の鍵を開けたところだった。そして再びゲームを手にしたのは、ゲームボーイにで『ドラクエ1と2』が移植したときだった。他には『3』を安く手に入れたり、『テリーの冒険』を友だちから貰ったりして、それぞれクリアしたのだが、これからは媒体を完全にニンテンドーDSに移行してしまうのかと思うと、取り残されたようなサビシイものがある。(買えばいい話ではあるけど、なんかね)

*

で、ドラクエ。

『1』がファミコン版で発売された当初(1986年頃だと思う)から、友だちのクミリーが持っていたので、一緒にやってた。
最初は手ぶらだが、武器・盾と購入すると、ちゃんとワールドマップ上でもキャラクターの手に握られる。結構芸が細かいと思った。でも、話す時はキャラクターに対し、東西南北のどの方向にいるのかを選択しなければならない。「南半球だと北は上じゃないよ」という突っ込みは、もっと大人になってからした。

大人になったときは”コンティニュー”の意味も分かった。逆に言うと、私とクミリーは常に”スタート”で開始したため、いつまで経ってもレベル1で、ガライの墓さえも行けなかった。”コンティニュー”の意味を悟ったときは、私の中でヘレン・ケラーが「水」と言う単語を理解したような驚きと喜びと光があった。でも、復活の呪文をメモするのを忘れたり、間違えてメモされてたりすると、ヘレン・ケラーはくじけた。・・・って”スタート”から開始してた時に比べたら、大したことないが。

復活の呪文というシステムに気付くのが遅かったため、私とクミリーが育てたキャラクターは、他の友だちのそれに比べてレベルが著しく低かった。そんな私たちを見かねたのか、サンゴさんから「レベル30(最高レベル)の復活の呪文を教えてあげるよ」と言われた。そしてその翌日、復活の呪文をメモした紙を手渡してくれた。

ソフトはクミリーのものだったので、私は紙をクミリーにあげて自分は覚えることにした。なんとおよそ20年経った今でもその呪文を覚えている。


”しそめけひ ひせぜごるるわ ぐぞはまめ おので”


入力すると、お城の中の見慣れたオープニングだが、レベル30でロトの鎧とロトの剣と水鏡の盾を手にした見慣れない勇者が、王様の前に立っていた。「そなたはもう十分に強い! なぜ竜王を倒さないのか!」冒頭から王様に愚痴られてしまった。その右側にはお初にお目にかかるローラ姫がいる。勇者にべたボレの様子だった。

城を出るとあまりのレベルの高さに、出現したモンスターが次々と逃げ出していく。初めてのことだった・・・っていうか、それなら最初から出現しなきゃいいのに。竜王の城の内部についても助言を受けていたのでさくさくと進み、ボスキャラである竜王もさくっと倒してしまった。ルーラでお城に帰るとすぐにエンディングを迎えてしまって、正直、とてもつまらなかった。やっぱりドラクエのキャラクターは自分で育てて、いろんなイベントを経験しないとね。

自分の育てたキャラクターで初クリアした頃、ドラクエ好きの友だちタカさんに声をかけられ、一緒にドラクエをテーマに漫画を描いたことがある。その漫画の表紙は、プリントごっこで印刷されてた。奇妙な力の入れ方だと、今なら思う。

*

ここまで、思い入れのある『1』について長々と語ったが、イラストは『2』のキャラクターだ。この絵を描いた1991年(イラストのはじっこに書いてあった)は、まだ『2』も『3』もクリアしていなかった。

タカさんとの共作から数年、”ファンタジー”というテーマでイラストを描くことになった私は、クミリーとタカさんとの想いを胸に、このイラストを描いたのだった。

ということで、これから『ドラクエ』漫画も出していくつもり。ちなみに私はサマルトリアの王子を主役にして、ストーリーを展開するのが好きだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

みおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■お褒めいただきまして、ありがとうございます。

tsuna11さん、こんにちは。
変なことをやたらと覚えている管理人でございます(笑)。

こちらのイラストブログと、某箇所(ナゼカ、伏せる/笑)でやっている音楽ブログ、ともどもよろしくお願いいたします。

5 ■こんばんは

はじめまして。元漫画少女さんの所から、やってきました。
ガラスの仮面やお父さんは心配性もツボだったのですが、懐かしの「復活の呪文」に反応してしまいました。ありましたね、そんな呪文(でも、もう憶えていなかったです)。
みおさんのページがとても面白かったので、ネットをウロウロしていた所、もう一箇所でやってらっしゃるブログも発見してしまいました。「ガンダム語」など、こちらも色々とツボだったのです。また、寄らせていただきたいと思います。ではお邪魔致しました。

4 ■初めてそのセリフを見たときは、

我が目を疑いました・・・。(笑)

他にもクリア後に、『1』ではガライの亡霊、『2』ではムーンブルグの王様の亡霊に、それぞれ会えます。他にも何かお楽しみ(掛け言葉/笑)があるかな。

過去に描いたドラクエ漫画を、加工してブログに掲載していこうと思うので、またご覧ください☆

3 ■出た!お楽しみ!!

久しぶりに、こちらにおじゃましました。まだみおさんのお返事、見てなかったなと思いまして。

しかし、どれも懐かしい!「すけさん」、「コナン」、いましたねぇ。ちなみに私のときは「ランド」でした。

寝込んで戦線離脱はゲームボーイ版だけだと思います。「1」のお楽しみ・・・宿屋の親父、覗いたな(爆)!!・・・失礼しました。

2 ■ありましたね、そんなコマンドが!

こんばんは。風爺ぃさん。

あははは! 確かに爆発したときの頭みたいですね、すけさんって。(サマルトリアの王子の名前その1)
「かいだん」と「とびら」。確かに不思議だーーー。今、思い出しました。(笑)

ゲームボーイ版『1、2』をやり直したら、いろいろ小ネタが追加されてました。
『2』では、コナン(その2)が寝込んで戦線離脱することがあるんですよね。
『1』では、姫と共に宿泊すると、「おはようございます。昨夜はお楽しみでしたね」と宿屋の方に見送られます・・・。って、オイ!

1 ■コマンド「かいだん」。

こんばんは!こちらは初めてです!

私も、「ドラクエ世代」です。ドラクエシリーズって、確かにキャラクターを育てることが、楽しみの一つになっていますよね。私もかなりやりこみました。Ⅱをプレイしたときは、「サマルトリアの王子は、何であんなに頭が爆発しているんだろう?」と、考えたものでした。

Ⅰの「はなす」→「きた」も懐かしいですが、「かいだん」や「とびら」のコマンドも、懐かしいですね。今思うと、不思議なコマンドですが・・・。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。