2005-06-02 21:00:23

すずめの涙ー桂銀淑

テーマ:歌詞

ケイウンスク世の中であんたが一番好きだったけれど
追いかけてすがりつき
泣いてもみじめになるだけ
幸福を窓に閉じこめて飼いならしてみても
悲しみが胸のすき間から忍び込んでくる
※たかが人生なりゆきまかせ
男なんかは星の数ほど
泥んこになるまえに 綺麗にあばよ
好きでいるうちに 許してあばよ ※
もし・・・今度生まれてくるなら孔雀よりすずめ
口紅も香水もつけないで誰かと暮すわ
色づいた夢を見るよりも
ささやかでもいいの
あたしだけ飛べる青空を持ってる人ならば
たかが人生 綺麗なときは
花よりもっと短いはずね
酔いどれになるまえに 背中にあばよ
好きでいるうちに 許してあばよ
(※くりかえし)
許してあばよ
♪(すずめの涙ー桂銀淑)


これは、ケイ・ウンスクの1987年にはやった歌です。

僕も、好きで、スナックのカラオケで歌った事があります。

ケイウンスクさんのあのハスキーな声がいいんですよね。

愁いを含んでいて。


彼女は、昭和36年7月28日生まれらしいから、今43歳かな?

韓国ソウル出身です。その頃チョウヨンピルも売れてたから、韓流ブームの先駆けだったのかもしれませんね。


この歌詞通りに、行動できる人はすごい強い人でしょうね。

なかなか 人間という生き物は、未練があるから、こんなに簡単にあばよとはできないのが普通だと思います。

でも考え方はいいですね。

男も女もいくらでもいる。執着心を持っていてはよくないよ という事を歌っている。

私だけを愛してくれるなら、贅沢は言わないという事を言っているように思えます。


今の人は、金が1番、愛情はその次という人が多いから、いやですね。

え! そんな事はないって?

たまにはそんな人もいるかもしれませんねー...


若い子は、三高を求める子が多いんですけどね...


え! 若くないって?

それはそれは。 夢やぶれたんでしょうね....。

AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード