小春にっき

独身パパと愛娘犬コハルとの、お気楽生活日誌。


テーマ:

一昨年前のクリスマスに契約して


約1年がかりで工事責任者として携わった御宮の新築工事が


先日ようやっと御引き渡しの運びとなりました。




小春にっき


旧のお社は火事で焼失してしまった為


離れて建てられた(燃え残った)本殿以外は


全て新しいものに建て替えられました。



小春にっき


予算的にも厳しく


他にも沢山の業務を掛け持ちしながら監理していたので


とても苦労した物件ですが


その分感慨もひとしおです



小春にっき


大きな妻を持つ側面


屋根が潰れて見えないように多少ムクリを帯びた大屋根



小春にっき



神明造りなので屋根型はシンプルですが


個人的には簡素なデザインの方が好きな私です。



小春にっき



外部は殆ど石貼り仕上げですが


近年は精密な施工図を作成してやると


中国で加工・仕上げまでそこそこに製作してくれるので


コストも下がりこの様なスタイルが主流となってきています。


図面を書いた当人としては


仕上がるまで、目地の角角がきちんと揃うかとか


複雑な形状をした高欄が、寸法通り納まるのかドキドキですケドねあせる


(若いころは間違えて職人さんに迷惑をかけました)



小春にっき


内部も広々~


総桧作りで壁面は漆喰仕上げ


畳のイ草がいい香りです。



小春にっき


天井は、竿を梯子の様に組み込んだ格天井です。


私が乗っても落ちませんよ(笑



小春にっき



このブログを読んで下さってる皆さま


一件如何でしょうかはてなマーク


お気軽にお声掛け下されば


コハルと共に営業に参りますよ (・ω・)/



工事の途中経過が見たい方は


監理業務をされていた設計事務所さんのHPに


掲載されているのでそちらをどうぞ


恥ずかしながら私も写り込んでおりますよん → コチラ









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

そういえばお正月


外出先で少し待ち時間があったので


普段はあまり入らない古本屋さんに入ってみました。


ちょうど新年セールの真っ最中


文庫本等は某大型ネット通販サイトで購入しますが


覗いてみたかったのは


専門誌


特に美術系


大規模なテナントを構えてるお店か


誰が来るのってくらいマニアックなお店にしか


そのコーナーは存在してませんが


この日はついてました。



小春にっき-120110_1702~01.jpg


新刊を購入しようとすると結構な値段するんですよ



小春にっき-120110_1719~01.jpg


昭和43年初版で¥2,800-か


今買うと2万~3万位しそうですね。



小春にっき-120110_1703~01.jpg


それが何と驚きの


( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚¥105-ナリぃ汗



小春にっき-120110_1703~02.jpg


売れないんでしょね…


何枚も値札が貼ってディスカウント歴が凄いですケド


通常は¥1,400-程で販売していたみたいです(それでも安い



小春にっき-120110_1717~01.jpg



全く興味の無い人にはただ重たい紙の束にしかならないのでしょうが、


私にとっては、普段拝観が禁止されているエリアの建物や


大きな写真が載っているので


細かいディティールまでが見て取れて



小春にっき-120110_1718~01.jpg


学術的な解説文も載っているあたり


喉から手が出るほど欲しいけど


通常なら高くて買えない代物です。


本殿の様式等も


それぞれのルーツになっている最古、最大規模の社殿を掲載しているので


それぞれの地方で末社を製作する機会の多い我々の様な職種の人間には


教科書みたいなもんです。


あー有難いこっちゃ


こんなに安くして貰っちゃってヾ(@^▽^@)ノ



小春にっき-120110_1723~01.jpg


まだまだ欲しい巻がありますが


なかなか巡り合えるもんでもありません


気長に運命の出会いを待つとします(笑

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

正月早々


少しアートなネタをば(・ω・)/


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


創作系の勉強をされてる方は


教科書なんかでも出てくるくらい著名な写真家だとは思いますが


リチャード・アヴェドンの写真っていいですよね.



私が良く目にするのは


好きなミュージシャンのジャケ写だったりしまが


作品を見た受け手側の私達の方が


その表情や仕草で色々想像を掻き立てられてしまい


ある種読み手の感性も問われる素晴らしい作風だと思います。





小春にっき


M・ジャガー


このアルバム買った時に


どんな写真家が撮ったんだろうと気になり


思わずぐぐってみたんですよね。


いくつになってもトンガって見える彼の


これまたカッコいい笑顔のスナップ


年を重ねて多少丸くなってきた感はありますけど


なかなか見れない表情です。



小春にっき



M・モンロー


唯一好きなスナップショット


これは有名ですよね


アメリカのセックスシンボルの素を捕らえた一枚





小春にっき


O・ヘップバーン


欧米人がモノクロで撮ると


アジア圏の作風とは全然違ってきますよね


民族の歴史や風俗の違いがでるんでしょうか


もしくは単純に外タレへの憧れか(笑




小春にっき


ビョーク


前衛的な彼女も


またひとつ普段と違った表情





その他にも有名でよく見かける作品が多々・・・



小春にっき


サイモン&ガーファンクル
小春にっき
J・レノン


知らなかったけど、日本人ではこんな人のも



小春にっき


 

宇多田ヒカル


音楽好きで洒落たリスニングルームをお持ちの知人方々は


JAZZの巨人達等のカッコいい写真が大判で飾ってあったりしますが


私の場合は、M・ジャガーの作品なんか


大きく貼りだしてみたいですよね


部屋小さいケド(涙


当然レプリカ印刷物で十分なんですが


御幾ら程するもんなんでしょうかねぇはてなマーク




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事柄、彫刻の世界にも深くかかわっているせいか


寺院周りをしていても


人とは違った場所ばかりが気になってしょうがありません。


うちの会社でも大工に彫らせたりしますが


社寺建築において主に向拝 (ごはい)と呼ばれる場所の


両木鼻(きばな)に用いられる獅子の彫刻にも


作者によって色々な表情があります。



小春にっき


なんか頼みごとしてるっぽい感じ



小春にっき


ど~もすいませんってか(笑



小春にっき


腕組んで悩んでいる感じ…


厳つくオドロオドロシイ造形よりも


なんとなくユーモラスな表情をした獅子達が私は好きですね


そして我が家の生きた獅子( ´艸`)↓



小春にっき


コハル神社でも我が家に建てたら


木鼻で採用する事にしましょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


あら



小春にっき


まぁ



小春にっき



と、言ったアテレコが出来そうな木鼻の獅子彫刻ペアを発見(笑


土地柄にもよりますが


正面向いてたり、振り返っていたり


痩せてたり、太っていたり


不気味だったり、デフォルメされてたり


和風だったり唐様だったり…


全国周ると色々あって面白いです。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

せっかくブログテーマを作っておきながら


あまりにもこのテーマで更新してませんでしたね汗


あまり興味のない方もいらっしゃるでしょうが


少し変わった作りの保育園がこないだ完成したので


ご紹介させて頂きます。



小春にっき


敷地が3角形という事もあり、平面計画の難しい条件でしたが


ウチの得意な木造で組んだ、真ん中に柱のない大断面構造です。




小春にっき


最新の耐震規格にも適応しているので


災害時でもここが避難所にもなります。



小春にっき


天井に巨大色鉛筆が刺さっていますが(笑


これも正直無茶な注文でしたが


神社なんかの丸い柱を削ってくれる大工に頼んで


それなりに色鉛筆らしく仕上がったと思います。



小春にっき



建具にも、普通の建具の鍵をガシャンと掛けると

 

 


閉じ込められたと思って泣いてしまう園児の為に



小春にっき



小さな穴の中に丸棒を通して内外どちらからでも


大人であれば施錠が出来るこの様な物を取り付けてみたり



小春にっき


なにか摑まる物がないとう〇ち出来ない子供の為に


ゾウさんの手摺 兼 ペーパーホルダーを付けたり



小春にっき


子供が足を挟んだり、よじ登ったりしない手摺のデザイン等


一般建築には無い幼児用施設という仕事を


沢山経験させて貰いました。



小春にっき


まぁ、なんいしてもスモールサイズ(幼児用)なので


おもちゃを取り付けている様な感覚でしたけど( ´艸`)


小春にっき


どこかのハウスメーカーの宣伝文句ではありませんが


やはり木を目で見て触れて育つ子供は


なにか良い面があるのではないかと


商売柄勝手に思ってしまう私です。


もともと技術として持っている日本建築の伝統技法と


近代技術のノウハウを上手く融合させて


新たな建物を創造し作り上げるのは


苦労も多いけど、得がたい喜びの一つです。








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

県内の文化財保存改修工事の現場に



小春にっき


奈良で最後の宮大工と謳われた


故、西岡常一氏の内弟子


小川 三夫氏の講演会があったので行って参りました。


NHK等をよくご覧になる肩は御存知かと思いますが


徒弟制度を今でも用い「鵤工舎」を設立し


沢山の弟子たちを育てた人でもあります。



小春にっき


講演の内容は、すでにメディア等で紹介されていて


初めて聞く話ではありませんでしたが、


現場を踏んだ経験を交えた人の育て方は


同じ環境で仕事している我々には


いちいちおっしゃる通りと頷く含蓄のある話でした(・∀・)


直に話を聞く中で、人となりも何となく伝わりますし、


イヤー、忙しい中時間割いて聞きに行って良かった×2





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前から興味があったのですが


先日フリーの三次元ソフト


Google SketchUp


試してみました。


1時間ほどいじくってみましたが


良い意味簡単


悪く言うとアバウトすぎ


それでも使い方次第では可能性の高いソフトかな~


という印象


フリーだしね(笑


我々社寺建築世界の図面は曲線が多いので


今まで手書きのパースはすべて外注任せ


カラーだと簡単に20~30万かかってしまうので


もう少し空いた時間を利用して使いこんでみて


実務に生かせるといいのですが


どこまでのポテンシャルがあるものやら


ちょっと楽しみでもあります。



小春にっき-090314_0834~0001.jpg


学生時代、苦手だったパースぺクティブ


当然いまのようにPC技術が普及されていなかったので


絵描きの要素が多いこの授業


いつも採点評価はB以上貰えなかったな~


とか


講師の先生が、この職で食っていくのは大変だぞー


とか言ってた事、


ちょっと学生時代を思い出してしまいました(*v.v)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年までは、


一括りの纏まった仕事を任される事が多かったので


なかなか、それ以外の事に従事出来なかったのですが


今年に入って、色々業務内容が増えたにせよ


長期的に拘束される事が少なくなったので


スポット的に色んな場所へ行けるようになりました。




小春にっき


学生時代は、かなり苦手だった物理工学の講義会場です(汗


2日に渡り、鉄骨とコンクリート造の耐震診断方について


近県の工科大学教授の有難い御講義を静聴させて頂きました。


かなり難易度の高い内容でしたが、


大学等出ていない私にとっては


30代半ばにして初めて大学生気分を満喫(笑


でも専門過ぎて半分も理解できたかどうか…


てか、講師の先生によって全然理解度が違いますね。


しっかり間をとって話されるのは


頭の回転が遅い私の様な人間には、


意味を咀嚼する時間が与えられるので大事です。


頭の良い方は、同レベルの人としか話通じないですよね。


正直、ただしゃべり続ける先生の話は


聞いてて辛かったですよ。(´д`lll)


いやー、件の禿ズラ偽装事件から


私達建築技師のレベル向上を図る講習受講の義務化等


様々な法改正が行われていますが、


正直私らコレで食ってる人間にとっては


建築士や監理技師の資格など


車の免許と同じくらいの感覚で


車の免許取ったからって、


直ぐにカレーサーになれないのと一緒なんですよね~


要は、実務と経験が物を言う世界


学生時代の恩師からも


「資格取るために頑張りなさい


だけど取ってからが大事


資格なんて足の裏のご飯粒みたいなもんですよ」


その心は

  

ご飯粒(資格)を取らないと歩く度に気持ち悪いけど


そのご飯粒はせっかく取っても


食べれない(収入に結びつかない)んだよね~


と言う事らしいです 

 

(・∀・)なるほどね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

コハルの事中心で


あとは音楽関係をちらほら書いて


あとは愚痴(マテ

 

あえて仕事と切り離しつつみたいな感じで続けてきましたが


今回、心機一転テーマを追加してみました


(ネタが無いとも言う


ブログを2年以上続けてきて、最近は自分自信、


前ほどPする事に面白身を感じなくなっていたのですが


話の的を絞るという意味でも書き易くなるかなと思い


これからも幾つか的が増えていくと思われますので


お付き合い下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


さて、そんな訳で今回は「アーキテクツ」


つまり私のお仕事の話になるのですが


先日リホーム物件にて


現在の担当者では手に負えないという事で


私の方に回ってきた案件


インターネット検索を多様される方で


あちこち御自身で品物を選んで来るのはいいが


新築物件でもなければ


製品同士のマッチングや


コーディネイトしてくれる人間もいないのに


どんどんと自分の欲しいものを並べてくるタイプ


輸入品を売るだけで、現地での組み立てや


その後の保障を切らない


悪質ブローカーみたいな代理店の姿勢にも疑問を感じつつ


こなしている訳ですが、


反面、普通にこの辺で仕事してても


なかなか携われない品物なんかも出てきたりして


ちょっとした楽しみがある仕事だったりします。


昨日も施主のほうからかなり難しい宿題が・・・





↑これ何だか分かりますか?


実はトグルスイッチのインテリア用輸入品なんですが、


旅行先のカフェのトイレに照明スイッチとして


付いてたのを気に入ったらしく


写真を一枚撮ってきたのを見せられて


是非同じモノを探して欲しいと


(゜д゜;)情報が少なすぎるんですけどねぇ…


勿論ご本人、ネットで散々探した揚句


自分では見つけられなかったので


泣きついて来られたんですが


私だってこんなもん見た事も触った事もありませんよ(汗


まぁ、さんざ東京の業界仲間なんかにも電話して


四方調べて回ってやっと見つけたお店が


結構良い感じだったりするのでHPを紹介しておきます。



オージー・メイト・ティンバーズ



皆様もどうですか?


1か所3万円位の電気スイッチ


照明器具との相性や、国産部品との不整合性など


やりにくい面は多々ありますが


これだけで自分の部屋のイメージまで変わるのは


間違いないと思います。


一見面倒くさそうに思えるこの手のお客さんですが


むしろ自分のしたい方向性がはっきりしている分


私たち作り手としてもやり易かったりするんですよね(^▽^;)


私が今まであまり手がけて来なかった


インテリアや品物から逆算して


建築空間を設計するという手法


やってみるとこれもまた意面白いものです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。