-江畑貴弘official Blog-

日常の1シーンや想いを自分の言葉で。


テーマ:
ゴロンと寝っ転がって部屋の電気を消してボケっとするのを10分くらいやる。

その後に、歌が無いBGM(ピアノの旋律とかがいい。YouTubeとかでも沢山あります)を流して同じようにボケっとする。

そうすると、音楽を流した瞬間の景色の変わりように驚きます!

景色が色付くとはこのことか!と思いました。寝る前にでも1度やってみて。



こんにちは、江畑です☆


1曲分の歌詞が完成した。
書き上がった瞬間は小さく「よしっ」って声が出ました。コード譜も書いた。
あとは正式タイトルだけ。

仮タイトルは「僕らの未来」にしてあります。立ち位置的には僕らのストーリー2みたいな感じの内容の唄になるのかな。


この歌の作詞中に気持ちの変化がありました。

僕は音楽を作るとき昔から新しいモノを自分から産み出そうとしてばかりいました。

書いてない曲調とか書いてない作風とか色々探しながら書いていた。

「あれと同じじゃん、あれと似てるじゃん」って自分の過去の歌と比較されるのは嫌だから一度使った言葉やテーマは使わないように心がけていたし、それがいつからか自分のプライドみたいになっちゃって避けていた。ここ2年間くらい特にそれが強かった。

新しい作風を足していけば自分の幅は広くなると思いきや、その制限のせいで新しいことが形になる事に時間がかかり過ぎていた。


でも、いい言葉に出会った。

「大事な事なんだから、自分が伝えたいと思ってることなんだから、何度もその言葉が出てくるわけで。それが本当に伝えたい事なんだろうから、それなら何度も繰り返して伝えたらいい。」

という言葉に、肩の荷が全部降りた。


僕は才能があるわけでもないし、個性的な何かがあるわけではない。

そこを埋めようと四苦八苦するよりも、結局は自分が信じてることや、大切にしてる事を、もっと信じて、もっと大切にする。

それこそが自分のやるべき事、それを繰り返すことで個性になるのかなと思いました。

だからモノを作るとき「あ、これは他の歌で書いたかな」って思って違う言葉で取り繕ったり飾ろうとして行き詰まりになって止まるより、「これは伝えたい事だから書き残そう」と思えるようになれるのかなって思っています。そう考えるだけで作るという事がより充実していくような、そんな気がしています。


これを機にちょっぴりでも前進出来たらいいなって思っています。



明日は月曜日。
今週もお疲れさまでした。
また明日から一週間頑張りましょう☆

では、また☆


P.S

奈良に行った時の鹿

{5E04E16F-EC5F-47EF-998C-E28A1D3AE47B:01}

可愛いいのでiPhoneの待受にしてます(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード