いま閉鎖感を感じるなら、英国人を真似て夕暮れにビールの立ち飲みをしよう!

そんな時に <ルイス> を着ていると、なぜかロックン・ロールな気分になれるんだ。

世界中にルイス・ファンがいるから、こんなマニアックな本が完成した!

田中凛太郎

 

久しぶりの新刊、書籍が入荷予定です。

マイ・フリーダムでお馴染みの田中凛太郎氏の新刊が1年ぶりに完成しました!

今回は「ルイス・レザーズ」前編(125年のアーカイブ)

246ページにわたり大変貴重な写真や資料が網羅されたアーカイブ本です。

以下の田中氏のコメントから察するにかなり気合の入った作品なので売切れ必至!

是非、初版で持っておきたい一冊です!

 

本体価格 6,900円(税別) 2017年1月31日発売

予約のご連絡は075-241-3545 (Bar EP)

受付時間、17:00~19:00

「本の予約」とお伝えいただき、お名前と連絡先、数量をお伝えください。

1月20日まで予約受付いたします。

宜しくお願いいたします。

 

Mad Clothing EP
京都市下京区平居町19
五條製作所3F 上京の間

 

 

拝啓 前作の「XLARGE」(2016年1月発売)からあっという間に1年がたとうとしています。そして私にとっては23作目となる新作「ルイス・レザーズ(前編)」が間もなく完成致します。

 

 本書は、2003年よりロンドンで <ルイス・レザーズ> の新オーナーとなったデレク・ハリスと一緒に作った、同社の125年史をまとめたアーカイブ本、しかもその前編です。デレク氏との出会いはもう17年前のことで、その後革ジャン友達として交流が長く続いてきました。いつもロンドンで会うたびに「いつか本を作ろう。しかもお互いエネルギーがあるうちに」という話題になり、その夢がついに実現したことになります。デレク氏は昨今の世界的な革ジャン・ブームにおいても火付け役の一人であり、ルイス研究においては世界ナンバー1のコレクターでもあります。しかも彼の "オタク的リサーチ" はプロも顔負けの凄さで、私にとっては「一緒にとことん本を作ろう!」という気持ちになれた久々のケースです。実際の製作は今から2年前の2014年秋にスタートをしましたが、あまりに膨大なコレクションのため、「まずは創業1892年~1960年代までを特集した(前編)を完成させよう」となった次第です。これは同社の歴史上、ミステリーが多かった最初の70年間となります。

 

 今回の本は前作の「XLARGE」本と同様に、古いレコードのSP盤サイズ(正方形)となっており、しかも昨今の世界的なレコード・ブームで注目されている「日本盤スタイルの帯付き」をモチーフにしました。写真点数は1600点を超えており、どれも「初めて見る」スーパーレアなアイテムばかり! 革ジャン・ファンのみならず、歴史的資料を探しているデザイン関係者にとってもお楽しみいただけるでしょう。どうぞ、ご期待ください!     敬具

 

2016年12月吉日

田中凛太郎

 

AD