大切なコミュニケーション

テーマ:

今冬1番の強い寒気に見舞われ、広島市内でも積雪があり⛄️気温の低い週明けとなりましたが、みなさま体調をくずされてはいませんか?


☃️寒中お見舞い申し上げます。
歯科衛生士の久原です。


さて、スタッフの多いイースト歯科では、コミニュケーションツールとして 『院内報』 を発行しています。


今年こそ挑戦したいことは?
自分の強みは?
好きな動物は?


などの簡単なアンケートに答えたものを、取りまとめて紙ベースにして発行します。


日々慌ただしくて、なかなかスタッフ間でコミニュケーションが取りにくいイースト歯科では『院内報』を見て、新たに会話が生まれ、広がるきっかけになったりするのです。


LINEなどのSNSでのコミニュケーションが、幅広い世代で確立されている昨今ですが、アナログな『院内報』はイースト歯科では大切なコミニュケーションツールです。



私たち歯科衛生士は、患者様に普段の歯磨きの状況など以外に、お仕事の内容やご趣味など一見すると治療とは関係の無さそうな質問をさせてもらっております。
生活背景を知り、コミニュケーションを図る事でより個々の患者様に合った対応が出来ると考えているからです。


先日も歯科衛生士の谷垣裕美子先生の院内セミナーで、技術の向上はもちろんのこと、コミニュケーション力もとても大切だと学んだばかりです。



患者様おひとりおひとりとの会話を大切にし、良好なコミニュケーションを築いていけると良いなと思っております。


そして患者様に喜んでいただき、より良いお口の環境づくりをサポート出来る歯科衛生士になれるよう、学びを生かしていきたいです。

AD

かかりつけ歯科医の価値

テーマ:

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、医師である首都大学東京教授の星 丹二先生によるとその著書

「なぜ、「かかりつけ歯科医」のいる人は長寿なのか?」
Amazonへのリンクはコチラ


の中で、私たちの調査結果によって、かかりつけ歯科医を持つことが良好な口腔機能を保つのに十分な効果を発揮させている状況のみならず、実は、かかりつけ歯科医を持つ人ほど、寿命も長く、さらに要介護状況になりにくい健康長寿につながる良好な生活を維持していることが明らかになり、かかりつけ歯科医をもつことが健康長寿を維持するひとつの方法になりうることを表わしていると述べています。

このため、イースト歯科クリニックにおいても、皆様のかかりつけ歯科医になるよう、

「予防は治療に勝る」

の診療理念のもと、生涯にわたって自分の歯で食べることができる環境を提供するようスタッフ一同誠意努力していきますので、今年もよろしくお願い致します。


イースト歯科クリニック

院長 上田 裕次

AD

お別れと出会い

テーマ:

こんにちは★
だんだん冬本番になってきましたね(+_+)

早いもので、2015年もあと1か月ちょっとになりましたねビックリマーク

忘年会シーズンで、呑みに出る機会も多くなりますね\(^o^)/
酔っぱらって帰ってそのまま寝ちゃう・・・zzzなんてしていませんか?(笑)

年末年始はイースト歯科クリニックもお休みを頂いているので、
むし歯が出来て困った~(>_<)なんてことにならないようにしっかり歯磨きしていきましょう★!!


さて、8月から来て頂いてた研修医の磯遊先生が今月いっぱいで研修が終わります(T_T)

磯遊先生は小柄ながら、すごくパワフルで何事もそつなくテキパキこなしてくれていたので、スタッフ一同本当に助けられました!

今後も先生持ち前の’癒しパワー’で頑張ってもらいたいです(*^_^*)
4か月間お疲れ様でした。




12月からはまた新しい研修医の先生が来られるので、また違う雰囲気になると思いますニコニコ
それも楽しみにしておいてください音譜


以上新年に向けて家の大掃除をちょっとずつ進めていきたいなと思っている三好でした(*^_^*)

AD

悩めるママたちの味方

テーマ:

こんにちは。

歯科医師の根木聡子です。


ただいま、私は11ヶ月の子の母としても育児奮闘中ですが、


こんなに思い通りにいかないなんて・・・と毎日一喜一憂してしまっています。




そんな我が子にも歯が生えてきまして、拭おうとガーゼを近づけようものなら、



「さわらないで!」



とばかりにお顔をプイッビックリマーク





歯ブラシを近づけると



「自分で持つの!」



と手が出てくるので、結局ははがいじめ。




治療になると本当に大変なのを見ているので、はがいじめでも仕方ないか・・・と思えますが、ママたちは皆、大変だなぁと改めて実感しています。




悩めるママたちの参考にしていただきたいのが、


日本歯科医師会のホームページにある


『日歯8020テレビ』です。


http://www.jda.or.jp/tv/76.html




年代別のポイントがわかる動画など、お口に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています。


ぜひ、チェックしてみてくださいニコニコ

岡﨑先生がご出産!

テーマ:

ほんのり暖かかった日々も終わり、だんだん冬に近づいているのが肌で感じられるようになりましたね。
歯科医師岡田です。


八月から産休に入っている岡﨑先生が九月に元気な男の子を出産されました。




初めての育児で大変そうですが、岡﨑先生のガッツがあればきっと大丈夫だと、陰ながら応援しています。一段落したらイーストに復帰してくれたらなと楽しみにしています。


さて、そんな私ですが、只今第二子妊娠中です。


上の子のいやいや期に翻弄されて、自分が妊婦である事を忘れるくらい慌ただしく過ごしています。


順調に行けば12月一杯まで勤務させて頂き、夏ごろに復帰しようかと思っています。

テーマを募集します!

テーマ:
こんにちは(^^)歯科衛生士の木曽です。
日に日に涼しくなり、秋がやってきたように感じる今日この頃ですが、
みなさま体調崩されたりしていないでしょうか?

秋といえばスポーツ、読書などいろいろ思い浮かびますが、
私はやはり食欲の秋です!
色々な所へ行っておいしいものを食べるのが大好きです!
食べたいものがたくさんあるので、体重と相談しながら…
そしておいしく食べるためには、やはりお口の健口管理がとても大切ですね。


さて、当院で発行している「かわら版」「キッズニュース」みなさまご覧になって頂いておりますか?



これまでは、私どもが「これをお伝えしたい!」と考えるテーマを取り上げてきましたが、
この度、みなさまがご興味を持たれていることや、日頃感じている疑問や不安についてお答え出来ればと考え、テーマを募集させて頂くことになりました。

受付に箱をご用意しておりますので、
診療中になかなか聞けないことや、こんなことが知りたい!など
なんでもお聞かせいただければと思います。

みなさまの意見をお待ちしております!!

実はすごいデンタルフロス

テーマ:

みなさんこんにちは
歯科衛生士の元谷です!


あっという間に9月も後半に入りましたね!
私の大好きな秋がやってきました(^_^)
秋は美味しいものがたくさんあるので、、、(笑)
わたしの食欲がさらに増して大変です(笑)

そろそろ金木犀のいい香りもする頃なので
それもわくわくしています!

みなさんはなにか秋の楽しみがありますか?(^_^)


さて、今回は清掃用具の「デンタルフロス」についてお話しようと思います。

みなさんデンタルフロスは使ったことがありますか?



(イラスト:GCホームページより)



デンタルフロスとは
歯と歯の間の汚れを取るための糸です!


怖いからしない!

めんどくさいから、時々なら!

物がはさまったときだけ!

気になったときだけ!


という方も多いのではないのでしょうか?



実はデンタルフロス、

みなさんが毎日使っている歯ブラシと同じくらい重要なアイテムなんです!



どんなに綺麗に歯の表面を磨いていても、歯ブラシでは歯と歯の間のプラーク(生きた細菌の塊)は取れないので、毎日歯ブラシを使うのと同じでデンタルフロスを使う必要があります。


なぜ、歯と歯の間のプラークをとらないといけないのか。


それは、歯と歯の間が一番歯周病が
進行してしまう部位だからです。


歯と歯の間は歯周病菌が活動するのに
良い条件がそろっている場所です。

歯周病菌が悪さをしないように、
歯周病菌の数を減らすために、
汚れをしっかりとっていくことが大切です!



また、歯と歯の間は虫歯にもなりやすい部位です!デンタルフロスをすることで虫歯予防にもなります!


最初は難しくてできないという方も多いですが慣れてくるとほとんどの方が出来るようになります(^_^)


デンタルフロスは誤った使用方法では歯ぐきを傷つけてしまう可能性もありますので、正しく使用することも大切です。

使用方法は当院でご指導させていただきますので、気軽に歯科衛生士にお尋ねください(^_^)


ぜひデンタルフロスをつかって
歯周病も虫歯もしっかり予防し、
秋の美味しいものを美味しく
たくさん食べましょう(^_^)🎶

とっても大切なPMTC

テーマ:

夏休みも終わり、ホットしているお母さんも多いかと思います。
ママさん衛生士の花田です(何気に私がそうです 笑)


さて、今回は当医院のメインテナンスでもおこなっているPMTCについてお話したいと思います。

PMTCとは・・・?


P ・・・ プロフェッショナル(専門家による)


M ・・・ メカニカル(機械的な)


T ・・・ トゥース(歯の)


C ・・・ クリーニング(清掃)


の略です。

つまり歯の掃除のプロである私たち衛生士が専門の機械を使って行う本格的歯のお手お入れです


【自分の歯磨きと何が違うの?】

汚れを取って磨くだけなら自分の歯磨きと大きな違いはないようですが、歯磨きで落とす事のできない汚れがあります。これを「バイオフィルム」と言いこびりついた状態の細菌の塊です


歯周病や虫歯お温床となるバイオフィルムを研磨剤や専用機器を使用して磨き落とすことで歯周病や虫歯の予防をする事になります


また最後にリナメルというペーストでしあげます(患者さんのお口の状態に合わせて)


【リナメルとは??】

歯の表面にできた目に見えない細かい傷は、プラークやステインが付着する原因になりますが、リナメルを使用する事で「アパガードリナメル」に配合されたナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが直接歯に作用し、ミクロの傷を修復し、さらに、表層下脱灰部を再石灰化します



●ミュータンス金の生成を抑制します

プラーク1mg中におよそ1億個もの細菌(ミュータンス菌)が存在します。

ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトはその細菌を吸着。プラークがつくられにくくなります。


●ミネラルの行き渡った丈夫な歯にします

ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトのミネラルは歯の内側まで浸透。

表層下脱灰部を再石灰化します。

その再石灰化効果は、フッ化物配合歯みがき剤と同等であることが確認されています。

(米国テキサス大学ヘルスサイエンスセンター、アメチ教授ら)



 



 



すっかり広島が大好きに

テーマ:

こんにちは。


8月よりイースト歯科クリニックでお世話になっております、


歯科医師の磯遊(いそゆう)と申します。


周りの方々に助けられながら、とても充実した毎日を過ごしています。


1ヶ月が過ぎた今、すっかり広島が大好きになりました。


休日には大好きな野球を観にマツダスタジアムに行くこともあり、プライベートも楽しく過ごしています。


イースト歯科クリニックでのご縁に感謝しながら、毎日できることを精一杯がんばります。


4ヶ月間という短い期間ではありますが、よろしくお願い致します。

産休明けと産休入り

テーマ:

皆さんこんにちは音譜

イースト歯科クリニックの堀内です。
気付けばもう9月ですねビックリマーク

季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、体調崩されたりしていませんか?
急に涼しくなったので体調管理には気を付けてくださいね!


さて、イースト歯科クリニックよりお知らせです!

この度産休中だった歯科医師の根木が仕事復帰いたしました。
当面は午前中のみの出勤となりますので宜しくお願い致します。

合わせて歯科医師の岡崎が8月より産休に入りました。
復帰時期は未定ですが、元気な赤ちゃんを産んで戻ってきてもらいたいですね(^^)

皆様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんがどうぞよろしくお願い致します。