2015年04月22日(水) 22時30分16秒

【四国八十八ヵ所便所廻り 前夜】海部観光マイフローラ自慢

テーマ:旅に出たんだい!
 特に理由もなく出かけます。そもそも「旅」にやむを得ない事情などないでしょう。人によっては「旅なんて無駄」と思う人もいるに違いありません。価値観というやつですね!
 旅に出るために時には10時打ちなんぞもします。10時時ちが何か分からない人に解説をすると、列車の切符は1か月前の午前10時に発売されるのですが、人気の切符は発売と同時に売り切れるわけですよ。ということは、発売と同時に購入できるようにする、それすなわち10時打ちです。
 しかしながら10時に切符売り場に行っても10字時打ちには参戦できません。切符売り場は大体早朝の5時とか6時とかに開いているので、その時間に行って「10時打ちの予約」をします。それで、10時になったら売り場の人が切符の購入手続きをしてくれるわけです。
 そんなわけで早朝にはもう一つ戦いがあります。その売り場における「10時打ち争奪戦」です。たとえばその駅の売り場が5時にオープンするとしたら5時前に行かなくてはいけません。ああ、げに恐ろしい鉄道趣味ワールドよ。もっとも、旅行会社に頼んだ方が切符とれるという噂もありますけどね。次回はそっちにしてみようと思っていますが、そもそも私はあまり人気列車的なものに乗らないからあんまり問題ありません。
 さて、ここまで10時打ちの解説をしているのは、別に私が解説大好きだからではなくてですね、珍しく10時打ちに参戦したからです。ただし夜行バスの。時間をさかのぼって先週の17日(金)夜、私は東京駅八重洲口から徒歩5分の鍛冶橋駐車場にいました。ここは元ツアーバスだったバスたちが大量にいるところです。一応「仮説バス乗り場」という扱いになっています。そんなことはどうでもよくて、私はバスに乗りたいんです。


 
IMG_20150423_000012869.jpg

 ピンク色のバスがわかりますか。これが今回乗るバスです。海部観光という徳島のバス会社の誇る日本一の超高級バスマイフローラです。かつてツアーバスが台頭していたころは、価格破壊か?と思われるような謎の激安バスが横行しており、今もそれなりに長距離路線バス業界には価格競争あるのかもしれませんが、なんとこのマイフローラは、東京ー徳島の片道が15000円します。9時間かかるのに、下手すると飛行機よりも高いです。しかし値段相応、いやそれ以上の価値があるわけで、ゆえに大人気なんですよ。つまり10時打ちしなくてはいけないという。


IMG_20150423_000013549.jpg

 側面はこんな感じです。しかしこれだとただのどこにでもあるバスですね。外見よりも中身ですよ!バスも人間も同じ!
 まずですね、乗り込むときに、靴を脱ぎます。土足厳禁です。その靴は乗務員の方が座席番号のクリップをつけて下駄箱にしまいこんでくれます。これで履き間違えることはないでしょう。
 さて、いよいよ車内の自慢ですよ。


IMG_20150423_000014639.jpg

 これがバスの車内だぜ。一番奥のドアはトイレです。そして両端にあるのが座席です。なんと座席定員は12席しかありません。片側6人ずつです。


IMG_20150423_000014121.jpg

 前方を見たときの様子です。座席ではなくて「個室」ですね完全に。床は絨毯が敷いてあります。バスに見えますか、これ。ちなみにカーテンはマグネットで止まっています。


IMG_20150423_000015168.jpg

 座席はこんな感じ。かなりでかいです。


IMG_20150423_000015682.jpg

 倒すとゆりかごみたいですね。足元のフットレストもほぼ水平になります。
 私は頭の後ろの部分がでっぱっているという構造上、仰向けで寝ることができません。なので夜行列車と夜行バスでは全く眠れませんが、マイフローラの座席なら横向きで寝ることができるので、ちゃんと意識を失うことができました。ちなみに京都西川のふわふわで大きい毛布が貸与されてます。おくるみに包まれて健やかな眠りを得られることでしょう。
 さて、夜行バスで一番肝心なものはなんでしょうか。そうです、トイレです。


IMG_20150423_000016125.jpg

 これがバスのトイレに見えますか。鏡に向かって左側には着替えるスペースが、そして右側には便器があります。


IMG_20150423_000016689.jpg

 写真には写っていませんが、音姫もついていますよ。なぜか床暖房でした。ウォッシュレットはついていませんが、そんなのどうでもいいです。シュボッという音が特徴の真空式です。
 こんな風にはしゃいだのち、座席にいると、乗務員の方がやってきました。そして一通り座席の説明をしてくれました。一人ひとりに個別にするんですよ、ホスピタリティってやつですかこれ。ありがたや。


IMG_20150423_000017108.jpg

 座席に腰掛けました。前方にはなんとテレビが埋め込まれています。チャンネルを変えると、テレビ番組やら映画やら見ることができます。


IMG_20150423_000018183.jpg

 この日はたまたまコナン君の映画もやっていましたが、私は別にコナン君にさして関心があるわけではありません。チャンネルを変えましょう。


IMG_20150423_000017725.jpg

 見てくださいこれを。なんとカーナビに切り替わるんですよ。集中管理方式のため、カーナビの画面を操作することはできませんが、それでも常に手元に地図があるのはいいですね。おいしい機能です。ちなみにコンセントももちろんあるのでもろもろの充電できましてよ。
 あまりにもマイフローラがぜいたくすぎたので、他のバスに乗れなくなりそうです。
 さて、夜行バス徳島行きですが、途中足柄SAで休憩をはさみました。23時半頃でしょうか。私はまだこのとき起きていたので、ふらふらと外に這い出ました。落ち着きのない人間のさが。
 それで、ふらふらと足柄SAを徘徊したのちバスに戻ろうとしたところ、マイフローラが見つかりません。いや、それだと語弊がありますね。他のバスもたくさん止まっていて、かつ私がコンタクトレンズを外していたんですよ。弱視をなめてはいけないです。
 一台ずつ目を凝らしながら観察し、ようやく「東京ー徳島」と書かれたバスを見つけました。いやあ良かった見つかって、と意気揚々とバスに乗り込もうとしますが、なぜか運転士がこちらを険しい目つきで見つめてできました。あ、そうかそうか!と一人合点し、「座席番号7番のみみずです!」と名前を申し上げました。それでもなお運転士は無言で私を見つめてきます。すると後ろの方から、「お客さんこっち!!」という叫び声が聞こえるではありませんか。そうです私は乗るバスを間違えていたのです。たまたまマイフローラの近くに同じ海部観光の別のバスが止まっており、私はそれに乗り込もうとしていたのです。まあ、人間たまには失敗しますよね。
 その後正しいバスに乗り込んだ私は穏やかな眠りにつきました。ここまでバスで寝たのは初めてというくらい。ありがとうマイフローラ。


IMG_20150423_000019684.jpg

 バスはよく18日の早朝6時、徳島営業所「オアシス」に到着しました。この営業所をただの営業所だと思ってはいけません。2階がすごい。


IMG_20150423_000020317.jpg

 温泉宿とかで「15分100円」という値段設定で設置されているマッサージチェアが、なんと無料で使い放題なのです。なんだこの至れり尽くせり。私は使いませんでしたけど、無料のシャワーもあるみたいです。とにかく贅沢バス!海部観光マイフローラに私は一目ぼれしてしまいました。
 そんなあたるか外れるかわからんようなものを作ろうとした海部観光の決断がおそろしいです。でもこうして人気ありますしね。あと、「バス=安い」の概念をひっくり返したのもすごい。マイフローラをお手本に、二番煎じ三番煎じみたいな高級路線バスが各地に増えたらいいなあと思うのですが、今のところはなさそうです。とりあえず今日はバス自慢でおわります。

つづく


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

EARTHWORM みみずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>ドライビングダラちゃんさん
採算ぎりぎりなんではないでしょうか。
しかしすべてひっくるめて快適でした!

1 ■無題

ここまでの豪華装備と、少ない定員数で採算があうんですか・・・( ̄□ ̄;)

運転手の技量も相当に高くないといけませんね、
乗り心地が悪いようだと評判が悪くなるし大変だぁ~(><;)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。