大人女性としてますます輝く セレブでマダムな 幸運美女の「裏」ルール

心屋流心理学とセラピーメソッドを使い
なによりも
自己満足が、他者満足。。。
わたしを満たすと、すべてが満たされる。。。
『大人女性としてますます輝く セレブでマダムな幸運美女の裏ルール』のセルフプロデュース術をお伝えしていきます。

たくさんのブログの中から見つけて頂いてありがとうございます。

*桃* ももいってどんなひとはてなマークって思ったら → こちらへ

*桃* なぜももいっていうのはてなマークって思ったら → こちらへ
*桃*



【最新のおしらせ】
■直近のセミナー・イベントスケジュール → こちらをご覧ください

■個人カウンセリングの詳しい内容 → こちらをご覧ください音譜
まずは、ご都合の良い日をご連絡ください。
| お問い合わせはこちらへ | お申し込みはこちらへ |

テーマ:
こんばんは
今月末までの個人セッション優待企画
とくに3回セットのメニューに


ゾクゾクとお申し込み頂いて
嬉しい悲鳴のももいです。


講座やオープンカウンセリングより
おひとりおひとりとの
繋がりの密度が濃いのが
個人セッションの特徴です。


貴方という存在について
全面的にサポートできる時間を
確保し、保障出来るわけです。


そして、私という人間を知って頂く
最高のチャンス〜❤️

何より私が楽しみにしていますので
是非この機会を使って頂ければと思っています。

あと2日間ですよー!

個人セッションの
お申し込みは




ところで、今募集中の講座
セルフセラピーカードのリーディング講座2期も
後1名様で満席予定です。

2月に終了した1期ですが
今でもフェイスブックグループにて
リィーディングをしています。

講座中は、どうしても学ぼう!があるから
やりとりが盛んになりますが
講座が終了して、日常が戻った今だからこそ
何かの折りに引いてみるのは
何かを掴むチャンスになります。

例えば、実際のグループでの投稿で
ちょっと紐解いてみますね。

ちょっと、説明しずらく
長いのですが、、、、(笑)

{CB333CEC-D492-4310-AC7F-33D0E9277672}

セルフセラピーカードは
大きく分けて
ポジティブカードと
ネガティブカードがあります。

両方のカードを混ぜて
1枚引きをした時に
左のネガティブカード13番 執着が
出た場合です。


カードの情景として
13番の男の人は
アルバムのようなモノを抱え込み
電話線が切れた部屋で
ひとり膝を抱えています。

まさに、手放せないモノを抱えて
ひとりの世界で身を小さくして
自分を護ろうとしているようです。

この意味がわからない場合、
解決したつもりでも
何度も何度も引いてしまう時、
ネガティブなカードからのメッセージを
ポジティブに変化出来ない時、
ポジティブカードから
1枚引いてみる方法です。

そして右のカード、
42番の愛というメッセージを引いた場合が
画像の状態です。


何か執着している事を
手放せば、もたらされる世界は
愛、、、
けれど、それでもしっくり来ない時は、、、、


どちらが、自分が今、
違和感を感じないかを感じて下さいね。


違和感がない方
しっくり来る方が、自分の選んでいる
世界なのです。

愛の方に違和感があれば
選んでいる世界は、執着です。


執着のカードが出た時に
図星だからこそ
何かわからなくなるようにさせるのが
人の普通の反応です。
ネガティブを感じたくないための
無意識の防衛です。

だから、ポジティブカードを引いても
その引いた愛のカードが
更に受け取れず、違和感として
感じられる仕組みです。


セルフセラピーカードは
ビジョン心理学という
「今、この現実は自分が選んでいる」
と言うコンセプトの心理学に基づいている
カードです。

そして、元々は
パートナーシップと
セクシャリティーに通じるカードです。

スピリチュアルだけに偏りきれない
理論や思考派の方にも
日々を楽しんで送れるヒントが
メッセージとして受け取れるように
なりますよー。


分厚い解説書を見なくても
ネガティブカードからでも
必要なメッセージが受け取れます。

そして、日々がより自信を持って
送る事ができます。

最後の1席は、どなたかな?
出会える事を楽しみにしています。ニコニコ

{71F708A2-E29A-4B86-BC7F-818D51A2DB2D}

48枚中最終のカード
神聖さ

今日もこんなカードが出て
ご機嫌なももいでした音譜



そういえば、
4月8日の
心屋オープンカウンセリングも
残席1名様!

急いで下さいね〜〜(笑)


全て残席1名様能力講座の詳細は


こちらからどうぞー💁



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)