photo:01



自助論―人生を最高に生きぬく知恵 (知的生きかた文庫)/三笠書房


***

「多くの場合、このような困難は逆に人を助ける。
 つまり、貧苦に耐えて働こうという意欲も起きるし、
 困難に直面しなければ眠ったままに
 なっていたかもしれない可能性も呼びさまされるからだ」

(by 作家 S・スマイルズ))

***


ビックリマーク「困難が人を助ける」

 できれば、もちろん、困難など無いほうがいいですよね。そんな辛いことや悲しいことを、自分がすすんで望む人はいないものです。困難のなかにあって、もがき、人の助けを借り、必死になって努力して、そうして困難という険しい山を乗り越えていった時に、多くの人がいいます。


「あの困難があったから、自分は成長できた」
「あの困難がなければ、今の自分はない」
「あの困難が才能を開花させてくれた」


 直木賞作家の山本一力さんは、会社を倒産させて億単位の借金を背負います。今や時代小説の名手として直木賞も受賞し山本さんの名は世に知れ渡っていますが、山本さんが小説を書き始めたのは、借金を背負った後であり、その借金を返済するために筆を執ったのです。

 そう考えると(もともと才能はあったのでしょうが)、億の借金を抱えるという困難がなければ、直木賞作家山本一力は生まれなかったわけで、その才能は眠ったままで数々の名作も存在しなかったのかもしれません。


ビックリマーク「困難が人を助ける」


なんともいえない人生の逆説ですけれど、辛い時にあって、ふと思い出したい言葉です!



ですので、



クローバー困難が自分を助けているという観点を大切に!




晴れ今日も、リーダーとしてのお仕事、がんばってください\(^_^






☆9月5日の出版記念講演会に無料でご招待で~す!>>>クリック!
$リーダーへ贈る358の言葉
☆今を生きるリーダーたちへの応援歌!
 『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(松山淳 ソフトバンク新書)
『君主論』の著者ニッコロ・マキャベリ、織田信長、坂本龍馬、本田宗一郎、スティーブ・ジョブズ、AKB48高橋みなみが登場!

『未収録原稿』『名言集』もれなくプレゼント!ご応募は>>>クリック!


AD