photo:02



夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫)/文藝春秋


***

「僕自身が理想的だと考える表現は、
 最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現することです。
 少なからざる人がごく簡単な道理を
 難解な言葉で表現しようとします。
 これは馬鹿げているだけではなく、
 時としてとても危険なことでもあります。」

(by 小説家 村上春樹)

***


ひらめき電球「難しいことをやさしい言葉で」


これは文章を書く人が、いつかは到達したい境地であり
常に心がけている戒めの言葉なのでしょう。

そういえば、かの「井上ひさし」さんも、
文章を書く時に心がけていたこととして、
こんな言葉を残しています。

***

 「むずかしいことをやさしく

  やさしいことをふかく

  ふかいことをゆかいに」音譜

***

ある本のなかで、この言葉が執筆する机の
前にある壁に貼られているのを見たことがあります。

その心中と意図は、村上春樹さんと
とても似ているのだと思います。

文章を書く時、自分の知を誇ろうとすると、
専門用語が仲良くならんで、
一般の人にはよくわからない
お化けな文章になってしまう。

そんなことを書いている、私も、
とても人のことをいえず、
ついつい、表現に凝ろうとしたり、
自分らしさ、個性を出そうと、工夫したりして、
なんだか、「よくわからないな~」と
思われること、数えきれません。

とても文章の達人たちにはかなわないものの、
いやいや、文章を書くことだけでなく、


合格「難しいことをやさしく」


という心得は、いろいろな場面に通用する
戒めの言葉なのだろうと思います!


ですので、



クローバーリーダーとして難しいことをやさしく説明する意識を大切に!





晴れ今日も、リーダーとしてのお仕事、がんばってください\(^_^





☆龍馬、AKB48高橋みなみのリーダースタイルを考察!7/17全国発売!
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書) $リーダーへ贈る358の言葉

☆『未収録原稿』『名言集』もれなくプレゼント!ご応募は>>>クリック!


AD