Steve Walkerの『Save Languages, Save Earth!』

言語保護活動家・環境保護家であるスティーブウォーカーによる活動日記。

ザ ジングルズの創立者スティーヴ・ウォーカーによる
言語保護活動家・環境保護家としての活動を綴った日記


logo
ザ・ジングルズの英語発音矯正にご興味をお持ちの方はこちらをクリックマウス
© 2013-2017 Steve Walker

テーマ:
 
Dear Fellow Earthlings,
 
   I used to love riding the commuter trains in Japan. In the old days
(the late 1970s and early 1980s) the only unpleasant part of riding the
trains in Japan for me was the fact that smoking was permitted. Otherwise,
the experience was very nice.

   Often people would ask me where I was from and a few of the braver
ones would ask me to help them with their English as we rode along. All
in all, it was a very human experience, despite the fact that the rush hour
crowds were not very pleasant to be caught in.

   And it was even possible to open the windows a bit so that you could let
some outside air enter the car you were riding.

   Now, however, things are really unpleasant on the trains. To begin with,
95% if the riders are caught up in the mesmerizing effects of playing with their
cell phones and other handheld devices. There is very little human-to-human
interaction.  Above the seats are video monitors spewing out the same
advertisements over and over again

   Furthermore, it is no longer possible to open the windows on the trains.

   Even worse are the horrible English language announcements (made by the
same woman, her voice recorded some 15 years ago, complete with bad
pronunciation, ridiculous diction ("Please "off" your seat for people with
disabilities."), and unnecessary pronouncements ("The train may have to stop
suddenly to "prevent an accident" (SIC), so please be careful!').

  But the ludicrousness continues to progress: Now that same woman's voice is so
loud that, even with the train doors closed -- and from speakers some two or three or
four platform widths away -- you can hear her bellowing out over the station speakers:

      "Please stand behind the yellow line!"

   Whenever I ride the Keihin Tohoku Line and the Tokaido Line I hold my hands over
my ears while making gurgling sounds inside my mouth to cover the terrible noise. And
guess what? Just two days ago a "fellow passenger" chided ME for making noise!

   Why can't they just say the name of the station where the train will be stopping and cut
out all the other barrage of noise pollution? Many other foreign riders of these trains have
told me how they too are overwhelmed by the din and the fustian put out by the railway
companies in Tokyo and Yokohama.

   How about a little quiet, please!


Steve Walker
Earthsaver and Jingles Creator


(日本語)

 


親愛なる地球人の皆様へ

 

 私は日本で通勤電車に乗るのが好きでした。1970年代後半から1980年代初期の

頃は、日本で電車に乗っていて不愉快だったのは、喫煙が許されていたということ

だけでした。それを除けば、電車に乗るということはとてもすばらしい経験でした。

 

 たびたび、どこからいらしたのですか?と聞かれたり、勇気のある人は、

電車に乗っている間、英語の勉強を手伝ってくれないかと私に頼んできたり。

ラッシュアワーの混雑があまり心地よいこととは言えなかったことを除けば、

大抵のことは、とても人間的な経験となりました。

 

 乗車中に、外の空気を取り込めるように窓を少しだけ開けることもできました。

 

 しかしながら、今はといえば、電車の中では不愉快になってしまうことが本当に多い

です。まず、乗客の95%が携帯や他の携帯装置を操作しながらその魅力に取りつかれて

しまっています。

 

 そこには人と人とのふれあいなどほとんどありません。座席の上のビデオモニターからは同じ広告が何度も何度も繰り返し流れてきます。

 
 電車の窓を開けることはもはや不可能となりました。


 さらにひどいのは、不快な英語の車内放送。これは、同じ女性が約15年位前に

録音した 音声ですが、発音は悪く、おかしな用語選択をし(体の不自由な方に席を

譲りましょう“というところを“offer”ではなく”off”といっているように聞こえる)、必要の

ないことまで言っています。(電車は事故を防ぐために突然急停車する(SIC)ことが

あります。ご注意下さい)

 

 滑稽なことはさらに続きます。この同じ車内放送の女性の声は大変大きいので、電車

のドアが閉まり、2番線、3番線、4番線の離れたプラットフォームからでも、その声が

響きわたって聞こえるのです。

 

“黄色い線の内側でお待ち下さい”

 

 京浜東北線、東海道線に乗る時はいつも、ひどい騒音から逃れるため、私は両方の

耳に手を当てて、口の中でゴボゴボうがいのような音を出しています。そうしたら何が

起きたと思いますか?ちょうど2日前のことです。左隣に座った乗客が

なんと、”音がうるさい!やめてください!”といって私をたしなめた(注意した)のです。

 

 ただ、列車が止まる駅の名前だけを言えば良いのではないでしょうか?。その他全て

の次々と発せられる騒々しい言葉を削除すればよいのに。これらの列車を利用して

いる大勢の外国人は、東京、横浜の鉄道会社が生み出す騒音と大げさな表現に

いかに圧倒されているかを私に話してくれます。


 もう少し静かにならないものでしょうか!


Steve Walker
Earthsaver and Jingles Creator

スティーブ・ウォーカー
地球保護活動家、ジングルズ開発者



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>