中古住宅市場の活性化に官民が連携して


取り組む。政府は不動産会社などと共同で


2015年度にも価格や耐震改修の履歴など


中古住宅の情報を集めたデータベースを構築


するようです。中古住宅の品質を評価する


新基準も作成し、価格形成に役立てるとの


ことです。大手銀行は中古住宅取得・リフォーム


向けの低金利融資を投入しはじました。


新築中心だった住宅市場も転換する試み


が進みだしてきています。


AD

消費増税と住宅取得

テーマ:

消費増税をにらみ、住宅の駆け込み購入を考えて


いる方が、じわりとで始めてきています。


過去最低水準に下がった住宅ローン金利も


追い風となり、住宅モデルルームの来場者は急増。


この先、東日本大震災の復興とかさなり、建築資材や


人手不足でコスト増も考えられます。


価格が安定している今から、準備をしても、早くはないかも


しれません。


建築のご相談は越谷の建築屋さん検索

AD

住宅ローン減税 延長検討

テーマ:

政府は2013年12月末に期限切れとなる


住宅ローン減税を延長し拡充する検討するようです。


税額控除の対象となる住民税の控除枠を広げ、


所得税が少ない人でも減税制度の控除を使い切れる


ようにする。主に平均的な所得水準の世帯が住宅を


購入しやすい環境を整備。14年4月を予定する消費増税


時の住宅消費の冷え込みを迎え、景気の下支えに


検討を始める模様です。

AD

地震対応住宅(制震住宅)

テーマ:

注文住宅の施工をお考えのなかで一番希望される中に


長期に渡って住まうことが出来る耐久性能とお答えの


方も多くみられます。


又今回の東日本大震災後地震対策についての、関心


も高まっています。あらゆることを理解して、安心して


住まえる住宅づくりを考えては、いかがでしょうか。


制震住宅とは


ダンパーなどの装置を用いて地震エネルギーを


吸収して揺れを軽減する住宅のことを言います。


制御装置にはオイルダンパーなど商品は様々です。


面震住宅よりコストが安く済むというメリットがあります


窓の断熱改修が人気

テーマ:

窓・壁などの断熱リフォームに対する消費者ニーズは、


急速にたかまっています。


検討している省エネリフォームの内容

窓の改修


外壁・屋根・天井又は床の断熱改修


節水トイレの設置


高断熱浴槽の設置


太陽光発電の設置


ヒートポンプ給湯機の設置


オール電化


太陽熱システムの設置


エネファームの設置


この夏も、電力不足に不安をお持ちの方


省エネリフォームを早めに検討してはいかがでしょうか。