FPに関わる諸規定

テーマ:

今日は、FPガイダンスを勉強。


日本FP協会では会員倫理規定というものを定めています。第1条から13条まであるのですが、その中でも「利益相反事項」は例えば遺産の分割問題に関して、同時に複数の相続人の代理人として協議を行っていた場合に、各相続人の利益が相反するに至ったような場合、顧客から不信の目で見られることが必至であり、FPに対する信頼が失墜する可能性があるため、いずれかの当事者一方のみを顧客とするべきであると言うくだり。これ当たり前ですよね。私が携わっている不動産業でも同じです。利益は関係者間で当然のごとく相反し、それを取りまとめるのに大変な時間もかかります。「いったいあなたは誰の見方か?」といった感情は誰にでも沸き起こるでしょう。それぞれにとって一番いい解決策・・・なんてものは有り得ないと思います。やはり最初から当事者の一人を顧客とすべきだし、「もし複数と調整を行っていた場合には、相反し時間が経過した段階では、不本意ながら全ての顧客との契約関係を解除すべきです。」と言うのには頷けます。


その他、専門知識・技能・能力の向上や守秘義務についても書かれており、どれも非常に大事なことだと思うのですが、その中でもFPは対象にする分野が広範囲であり、税理士・弁護士・証券外務員・投資顧問業者といった既存の専門家が存在する各分野に足を踏み入れることは十分に想定されますが、それも好意であっても、当該専門領域の法令に違反すると言うこと。そう言った場合には、当該専門家と「協働」しながら実行していくことが必要なのですね。


実際にはどうなんでしょう・・・独立系FPの方々は、ちょっとした質問や疑問には、資産の形成や運用に関する独自の専門知識を駆使して行っているんじゃないんでしょうかね。


そのためにも、経済・社会の動向と金融機関やそのサービス内容について、常に新鮮な正確な情報を身につけるべく日々研鑽し、クライアントのニーズに十分こたえる努力を怠ってはならないのです。それにしても蓄える知識の範囲が非常に広いなぁ・・・今から少し不安。


でもね、「あいつに頼めばなんとかしてくれる、何でも教えてくれるよ!」ってなFPを目指しましょう。



ブログランキングブログランキング クリックお願いします!

AD

ライフプラン

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの勉強をはじめてから、自分のライフプランを見つめながらテキストを進めています。そしてこの日本の今この時も、このFPという仕事の大切さをひしひしと感じ始めています。

本日も丸2時間「FP総論」・・・


「住宅資金」「教育資金」「老後資金」の3つはライフプランを語るときに必ず持ち出される人生の3大資金であります。それぞれの資金に対するお金のかけ方、準備の仕方によって、他の資金へ与える影響が大きいことを実感する機会の多い資金といえます。


私は不動産業を営んでおりますが、自分の居宅を構えるときに「建築する家の金額は、年収に比べて高価すぎないか?住宅ローンの返済額は月収や年収に比べて負担が大きすぎないか、あるいは変動金利のローンだと、将来の金利上昇に対して不安は残らないか」などあまり考えませんでした。新居を構える嬉しさに浮かれていたんですね。まぁ、何とかですが、返済できてますんで何とかなっているんでしょうけど。(奥さんに感謝)


また、子供は3人おります。「教育資金」とは子供が生まれた時点で「資金が必要になる時期がある程度確定します。でもウチはどうでしょう?教育資金といったって学費や入学金のような学校教育費と、習い事や塾などの「学校外教育費」そして、子供にかかる生活費である「養育資金」シュミレーション等一度もしたことがありません、少なくとも私は。


収入の減少や時代の変化の背景、もしもの時のリスクを移転してくれるのが「保険・補償設計」友人が外資系の保険会社のセールスマンをしているので任せっぱなし。はたして適正な種類の保険を自分で決め、加入補償額も設定していたのでしょうか。はなはだ不安。


リタイアした後の老後の心配はまだしも、近い将来訪れるであろう「相続・事業承継設計」

何も考えてませんもんね。


勉強を進めていくにつれて、自分のライフデザイン(ってものでも無いですが)がとっても不安になってきました。

これって私だけではない筈。

奥深し!ファイナンシャルプラン!!


顧客にとって最善の、そして納得のいただけるプランを提案できるFPを目指し、精進することを改めて決意しました。そして資格試験に向けての勉強もわくわくしてきましたよ!


↓↓↓よろしければお願いします↓↓↓


人気blogランキングへ
AD