フラット35

住宅金融公庫はこのほど、「フラット35」の最高融資額を建設費・購入価格の8割(現行)から9割に拡大すると発表しました。

融資額の上限は、従来どおり8,000万円で、対象は、資金の受け取りが平成19年3月1日以降となる模様です。


しかし、この変更は大きいですね。

頭金が2割なくても1割あれば、1社からの借り入れで済みますので、2社分の手数料、各保険等がいらなくなるので、数万円の削減になると思います。


また、実際は頭金は2割ぐらい合ったほうが良いといいますが、なかなか2割は難しいと思いますので、住宅ローンを2社から借りることなく1社だけになるのは、金額面から見ても、精神的に見ても良いと思います。

私も、実は自宅建築の際、併用しています^_^;


ますます、利用しやすくなりますね☆


でも、このフラット・・・建築屋からすると、入金の部分ですこし問題が・・・

AD

AFP

テーマ:

昨日、AFPのライセンスカードが郵送で着きました。



afp


これで、晴れて「ファイナンシャル・プランナー」と名乗ることが出来ます。


さ~てっ、問題はこれをどうやって業務に活かしていくか・・・です。

AD

消費税改革

久々の更新です。

NIKKEI NET によると、

自民党税制調査会(津島雄二会長)は8日、2007年度税制改正大綱に08年度以降の消費税を含む税制の抜本改革を明記する方針を固めた。財政の健全性を示す基礎的財政収支(プライマリーバランス)の11年度の黒字化に向け、消費税率の引き上げ論議の必要性を指摘する狙い。ただ、引き上げ幅や具体的な時期は明示せず、実際には先送りとなる。 来年の参院選を意識して党内では07年度大綱では消費税に触れるべきでないとの声が根強い。政府税制調査会(首相の諮問機関)も07年度答申で言及しなかった。


ですと。

もう避けては通れない道なのですよね。 



ブログランキング ←人気ブログランキングへ

AD