ほっ

テーマ:

提案書、本日清書をして無事に郵送しました。


本当にホッとしました。


これからは皆さんがアドバイスくれるように「過去問」を徹底的にやり込みます。


明日、また更新が出来る程勉強できればいいけどな~


ブログランキング

人気blogランキングへ
AD

提案書

テーマ:

今日は、ライフプランの提案書の作成に取り掛かりました。

今月中に提出しないといけないので、いい加減放っておくことも出来ずに着手です。


見本を見ながら、真似してキャッシュフロー表を作ったりしていたのですが、どうも性格なのかこねて考えてしまうのですよね~


う~ん、素直じゃないのかな☆


見本どおりに数字を当てはめていけば良いのに・・・


結局この時間になっても終わらないので、今日はここら辺で会社を閉めて帰ります。


せっかく、FPブレーンて言う提案書の作成ソフトが同梱されているのにも拘らず、【手計算】


全く、要領が悪いな俺は(笑)


ブログランキング

人気blogランキングへ
AD

学習相談

テーマ:

今回、日本FP教育機構(JFPEO)にこんな相談メールを出してみました。


「仕事との両立で、学習が進まず悩んでおります。

今までの学習経過は、テキストの通読(ライフ・金融・保険)を簡単に済んでいる程度で理解しているとは言えません。残り3ヶ月で、まずは提案書の作成に取り掛からねば!と思っているのですが、1月の試験に間に合わせる為の学習タイムスケジュールをご提案&ご教示頂ければ幸いです。」



すると、早速本日返信のメールを頂きました。



<回答>
お仕事との両立、大変かと存じます。
これからの学習計画ですが、まず、提案書の提出を最優先して、
受験資格だけは取得してください。
提案書の作成のテキストを読んでいただき、作る方向性さえ
決まれば、後は1日で作成はできると思います。
テキスト内の例を、違いに注意しながら
作成していただけば構いません。

次に、試験に向けた学習ですが、
学習時間が取れない場合は、
まず、問題集から始めて、各科目、項目で問われる内容を
つかむとともに、問題文、解説分の一つ一つの意味を確認しながら
学習するのが良いかと思います。
全く全体像がつかめない項目や内容が理解できない項目について、
メインテキストに戻って該当箇所を通読してみてはいかがと思います。
(つまり、合格に必要な知識レベルをまず先に確認し、そこに近づく
学習をする形になります)
また、全体像をつかむ上では、CDを何度も聴くのが良いでしょう。
講師が述べていたことと、問題文のなかに出てくる内容が結びつけば
問題はありません。
後は、ひたすら問題集と重要ポイント総整理で知識の蓄積を
図っていくだけです。
ただし、どうしても一定の学習時間は必要にはなりますので、
そこをクリアできるかはearly-birdさまの努力に係ってきます。
大変でしょうが、工夫をして学習時間を確保してください。



もっともっと早く相談のメールを出せば良かったな。


折角通信教育の「学習相談室」というのが会員専用であるのに、利用してこなかったのです。


また、再度エンジンをかけ直して、ハイギアに入れてみたいと思います。


まだまだ諦めないぞーっ☆



ブログランキング←頑張ってみれば!っでポチ☆

AD

損保まとめ

テーマ:

早くも10月も6日目になりました。


今月中に課題の提案書を作成しないといけないので、ギアを入れなおしてスピードアップしないとなりません。



本日は、いよいよ損保のまとめをします


重要点だけを振り返っていきましょう。。。


保険業法:


ここでは、新保険業法により(1996年4月1日施行)第3分野の保険を損害保険会社も生命保険会社も事由に取り扱えるようになったと言うことでしょうね。チェック項目です。



コンプライアンス:


損保会社も他人のお金を取り扱う以上立派な金融機関です。各種の法律を遵守する必要があるのは当然といえます。特に、2005年4月に施行された「個人情報保護法」には注意です。



契約約款についても、理解を。



損保税務知識:


保険料と税金について、個人は、損害保険料控除(所得控除)の対象となります。個人事業主と法人は、原則的に業務上のものなら必要経費または損金となります。


保険金と税金は、火災保険→個人は、原則非課税。傷害保険は、医療関係について本人または、家族の傷害によるものは非課税となります。



保険設計の基礎知識:


リスクマネジメント: 「リスクの確認」→「リスクの評価」→「リスクの制御」

リスクの制御方法には、「軽減」「転化」「保有」の3種類があリます。


すなわち「転化」が「保険」と言う事になります。



販売形態の基礎知識:


なんといっても、保険仲立人(ブローカー)制度の導入でしょう。こちらは代理店とは違い、契約者の立場に立って中立公正な立場で営業活動を行う日本で始めての制度です。


特徴として、①金融再生委員会への登録 ②試験制度 ③契約者への誠実義務 ④最低4,000万円以上の供託金 ⑤代理店兼営の禁止 ⑥高度な能力の要求 ⑦収入は契約者よりのフィー ⑧契約形態は「媒介」 ⑨代理店との兼営の禁止 あたりでしょうか。


販売方法も外国社を中心に急速に変化していますが、インターネットによる販売の増加も著しいです。



ま、本日はこんなところで・・・


ブログランキング


人気blogランキングへ