大手金融機関

大手の金融機関が先月27日から一斉に普通預金金利や定期預金金利を引き上げました。


そして、住宅ローンの金利も同様に3月金利から引き上げると発表しています。


三菱東京UFJは、固定型住宅ローン金利を1年から20年までの全期間で、「0.05~0.10%」引き上げると発表・・・

変動金利は 2.65%から2.875%になるのが有力・・・


高所得者層や勝ち組企業は恩恵を受けそうですが、我々一般人はローン残高だけが増えそうですね^^;


金利の本格引き上げ・・・今後どのような影響を経済に与えていくのが注目です。

AD

フラット35

住宅金融公庫はこのほど、「フラット35」の最高融資額を建設費・購入価格の8割(現行)から9割に拡大すると発表しました。

融資額の上限は、従来どおり8,000万円で、対象は、資金の受け取りが平成19年3月1日以降となる模様です。


しかし、この変更は大きいですね。

頭金が2割なくても1割あれば、1社からの借り入れで済みますので、2社分の手数料、各保険等がいらなくなるので、数万円の削減になると思います。


また、実際は頭金は2割ぐらい合ったほうが良いといいますが、なかなか2割は難しいと思いますので、住宅ローンを2社から借りることなく1社だけになるのは、金額面から見ても、精神的に見ても良いと思います。

私も、実は自宅建築の際、併用しています^_^;


ますます、利用しやすくなりますね☆


でも、このフラット・・・建築屋からすると、入金の部分ですこし問題が・・・

AD

AFP

テーマ:

昨日、AFPのライセンスカードが郵送で着きました。



afp


これで、晴れて「ファイナンシャル・プランナー」と名乗ることが出来ます。


さ~てっ、問題はこれをどうやって業務に活かしていくか・・・です。

AD

消費税改革

久々の更新です。

NIKKEI NET によると、

自民党税制調査会(津島雄二会長)は8日、2007年度税制改正大綱に08年度以降の消費税を含む税制の抜本改革を明記する方針を固めた。財政の健全性を示す基礎的財政収支(プライマリーバランス)の11年度の黒字化に向け、消費税率の引き上げ論議の必要性を指摘する狙い。ただ、引き上げ幅や具体的な時期は明示せず、実際には先送りとなる。 来年の参院選を意識して党内では07年度大綱では消費税に触れるべきでないとの声が根強い。政府税制調査会(首相の諮問機関)も07年度答申で言及しなかった。


ですと。

もう避けては通れない道なのですよね。 



ブログランキング ←人気ブログランキングへ

不動産の価格が上昇しだすと、必ずこういう現象が起こると思ってました。

これより引用~

不動産投資信託(REIT)が購入する新規物件が大幅に減っている。4―9月の取得額(契約時ベース、新規 上場分を除く)は2426億円と前年同期を49%下回った。優良な不動産を巡るファンド間の獲得競争で物件価格が上昇、運用利回りの維持が難しくなってい る。証券取引所で日々売買される価格の低迷で公募増資がしにくかったことも響いた。

 REITは2001年9月に取引が始まって以降上場が相次ぎ、現在は39銘柄。資産規模も年々拡大している。ただ上場後1年以上が経過した16銘柄で4―9月の取得額を比べると、日本ビルファンド投資法人など11銘柄が前年同期実績を割り込んだ


出典:日経住宅サーチ

不動産・マンション

テーマ:
今日の、日本経済新聞に

「築20年以上のマンション修繕積立金「不足」43%・・・

と言う記事がありました。

建物の劣化を抑える修繕費の不足に直面していると言うことですね。
建物と居住者の二重の高齢化により、資金不足になっているともいえます。
 
これでは、周辺を含む住環境が悪化する恐れもあります。

マンションは、通常建築後10~15年くらいの周期で外壁塗装や給排水管工事などの大規模修繕が必要で、管理組合が各戸から月数千円~数万円の積立金を徴収します。そのお金が計画よりも「やや不足」「かなり不足」と回答した組合が43.4%だったそうなんです。

また、1981年に建築基準法が大改正され、いわゆる『新耐震設計』となりました。それ以前に建築確認を受けた物件は現在の耐震基準を満たしていないものが多く、財政難から安全対策が後手に回っている様子が浮かび上がっています。

この築20年以上の総戸数が全国で150万戸強。全体戸数が昨年末で485万戸だというのですから、実に30%強のマンションに老朽化問題が深刻になるということです。

この二つのことからも、中古マンションを購入する上での1つの基準は、 『築20年程度』までと言えるかも知れません。


我々の中古再生事業の主なターゲットは築15年以上・・・
エリアの中の新築物件の価格差が魅力なのですが、慎重に舵取りした方が良さそうです。


ブログランキング←さて、どんな物件を仕入しましょうか

タイトル変更

テーマ:
やっとブログのタイトルを変える気になりました。

今までのブログタイトル(41歳から始めるファイナンシャルプランナーの資格試験への奮闘記)への思い入れもとても深いので、ずっと長い間「どうしようかなぁ~」って思っていましたが、お蔭様でこのブログに訪問していただいた皆様の応援を頂き、合格させていただいたので思い切ってタイトル変更に踏み切りました。

タイトルは・・・

表記の通り・・・



ファイナンシャルプランナー資格と仕事融合奮闘記☆第2章☆

以後、宜しくお願いいたします。<m(__)m>


これからは、本業の不動産とFPの知恵&知識をどう融合させていくことができるか?どうお客様に貢献していけるか?を記事にしていこうと思います。

また、FP(といっても2級ですが)資格の受験について、私が実際に行ってきた勉強方法などをこれから受験する皆さんに参考になるようどんどん公開して行こうとも思っています。

これから、FP登録などもしていこうと思っています。その流れなども記事にしていきますね!!


ブログランキング←新しい旅立ちです。


でわ。



お蔭様で

テーマ:
本日、日本FP協会のホームページにて、2級FP技能検定試験の結果発表を恐る恐る見てみました。


結果は・・・



FP合格


<<完全合格>>

長かった・・・
歳も43歳になっちゃいましたが・・・

何とか合格いたしました。
これで、何とかファイナンシャルプランナーと名乗ることができそうです☆


ブログランキング ←やったね!おめでとう!


㈱ちばぎん総研から FAXビジネスレターが届いていたので、ネタにして久しぶりにまじめに記事ります・・・。



1.団塊世代の定年退職が千葉県経済に与えるインパクト

(1)雇用面へのインパクト~県内雇用市場への影響は限定的~

団塊世代の全てが退職年齢(60歳)を迎える10年の雇用水準は、千葉県において05年比▲2%程度の落ち込みにとどまるそうです。ということは、県内の雇用市場に与える影響も限定的なものとなる見通しです。

退職が、企業経営に与える影響も、県内企業に限っては・・・
「全従業者にしめる団塊世代の割合が少ない」「雇用延長で対応する」などの理由から、影響は小さいと見られています。


(2)県内の消費市場へのインパクト~団塊世代がリフォームなどの消費を押し上げ~

しかしながら、県内消費市場へのインパクトでは、『団塊世代がリフォームなどの消費を押し上げ』ることが予想されています。
県内総世帯の年間消費支出の予想も増加を続け、15年には7.9兆円まで膨れ上がると言うことです。

団塊世代が、県内消費を下支えしてくれますね。

注目の『住宅』は05年から15年では+10.6%の伸び。これは、団塊世代が住宅の1時取得期を迎えた76~80年に建築された住宅がリフォーム・建て替え時期を迎えていることもあって、【暮らしやすい終の棲家】をつくろうとする動きが顕在化していくことによるものだそうです。

やはり、目論見は間違っていない。このまま戦略を推し進めることとします。


(3)金融市場へのインパクト~退職金の面では団塊世代の人口メリットが縮小~

注目の支払われる退職一時金は??
千葉県内で支払われる金額は、ざっと2兆3千億円。

意外ですね。

前の世代と大きくは変わりなく、退職金の面では団塊世代の人口ボリュームのメリットは減少する見通しです。

しかしながら・・・
団塊世代全てが定年退職を迎える10年以降の県内世帯の貯蓄・負債額については、10年の県内世帯貯蓄額は、38.9兆円です。
なんと、05年度比+3兆円も増加する見通しなんだそうです。

すごいですね~。さすが日本人!!この後もどんどん貯蓄額増加のペースは増加していくのでしょう。


2.団塊世代退職に伴う今後の企業経営や高齢者就労のあり方

ワタミの渡辺美樹社長が先日、有料老人介護施設参入でテレビに出ていましたが、もうますます【高齢者市場】に注目です☆

特にその中でも市場の確立されていない、『男性単身者世帯』の多様な消費ニーズを捉えたサービスを提供できれば、他社に比べ確実に差別化が図れます。


と、言いながら我々もどんどん高齢化していくのよね~☆
とほほ・・・・・


ブログランキング←予想通り行きますか?

200609実技試験

テーマ:
今日、終わりました。

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験。

前回の試験で、学科は合格していたので本日は実技試験のみ。

先ほど、日本FP協会のHP

にて、問題の正答の公表がありましたので早速答え合わせしてみました。

今回は・・・・・
・・・・・
・・・・・




キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

何とか合格の模様です(^_^)v


正式には10月22日の合格発表までは何とも言えませんが、何ともいい感覚です!

思い起こせば42歳手前になって、FPを志し勉強を始めるも、いつも試験前の一夜漬けであえなく撃沈☆

今年の1月受験から始まって、43歳手前の9月試験(誕生日9/14)まで長かった~。
今回は3度目の受験でした。


独学で手探りの中、試験を経験しながら思いついたこと、気がついたこと、反省すべきことを学習していったような気がします。

でも受験勉強をすることにより、一発合格で資格取れちゃうよりも、きちんと勉強できたことが今後の業務にプラスになるのかな・・・なんて思っています。



え?CFP・一級は目指さないのかって??

^_^;

もう、良いんです。2級で。

ファイナンシャルプランナーの名称使えるんだもん。(;^_^A



ブログも、FPの資格をどう業務に役立て、稼いでいくことができるのかを模索するブログに進化させようと思います。

また、受験することは周りには家族以外黙っていたので、独学で誰の助言ももらわず、挑戦したので遠回りもしました。
これから受験する皆さんに、ちょっとしたアドバイスやノウハウも伝えられたらな~とも思っています。

これからもよろしくお願いします。



ブログランキング ←やったね!