和紙の里として知られる岐阜県美濃市で10日、「美濃まつり」が開幕した。ピンクの和紙で飾った「花みこし」が華やかに練り歩き、昔ながらの防火壁、うだつの上がる町並みに春本番を告げた。

 花みこしは大人みこしと子供みこしを合わせて31基。ピンクに染めた和紙を長さ約3メートルの竹に花びらのように飾り、それぞれのみこしに200~300本取り付けた。大人みこしの重さは300キロ前後にもなる。法被姿の担ぎ手が「オイサ、オイサ」の力強い掛け声とともに担ぎ上げると、和紙の花が大きく揺れた。

 最終日の11日は、県指定重要文化財の山車6台の巡行がある。【山盛均】

山崎さんアーム作業成功=宇宙基地にコンテナ取り付け-初飛行ヤマ場、トラブルなく(時事通信)
民主党栃木県連に脅迫電話、元外務官僚の55歳男逮捕(産経新聞)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)
警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)
AD