神奈川県の在日米陸軍キャンプ座間ゴルフ場から相模原市の住宅街にゴルフボールが飛び出している問題で、加山俊夫市長は11日、北沢防衛相に面会、飛び出し防止のための抜本的な対策を取るよう要請した。

 北沢防衛相は、「要請内容を米軍に伝え、改善策を米側と調整する」と答えた。

 北沢防衛相に提出した要請書では、米軍による防球ネット増設後も、隣接する住宅地へのボール飛び込みが続いている現状を訴えたうえで、「抜本的な対策を講じるまでの間、レイアウトを変更するか、ゴルフ場を一時休止する」よう求めている。

 加山市長は、ゴルフ場の図面や航空写真を持参、近隣の公園に飛び出す原因を詳しく説明し、「近隣住民が危険にさらされ続けている」と対策の必要性を強調した。

 ボールの飛び出しは2008年、ゴルフ場のレイアウトが変わってから急増、小学校5年男児の顔に当たってけがをする事故が起きた。その後、米軍側が防球ネット増設や使用クラブ制限などの対策を取ったが、今年4月以降も8個のボールが確認され、住宅街へのボール飛び込みが続いている。

菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
<動物愛護管理条例>野良猫に無責任な餌やりを規制 伊万里市(毎日新聞)
<温暖化対策>基本法案廃案へ 環境相など落胆の声(毎日新聞)
未来の科学技術 31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
<点字>大阪でシンポジウム開催(毎日新聞)
AD