スカイマークの副操縦士が、昨年4月から飛行中の操縦室内で客室乗務員などと記念撮影を繰り返していた問題を受けて、国土交通省は11日午前、東京・大田区のスカイマーク本社に立ち入り検査に入った。

 この問題では、同社が今月9日、副操縦士を諭旨解雇処分に、写真に写るなどした機長ら13人についても出勤停止などの社内処分を行っている。ただ、国交省では「他の操縦士や客室乗務員らにも広がりがないかどうか確認する必要がある」と判断。監査を担当する職員4人が本社に入り、客室乗務員や操縦士らからの聞き取りを始めた。同省では、関係した乗員に対する行政処分をするかどうかも検討する。

 同社を巡っては、安全のために客室乗務員の交代を求めた機長に対し、西久保慎一社長と井手隆司会長がそのまま運航するよう命じた上、機長との契約を即日解除した問題も発覚しており、同省が9日に厳重注意を行っている。

陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
東京モノレールの遺体、身元は都内の無職男性(産経新聞)
小沢戦略、吉か凶か…「新人」活用「高齢化」進む(読売新聞)
猫投げ落とす?相次ぎ10匹死ぬ(読売新聞)
梅香る南朝の夢の跡 賀名生梅林(産経新聞)
AD