バンクーバー冬季五輪のスノーボード男女ハーフパイプ(HP)陣が21日、帰国した。男子で8位入賞の国母和宏選手(21)=東海大=は日本選手団の公式服装を着崩すことなく、成田空港に降り立って取材に応じ、「いろいろあったが最後まで応援してくれた人に感謝している。自分のスタイルは変えずにいきたい」と語った。

 国母選手はバンクーバー入りの際、シャツのすそを出すなどした服装の乱れが問題になった。帰国の姿は指示を受けたものだが納得しているという。ネクタイはHP陣全員が締めていなかった。

 報道陣を前に、全日本スキー連盟の林辰男競技副本部長と綿谷直樹HPチーフコーチが一連の騒動を謝罪した。【吉見裕都】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:スピード競技ウエア 下着透けてる?
バンクーバー五輪:「失格続き」で橋本団長が猛省求める
五輪ジャンプ:葛西が入賞、エースの存在感示す
五輪スピード:タイテルト優勝 杉森は26位 男子千五百
五輪距離:ヘルナーが優勝 成瀬は39位 男子複合

リコール中の三洋テレビで重傷事故=持ち手外れ落下、58件-消費者庁(時事通信)
<与謝野元財務相>債務残高増大、民主党も責任取って(毎日新聞)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
囲碁棋聖戦、山下棋聖が1勝返す(産経新聞)
「ひとつ飛ばし勤務」、看護師の半数が経験(医療介護CBニュース)
AD