鳩山由紀夫首相は21日、菅直人副総理兼財務相と首相官邸で会談し、現在の経済情勢について協議した。鳩山首相は、欧州の信用不安を背景に進展した円高や株価急落などに関し、「内外の金融市場の動向をよく注視して対応するように」と指示した。
 会談終了後、菅財務相は記者団に対し、「(金融市場などの)状況が動いている。対応が必要になったときは(首相に)相談する」と述べ、状況に応じて機動的に対応する方針を示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

もんじゅ再起動は23日に 福井(産経新聞)
<小沢幹事長>郵政法案「全力で今国会中に成立期す」(毎日新聞)
20~30代の自殺、過去最悪 失業や過酷な労働条件で追い込まれ(産経新聞)
立体加工もかわいい!「低燃費少女ハイジ」の限定Tシャツ&バッグが登場
口蹄疫 各地に余波…風評被害が最大の懸念(産経新聞)
AD