静岡県焼津市は31日、同市消防防災局の男性主査(35)を停職2か月の懲戒処分とした。

 発表によると、主査は2010年1月上~下旬に、業務用メールを使って、「つきあって」「食事に行こう」などと5通のメールを同局の女性消防士に送った。消防士が上司に相談し、市は1月27日に主査に文書で厳重注意したが、主査は3月15日に「つきあってくれないと別の方法を考える」などのメールを再び送った。

 主査は「恋愛なので、とやかく言われる筋合いはない」と話しているという。

「橋下新党」旗揚げ、大阪府議会に新会派(読売新聞)
ツイッターで拉致問題関心喚起=「意見広告7人の会」が1日から(時事通信)
民主支持の茨城県医師会長が初当選、日医会長選(産経新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から-普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)
AD