フランスのミッテラン文化相は9日、数々の国際的な映画賞を受賞している北野武監督(63)に仏芸術文化勲章の最高章コマンドールを授与した。北野さんの映画は欧州で高く評価されており、北野さんの多彩な芸術活動が認められた。

 ミッテラン文化相はパリ市内で行われた表彰式で、北野さんに同章を授与した理由について、「北野さんの映画は人々を楽しませるだけでなく、何かを教えてくれる」などと述べた。

 北野さんは「パリが文化の中心地だということは子供心に思っていたが、まさかここで大臣に表彰を受けることになるとは、本当に夢のよう」と上気した表情で、笑みをたたえながら話した。また、今後のことについて「自分がこの勲章に値するように一生懸命努力していきたい」と語っていた。

 パリの現代美術館ジョルジュ・ポンピドー芸術文化センターでは11日から3カ月、北野さんの監督した映画の連続上映会が行われるほか、市内の美術館でも同日から美術作品の展覧会が開かれる予定。

 北野さんは1989年に「その男、凶暴につき」で映画監督デビュー。97年に「HANA-BI」でイタリア・ベネチア国際映画祭の最高賞金獅子賞を受賞。99年には「菊次郎の夏」がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

 フランスの勲章は5等級に分かれ、コマンドールが最高位で、オフィシエ、シュバリエと続く。北野さんは99年にシュバリエ章を受賞している。これまでに、コマンドール章を受賞した日本人は建築家の丹下健三氏、作家の大江健三郎氏の二人。黒沢明監督がオフィシエ章を受賞している。 

【関連記事】
北野監督に芸術勲章 フランス文化省
“世界の北野”が「遼クンを撮りたい」
ファン知らない過去…たけし自伝が仏で緊急発売のワケ
北野監督「アウトレイジ」完成報告会に悪(ワル)11人が勢ぞろい
たけし&所で生放送!紅白とガチンコ5時間
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
「政権交代の成果」と与党=自民、国際情勢考慮を(時事通信)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)
鳩山政権、あす発足半年 内部崩壊の足音 「いつか来た道」(産経新聞)
<高校無償化>法案成立後、基準づくりを検討…鳩山首相(毎日新聞)
AD