2016年夏季五輪の招致活動で生じた赤字が約7億円になり、東京都と東京オリンピック・パラリンピック招致委員会が24日に公表する活動報告書の中で、同額を借り入れる方針を示していることが分かった。借り入れは完了していないが、民間から調達する予定。招致関係者は「報告書で収支を均衡させることを重視した」と話している。

 関係者によると、招致経費の支出は約149億円で予定額の150億円を下回ったが、都税100億円を含む収入は約142億円で、約7億円の赤字となった。不況の影響で、民間企業からの寄付金が予定の50億円を大幅に下回ったのが原因。都は都税の追加投入はしない方針だ。

 都は、デンマーク・コペンハーゲンでの最終プレゼンテーションで使った映像の製作費約5億円の値下げなどを大手広告代理店「電通」に要請している。また日本オリンピック委員会も一部の負担に応じたが、赤字分を解消する見通しは立っていない。【江畑佳明】

レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針(医療介護CBニュース)
「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)
偽装献金事件 鳩山首相元秘書の初公判は3月29日(産経新聞)
伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)
98独立行政法人を原則廃止…行政刷新相(読売新聞)
AD