「名ばかり取締役」にされ、労働組合加入を理由に解雇されたのは不当として、佐賀ゴルフガーデン(佐賀市)元取締役の岩瀬広和さん(42)が同社などを相手に労働契約の存続確認などを求めた訴訟の判決が26日、佐賀地裁であった。野尻純夫裁判長は解雇を無効とし、慰謝料30万円や未払い賃金の支払いを命じた。
 野尻裁判長は「原告は取締役の実態を有しておらず、解雇理由が存在せず不当労働行為に該当し無効」と判断した。 

3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続-首都・阪神高速(時事通信)
オークネット、経営の監督と執行の権限を明確化組織改正(レスポンス)
雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)
死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置-大阪府警(時事通信)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
AD