安全な食って、
人間の生きる根幹ですよね。

 

この世の中、

どんなに気をつけても、

添加物や化学薬品が、

食品のなかに入ってる・・・。

 

それを食べたからといって、

すぐに体に悪影響があるわけではないけれど、

できるだけ排除するよう、
心がけた食生活をしていると、
添加物に敏感になります。


体が反応するようになります。



添加物気にせずに食べてると、
体が鈍感になるのね。

体が反応しないからいいっていうわけじゃなくて、
体が反応しないっていうことは、
体に負担がかかっているのに、
気づかないということ。

つまり、
気づかないけど、
病気(体も心も!)の原因を蓄積しているということ。

 

 

 

 

 

私は海外在住15年です。

海外に住んで、
日本食材が乏しくて、

日本食材をなんとか手作りするように、
工夫するようになりました。

だって、手に入らないのですから。

大変だけど、
必要にせまられて、

自分で手作りするようになったら、
日本でずっと食べていたものが、

どれだけ、いろんなものが入っていて、

「不純!」なものが多いのか、

実感するようになりました。


こちら、
納豆を自分で作る、作り方です。
(私が運営している薬用ハーブティのaus Dのブログ記事)

納豆菌もいらない、
大豆とハーブさえあればできる、簡単納豆の作り方。




納豆って、
本来体にいいはずなのに、
タレは添加物満載だし、
海外で手に入る納豆なんて、

あまり選べず・・・

添加物、遺伝子組み換え大豆・・・
満載ですしね。

海外で、

納豆を遠慮せずにばくばく食べられるっていうだけで嬉しいのですが、(笑)

大豆さえ気をつけて選べば、

完全に安全な納豆です。


嬉しいですねえ。

日本の方も、
この安全な幸せをおすそ分け・・・。

ということで、
シュタイナー教育とは全然関係ありませんが、
こちらでもご紹介しました。笑

 

AD